おっさんに寝取られる爆乳男勝り勝ち気彼女。

むちむち  おっさんに寝取られる爆乳男勝り勝ち気彼女。こんばんは
本日の遺伝子マッチングできったねえおっさんに寝取られる爆乳男勝り勝ち気彼女です

こりゃどうも
柔道部娘とか今夜はどうだい

臭そうでいいですね
そちらにプロフを修正しときます

17歳
B90(F)/W56/H92
柔道部所属
性格 言葉遣いが男勝りだが乙女な面もあり主人公くんと幸せな家庭を作りたいと夢見ている
面倒見がよく、子供好き
自慰 週1程度
乳輪 普通の大きさ
陰毛 やや濃
主人公くんとの遺伝子相性 5%
こんな感じでお願いします

なら竿役は汗臭そうな毛むくじゃらのデブゴリ柔道部顧問か逆にヒョロガリで卑怯で最低なキモ中年チビ教頭とかかな

いいじゃないの
竿役は部活顧問か元々通ってた町道場の大先輩だったらどっちがいいかな……どちらにせよ彼氏が幾ら筋肉をつけようとも骨格の時点からモノが違う大柄屈強粘り腰の中年雄とする

あと可能なら足元まで画像欲しかったりする
足のサイズ差とか明らかに違う足の長さの比率とかそういう落差を楽しむのにあるとより助かる

フルボディ中々成功しないのよね…
次は試してみるよ

なら毛むくじゃらのデブキモゴリ顧問にしよう
主人公くんは少し痩せ型のイケメン優男で対比が効くとコントラストが映えるね

女の子としては滅茶苦茶強い彼女ちゃんはマッチングに納得いかなくて顧問と勝負して勝てばマッチング解消の勝負を申し込むんだよね…

B90(F)は遺伝子マッチング世界だとまあまあ大きいけど珍しくないくらいのサイズであるものとする

乙女な想像と週一オナニーだけでは足りなかった刺激を得て一ヶ月の間に急速にメスの体つきとして発育し3桁バストになると嬉しい

助かる
三年生を目前にそろそろ引退が視野に見えてきた彼女が最後の大会に向けて居残り練習をしていたところやその帰りの女子更衣室でこの二年と少しの間セクハラが絶えなかったデブキモゴリ顧問に襲われてしまう
女子柔道部エースだからこそわかる絶対の体重差で寝技に持ち込まれ気色の悪い毛深い身体を押し付けられるがそこで何故か激しい嫌悪感と同時に抵抗が緩んでしまう
実は顧問と彼女は奇跡的な確率で遺伝子の相性が最高なオスとメスだったのだ

その時は間一髪主人公くんが来て警察を呼びますよ!して助かるんだよね…
でも後日国から彼女ちゃんにマッチング通知が来て…

遺伝子マッチングのルール
政府により選出された遺伝子的に最も相性のいい男女に一ヶ月間半強制的な同棲を科し、この期間に妊娠、または双方の合意があった場合はその2人は婚姻するというもの(一ヶ月で妊娠か合意無き場合マッチングは解消となる)
同棲場所は公営アパートとされ、その中はあらゆるものが交尾の為に整えられている(各種コスプレや玩具、支給される無償の食料はスッポンなどといった精のつくもの等)
尚期間内に逃走、殺人、自殺等同棲を解消するような背信行為を取った場合同棲相手の同意があれば洗脳装置により強制的につがいとして背信者を『更正』することが強権的に可能となる

身体を必死にくねらせる動きでありながら最終的に顧問に押さえ込まれるだけの無駄な抵抗を何度も繰り返していく彼女。本気で逃れたいのならすぐにでも大声をあげればいいのにとる行動はむっちりと健康的に育った身体を逆に顧問の身体に押し付けているかのような具合ですらあったという
間一髪で間に合った(つもりの)彼氏に連れられて帰る頃には彼女は幾度となく挿入以外のあらゆる手管で身体を蕩かされ絶頂を迎えていたのだった

体臭だけでも媚薬みたいに作用するんだ…
遺伝子相性からは逃れられない

チン臭なんか嗅がされたら…

そして迎えた遺伝子マッチング期間、部屋に入るも顧問が最初にしたのは互いに柔道着に着替えての練習からだった
大会を控えてるのにこんな事……という逃げ道を潰された彼女はこの場で唯一の練習相手である顧問と何度も組み合うことを余儀なくされ……

二時間後、互いの体臭だけしかしない密着距離で息を荒くした彼女は次第に顧問の身体へ自らの胸や太腿を明らかに過剰に押し付け始めていた
おかしい、と理性では理解しているのに週に一度彼を思って慰めるのとは桁違いのずっしりした熱が下腹部に溜まっていることを否が応でも感じてしまう

体の方がどんどん雄を欲しがっちゃうの無情だね…

でも気持ちが強い子だから…
心は中々折れないんだ…

ずっしりと精虫が詰まった睾丸を舐めさせられて子宮を降ろされちゃう

とうとう顧問のほうから真面目に練習してないと判断したらそこでマッチングに切り替えるぞと宣言されてしまう
歯を食いしばり何度も何度も絶対に本気を出しても勝てない屈強な男の身体へ技をかける練習を続けようとするがはだけた柔道着の胸元から溢れたスポブラ越しの胸(Tシャツは練習用としての使用を却下された)の先端が擦れただけで彼氏にまして自分ですら聞いたことがない甲高いメスの声を上げて快感から膝の力が抜けてしまう
その先で顧問の屈強な腕に受け止められた彼女はそのまま練習を中断し己を畳に仰向けに押し倒してくる顧問をただ呆然と見ているだけであった

彼女の方が交尾したがってるって事にされちゃうんだよね…

マッチング(Matching)
交尾(Mating)
いいですよね

生交尾によわそう

特別な計らいで内装を柔道の出来る場所にしてもらった公営アパートの室内で天井を見る彼女の下半身から道着が脱がされ鍛えられた太腿が股割り余裕な柔軟性で真横180度に開脚させられる
顕にされた陰唇はひくひくと震えぴたりと閉じて……いるフリをしていたが、顧問にぐいっと脚を押さえ込まれることで馬脚を現す。中心に彼女の細い指程度のものが慣らされた形跡、かつて夢見た未来では愛しい彼のものをいつか受け入れるはずだった経路……顧問にとっては今からこじ開けるのに便利な小さく開いたハメ穴ガイドに過ぎない
亀頭が密着させられ、今更になって焦りを感じ顧問の身体を腕で押し返そうとするも手遅れにも程がある。巨大な陰茎が教え子の生膣へと容赦なく捻り込まれていくのを彼女は凄まじい快感で仰け反りながら受け入れるほかはなかった

種付け固めに敗北する彼女

押さえ込みと言うにも生ぬるい交尾固め、硬く太く長すぎる凹凸を嵌め込まれたまま彼女は最奥を一気に抉り突かれる
顧問に組み敷かれてる姿勢から四肢だけが大きな身体から突き出ている……胸板に突っ張るように添えられた両手は気休め程度に顧問の胴体から距離を取ることに成功しており、激しくナマ交尾されている中でも辛うじて唇の接触を防ぐという大健闘を果たしており
ほぼ真横に伸びっぱなしのむっちり脚はピストン中でも頑張って縮められ、なんとか顧問の腰と自らの腰の間に差し込んで離れようとするが……どっぢゅッッ♥軽く一発ポルチオを亀頭でぶん殴られるだけでぴーんっ❤真っ直ぐ伸ばし直されてしまうために全く上手くいかないのだった。そして……

脚ピンアクメ好き

自らに覆い被さる中年男の鼻息が更に激しくなり、最奥何度も打ち付けるチンポと腰の動きが素早く短いストロークに変わったことを察知出来てしまった。出される、彼じゃない相手に子宮へ子種汁を注ぎ込まれる、その想像をした瞬間彼女はなりふり構わず逃げることを試み始める
必死で腰を後ろに引き、力の入らない腕を畳に突っ張って仰向けのままずりずりと後ろへ這いずる…じたばたと脚を振り回そうとする。相手が相手であれば背信カウントを取られかねないほどの抵抗……

当然だが屈強な大柄雄にそんなものは通用しない。
逃げる雌を捕らえる行為にむしろ睾丸は著しく煮え立ち、亀頭が抜ける寸前という実に30cm近い距離を逃げることに成功した彼女の骨盤を掴むとそのまま腕力だけで激しく引き寄せ最奥を突上げる顧問。
そのまま舌を突き出し仰け反ってがくがく揺さぶられる彼女の腰へ深々と己の腰を押し付けて……

射精❤腰がグリ付けられる度、最奥目掛けてどっぷどぷ❤注ぎ込まれていくずっしり重い中年顧問の濃厚精子❤背中震わせながらずっしり腰を前に押し付け、注入する時間はたっぷり1分以上にも及んで……)

あいつ
力作だな…

畳の上で大の字……いや土の字で気絶する彼女
数秒前にチンポを引き抜かれた彼女はその衝撃だけで再びイキ散らかし、青春の汗が染み込む筈の畳の上にはどっぽ❤ごぷっ❤濃すぎる白濁色のゼリーが股の穴から溢れて垂れていた

再び意識を取り戻した彼女が最初に浴びたのは腰に腰を打ち付けられた衝撃による凄まじい快感であった
気絶した彼女を練習終了として別室へ運び、意識のないうちに制服姿へと着替えさせると交尾を再開していたのだ
文句を言おうとした瞬間乱暴に胸を掴まれ、それだけで口から出る音は男勝りな口調の文句ではなく媚びた雌の嬌声になってしまっていることに驚愕する彼女
そのまま一晩中気絶と覚醒を繰り返しながら初日にして身体の芯奥深くまで最高相性遺伝子対象の雄の魅力を刻み込まれてしまうのだった……

主人公くんのために大事にしてた卵子がキモ教師の獰猛な精子に包囲されちゃうんだよね…

って感じで一日目終わって目覚めたらあと30日あるカレンダー見た彼女には理性でゾッとして子宮でキュンとしてて欲しいですね
二日目以降からは練習を求めても初日に真面目にやらなかったとかイチャモンつけられて組み合うにはエロコスプレ着用が必須だとか条件付きだといいと思います

素晴らしい…

コメント