エロいことに目覚めてしまったきっかけってみんななんだったの?

公開日:

目覚め, エロいこと, きっかけ エロいことに目覚めてしまったきっかけってみんななんだったの?性の目覚め

校庭の登り棒

普通に深夜番組

町野変丸

バカ殿か年末の野球拳

少年ジャンプ

ウルトラマン

幼稚園の頃読んでたスーパーマリオくんのピーチ姫かな
土曜サスペンスとかでよくやってたベッドシーンを想像しながらシコってた

11PMかトゥナイト

ポンキッキ

新カラテ地獄変

2~30年前の深夜番組の無法地帯っぷりよもう一度!

女の子を裸にひん剥くだけにとどまらず大事な部分を鉄のパンツで封印して喘ぎ声をあげさせるとか

ウイングマンで「目の保養になったぜー!」ってセリフが口癖の敵が出てくる話で蒼さんのスカートがめくれるところ

マイナーなところで石川勉作品

ヒロインの危機!ってシチュ

今の牙の抜けた27時間テレビは乳首でてた頃に戻ってほしい

地上波で普通にエロがあったのは気のせいじゃなかったんだな

それはキャストも思ってることだろう
ちょっとしたことでヘイト買う時代に

何年か前からスタジオでゲストが時間いっぱいまでVTR観て駄弁ってるだけだしな

もはやテレビそのものを置かない生活になってるので詳細までは知らんがこの手のエロがあったのってそれこそ平成序盤くらいまでかのう

オッサンが小学生の頃は地方の局アナが普通に全裸で温泉ロケとかしてた
そりゃ性にも目覚めるわ

逆に今はそんな事もないから田舎の子でも性の目覚めは遅いし
2年前の都内の子達みたいに性欲に飢えた猿になる子達もデータがないだけでガクンと減っている

テレビ番組に初めて不信感をもったのは地上波で乳首を隠すようになったとき

覚えてる人がどれくらいいるか知らんけどな
高田純二が、オナってる全裸の女の局部を自身の顔の位置をかえまくって巧妙に隠してる映像とか流してたんだぞ昔は

妹のブルマで包んだらあっさり出ますた

お風呂でやりたい放題見てやりたい放題

階段の手すりだった方はいらっしゃいませんかー!

とある深夜番組で素人さんが自宅でヌード撮影してそれを番組に投稿するコーナーがあった
司会は久本雅美とサンプラザ中野

今の中堅芸人とか駆け出しのころは間違いなく深夜のエロ企画で食い繋いでたのに今は規制側に回っているという

まあ言うてもわかりやすい例で言ったら
かの吉本すら大御所が顔出してきたと思ったら組織防衛に回ってる時点でね
アレだよね

一輪車導入で猿のようになった女子を眺める

一昔前の深夜枠のノリはBSスカパーの有料枠にお引っ越ししたよ
今でもかなりゲスい事はしてる

机の角

電撃ピカチュウと超速スピナー

テレビの表現規制は厳しくなった。しかし、漫画・アニメはエッチな表現の解放区として現在も機能している。

桂正和の漫画だった
小学生にあれは刺激が強すぎる

父親のベルセルク
本棚にあるのをチョロっと見たんだけど刺激が強すぎた

どれかわからんが戦隊ヒロインが一人でいたぶられてて「あぁあーーーッ!!」って火花散らして泣きあえいでるところだなぁ…

桂正和だと
仲間の女の子が信じてたおっさんに腹を刺されて死にそうになる所
グロ属性はつかなかったけど盲目的な恋が裏切られる展開は確実に植え付けられた

サスペンスドラマで無駄に温泉のシーンがあって
上半身裸の女がハゲのおっさんと混浴してるの
思い出した

目覚め, エロいこと, きっかけ エロいことに目覚めてしまったきっかけってみんななんだったの?小学生時代家にあった一般のPC雑誌めくってたらエロゲエロアニメ紹介コーナーで出て来たこれ

月ジャンほZENKIもえろかったなぁ

昔のエロゲーNOVAの小説版に載っていたケイトの画像を見たのがきっかけだった

KOFのキングとユリ

しずちゃんの入浴シーン

兄貴の持ってた東京大学物語のはるかちゃんのおっぱい丸出しとかエリちゃんのセックス
特に夢幻三銃士は乳首が勃っててそれで精通した

スレ画をオナニー娘フォルダに入れようとしたらもうあった

目覚め, エロいこと, きっかけ エロいことに目覚めてしまったきっかけってみんななんだったの?強くてかっこよくてエロいヒロインというのは衝撃的だった
俺の性癖を形作ったものの一つ

精通はともかく
性的な意味での勃起は
「あらし!三匹」とか「ドッキリ仮面」とか「女だらけ」
「ピンクパンチ雅」とかかなあ
全部大昔のジャンプ

ギルガメッシュナイトのオイルレスリングで目覚めた
プロレスAVしか見てない

ドロロンえん魔くんの原作1巻目
これは今でも使える
画像が検索しても出てこないんだよな

大人になるとだいたい子供の時の基準で好きなものとか趣味持つよね

may.2chan.net/b/res/664489268.htm

一番上に戻る