宝多立花さんのフィギュア化で太い太もも近くで見られるって本当ですか?【グリッドマン】

公開日:

宝多立花, 太もも, グリッドマン 宝多立花さんのフィギュア化で太い太もも近くで見られるって本当ですか?【グリッドマン】ふーん
えっちじゃん

本編のと違うじゃんやり直しを要求する!

えちえち

やっぱ足ふと…

あしふといな!

おいはっす仕事中はマスクとれよはっすよぉ!

剥ぎコラ余裕な素材だ

おっぱいちっせぇなぁ

その分太もも大きいからいいんだよ

太い

もう誰も

いや、まだ俺がいるぜ?

比較するとお互いの太いところがよくわかるのいいよね…

違いが出てていいと思います

六花ちゃんは脚の太さが好評だったことをいいことに公式でもどんどん脚が太くなってきてる気がする

太い子好き

六花胸まで盛られてきてないか?

元から胸が無い訳じゃ無いよ!?

ねんどろでも太い太くない

スレ画ふともももそうだが
骨盤もやばい

春麗かよ…

目を覚ませ僕らの性癖が何者かに侵略されてるぞ

りっかはあしふといな

子供産むの苦労しなさそう

これぞ究極の安産型だよね

でけえ

スカルファックの才能を感じる腰だな

母乳の量は乳のサイズじゃなくて足の太さで決まるんだって

足首はキュッとしまってるのがいいね
現実だと象の足みたいにズドンと地面に突き刺さってる人しかいない

宝多立花, 太もも, グリッドマン 宝多立花さんのフィギュア化で太い太もも近くで見られるって本当ですか?【グリッドマン】おわかりいただけただろうか?

足太いなぁ!

流石にコラやろぉ(笑

直径で倍ぐらいあるな…

モモ太いな!

サッカー選手並みのふとももだぞ

サッカー選手並みのふとももだぞ

アニメでは自重してたのかってレベルで太い

2倍くらい違いありそう

膝裏枕してほしい

子供たくさん産みそう

ふっと!
って言うかふっど!!

アカネちんはちょい細すぎな気がしなくもない

こんなに太くて良いヒロイン初めて見た

スマタだけでも

足太いの気にしてる設定いいよね

世の中乳を盛られていくヒロインは数あれど脚をどんどん盛られていくヒロインはあまりいない

胸が大きいのを気にするヒロイン←あるある
胸が小さいのを気にするヒロイン←あるある
太腿太いのを気にするヒロイン←!?

今一番脚が太くて熱いヒロイン

特撮物のアニメ化の割に商品展開が気持ち悪いな

特撮モノに馴染みない俺でもすんなり見れたし
そういう匂いはあんまり出してないよね
最終回は置いてけぼり食らったけどそれ以外の話は楽しく見てたわ

三角絞めされたい

欲しいのはやっぱり制服パンツフィギュア

グリッドマン自体は玩具でカバーしとるだろ

ぶっといなこの娘

うーん足の太さでおちんちん大っきくなったのははじめてだ

公式が1番抜けるんだから同人は大変だな

宝多立花, 太もも, グリッドマン 宝多立花さんのフィギュア化で太い太もも近くで見られるって本当ですか?【グリッドマン】はいてない

六花さんジャンク壊しちゃってるじゃん

ゲーセンのプライズも出始めたか

しかしな太ももの太さがアイデンティティーって初めてだろう
何でも初ってのは良いことだ

もうちょい太くてもいいと思うが

アニメは太い
版権絵はぶっとい

それは女子高生ではなく関取や

えっなんかアニメより太もも盛ってない?

アニメが終わってから性的に尖ってきたな…

六花が太いのかアカネくんが細いのか

りっかはあしふといな!

触り心地よさそうだから痴漢とか心配になる

スレ画見て思ったけど
アカネはともかく六花は水泳部って設定でもよかった
そしたら足の太さも納得だし
まぁ逆に(水泳やったら)足が細くなるって説もあるけど

競輪部のが説得力あるぞ

スイミングスクールのコーチに言い寄られて裕太が嫉妬してそれはともかくフィットネスクラブに来ていた六花ママが機械の暴走でてんてこまいですね解ります

サンダーグリッドマン初登場回なのにあのぶっ飛びようはすごい

六アカなんて興味ないんだからね!

太さを気にして水泳通ってみるというOVAでやりそうな回

本編めっちゃ面白かったけど女子よりグリッドマンのグッズ欲しいって思ったから
グリッドマングッズも充実してるのはええな

足ふっとw

六花ちゃんは二次元の世界の人だったんだねえ

足太すぎガール!

太くねえって!!

右の子の下半身エロ過ぎ

太えって!!!

聞きたいんだけど、太い太い言ってる人って
スレ画の右のこの体見てもエロいと思わないってこと?

は?エロいに決まってんじゃん!

素股でも締まりが良さそうなぐらい太い

ケツもデカいはず

なぜ太ももが太いだけでこんなにエロいのか

may.2chan.net/b/res/626500368.htm

一番上に戻る