エロゲーはソシャゲとして生き残る時代になってきている。

公開日:

ソシャゲ, エロゲー エロゲーはソシャゲとして生き残る時代になってきている。 %e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0, %e3%82%a8%e3%83%ad%e3%81%84エロゲ衰退の原因はいろいろ言われるけど昔よりも高度なものが必要になったからというのはありそう

なおSteamでは過去最大の売上額に

そうかな?
ソシャゲのエロ以降で単純化してるようにも思えるが
差別化で質のいい3Dが求められててコストがかかってるとかそういうこと?

そんな感じ
原画や音楽やシナリオなんかは芸術の領域なので昔も今もいいものは良いしダメなものはダメだけどシステムとか技術面は圧倒的に高度になってるでしょ
でもそれってコストも増えるわけでさ

昔のエロゲは音声なしが普通でシナリオも小じんまりとしてオッケーだったから今とは環境が違うわな
一般ゲーもファミコンレベルのグラや音楽の時代と今の映画みたいなゲームとじゃ開発期間も予算も雲泥の差
これで販売価格ほぼ変わらんとあっちゃ正直やってられんのでは

娯楽の多様化で可処分時間の奪い合いが激しくなってるのに20年以上紙芝居から進歩してないからでしょ
商業エロゲより同人エロゲのほうが多様化って意味ではがんばってるまであるしな

同人エロゲも商業同人増えたな

コストって意味ではエロ漫画なんかは今も昔も白黒2色が基本でそういう意味ではあんま変わってないのでは
まあ今どき手描きで原稿描いてるマンガ家とか少なそうだけど

一般ゲームレベルのシロモノ作れるエロゲ屋なんて無いでしょう
予算的にも人材的にも
結局安パイな紙芝居になっしまう

3000円のガチャはポンポン回すのにね

そういう人はエロゲーもぽんぽん買ってたよな
大事だよ経済

層も総数も全然違うんだよな
エロゲーマニアなんてニッチの中のニッチだけどソシャゲの課金はだれでもやってるんだ

3Dに手を出してるエロゲ屋なんてほとんどいないし
2次絵は解像度上がっただけでむしろツールが進化してるので手間は減ってるよ

もう2Dライブアニメじゃないと手抜きって感じしかしない

衰退というよりバブルだっただけ

商業エロゲが軍拡競争の果てに客も離れてつわものどもが夢のあと
同人エロゲが技術面のハイテク化なんぞどこ吹く風で低レベルしかし低価格で抜けるぜコレ方面で圧倒的シェア
こんな印象なんだが

ライター報酬が字数でウン円だから
どうでもいい内容で水増しをするライターがいっぱいいた
エロゲ初期の世代はそういうものも楽しんでいたけど
タイパを重視する若い世代と噛み合わなくなった

同人ヌキゲーでいいじゃんてなって二極化してテキストで魅せる方は一般商業に移った感じだ

シナリオゲ→ラノベ&アニメ
萌えゲ→ソシャゲ
抜きゲ→同人
進化の系図だ

娯楽の少ない時代ならそれでよかったかもしれないけどな

ゲーム業界は激変しすぎだ

と言うかユーザーが求めて無いサービスで競争始めて勝手にハードル上げて行った印象
べつにシシオドシみたいにカクカク動かなくても口パクくらいでストーリーが楽しければ十分なんだぞ
あと男にボイスはいらねぇ没入感が消し飛ぶ

スマホ版が2006年あたりに一瞬伸びてるのはどういうこと?

スマホの普及では

Hシーン以外に18禁ならではの何かがないとただの萌えゲーならラノベやなろう作品でいいやってなるのは仕方ないかもしれん

同人のレベルが商業に追い付き追い越したと言うか
元々エロゲの技術力なんてたかが知れてるからな
高いと言えるのはイリュージョンぐらいじゃね

Steamでエロ解禁したから海外勢の凄いのが来ると思ったけど
まさか世界でもイリュは唯一ポジションだった
コンスタントに新作出せてるのは世界でもイリュぐらい

今更だけど別に複数ヒロイン攻略したいとか思わない

しかし少数ヒロインで魅かれるキャラいなきゃそもそも買わんわな

少子高齢化でシコる人が減ったからでは?

クリエイターも20年以上変わらないままだから

PC所有者が減ってるから携帯アプリでエロできないとだめなんだね

衰退っていうかソシャゲに形変えただけだと思うがな
ソシャゲもエロゲもやってること大して変わらんじゃん

シコりたくてエロゲーを買ったのであって小説を読みたいわけではなかった

会社起こしてエロゲ作ろうとするのに限界が来ただけで
個人制作だと逆に全盛期な気がする

エロゲ全盛期に最も受けてたのは葉だの月だの鍵だのエロ以外の要素であって今の同人エロみたいなシコる事だけのティッシュとしては昔も今もあんまり変わってない印象だな

別に衰退したとは思ってないな
メインストリームがソシャゲや同人にシフトしただけだ

may.2chan.net/b/res/1016020749.htm

TOPに戻る