【ひぐらしのなく頃に業】11話の梨花ちゃんの思うところ。

公開日:

古手梨花, ひぐらしのなく頃に業, 11話 【ひぐらしのなく頃に業】11話の梨花ちゃんの思うところ。勝てる勝てるんだ!

なんか失敗しそうと思ったシーン

(だめだまだ笑うな!)

前原さぁん

見た人が全員
あ、これ失敗するわって気持ちで一つになった表情

上げて落とす前触れすぎる

やはり勝利の鍵は圭梨だったんだ!

流れはよかったけどこれ見ちゃうとね…

ルルーシュが勝利を確信するくらいの信頼度はあらぁ

勝ったわねがはは!

梨花ちゃんが芸人すぎる

後はイレギュラーさえなければ大勝利なのです!

便槽より酷いことが待ってそう

んっふっふー

すっかりリアクション芸人みたいなポジションになったな

みんなで団結して正攻法で困難に立ち向かう
いい話ですよね

村の協力得られないルートだとお辛いことになりそうだ

圭ちゃんに寄せる信頼が強すぎる

前回のこの展開見飽きたのですっていう虚無顔から一転これである

条件はクリアされた

何に騙されてるんだろうな

沙都子かな

冗談めかして言われてた部分もあったけど本当にこれっぽくなってきたなあ

いちおう状況を打開する上で切り札になる存在だからな

先週真顔で終わったのに今日は冒頭泣き顔なのが気になった

演技

鉄平来てるの確信したら泣けてくるし

大石が何かやらかすのかな

例のBGMで登場する大石

SSR前原圭一引いてからめっちゃ機嫌よくなって笑う

今回鉄平が沙都子を虐待してる描写全くないからな
今のところ沙都子の言葉だけでみんな動いてる状態

赤坂はいないのに行ける気になってるのか

でもここで突破しないとOPの謎の2人が出てこないままだからなぁ

弁当吐かれた上にケンカした扱いにされるレナに悲しき現在

少なくとも黒幕がいるなら黒幕の顔拝むぐらいのとこまでは行けるだろうか

まあ鉄平はどうにかなるんじゃないかなとは思う

圭ちゃんの当たり外れが重要過ぎる

赤坂は物理的な殴り合いじゃなければいなくてもなんとかなるからね

前回の虚無顔は精神を消費するとループする力も磨耗するから心を殺してたけど我慢できなかったんだろう

この梨花ちゃんは皆殺し編のこと完全に忘れてる梨花ちゃんなんだな

羽生も回答編でいきなり生えてきたしこの時点で顔見せはしない可能性もあるんじゃねえかな

赤坂と圭ちゃんだけはレアリティが超大事だからな

激アツリーチ予告なのです
これは勝ったのです晩ご飯は焼肉なのです

久々に一杯やるわ!

大石仲間じゃないと雛見沢の住人が集会やってるのに対して帰れ帰れされて詰むのでは

そういや大石とのフラグも立ててないか

梨花ちゃんリーチ(信頼度:低)

まあ駄目なのはわかりきってるから盛大に散ってほしい

沙都子は誰かと相打ちになるのが業の基本だし
既に両者冷たくなってる可能性すらあるよね
そこに大石が来て

梨花ちゃまは調子乗ると敗北フラグかといって諦めきってもダメだから
中途半端な期待と不安の間で永遠に揺れててくれ

ssr鉄平かもしれない

SSR圭一予告来たのです!

皆殺しルートで大災害はともかく発症系の惨劇行かれると結構ショックかもしれん

ぐにゃあ

梨花ちゃんは調子づくと失敗するって決まってるから
圭一は調子づくと成功する

沙都子は誰かと相打ちになるのが業の基本だし
既に両者冷たくなってる可能性すらあるよね
そこに大石が来て

なんなら今日の最後の大石が死亡確認!したあと帰ってる途中の可能性すらある

追い風に上手く乗れる圭一と
追い風で前のめりになって転ぶ梨花ちゃまだよね

祟殺し・皆殺しはどうすれば沙都子を救えるのか?だから
それを反転させるなら祟騙しは沙都子は救えないではなく救う必要がない、になる気がする

となると沙都子は演技でゲロ吐いたのか

圭一3連続でめちゃくちゃ優秀だぞ応えなきゃあかんのじゃないか

前のめりで車道飛ばして轢き殺される系のがきんちょだしな

見ましたですか?ドキドキハラハラだったのですぅ!

羽入(あかんわこいつ)

パチンコ版やめろや!

賽殺し編の描写を考えたら有り得ないカケラでは無いのが酷い

やっぱり圭一んぽは最高なのですーあぅ!

大人しくしてれば痛い目見ないのでは?

富田くん岡村くんの話があるから今回の鉄平が実はいい人説は無くなったが果たして

圭一のレアリティに一喜一憂すぎる

今回は期間限定ガチャのUR圭一復刻を単発で引き当てたのでテンションが高い梨花ちゃん

鉄平が出現したらSSR圭一引かないと詩音やレナや圭一がチート使って処理するか沙都子がキャラロスするしかないって考えるとクソゲーすぎる

ガチャ結果が良くてもプレイングが雑になるのは駄目でしょ?

img.2chan.net/b/res/754013913.htm

TOPに戻る