みんなリースといえば触手!以外よく知らない説。【聖剣伝説3リメイク】

公開日:

触手, 聖剣伝説3リメイク, リース みんなリースといえば触手!以外よく知らない説。【聖剣伝説3リメイク】お父様…見守ってて下さい…

エッロ

これはいい資料ですね

規制されそうで心配

見守るだけでいい

これはPC版なの?スイッチ版なの?

えっち版かな

棒高跳びしてるみたいだな

触手, 聖剣伝説3リメイク, リース みんなリースといえば触手!以外よく知らない説。【聖剣伝説3リメイク】こんなおっぱい控えめだったっけ…って一瞬戸惑う

大丈夫ですか?おっぱい揉みますか?って言う直前に見える

情報

押したらエロステータス出るやつだ…

妊娠回数とか堕胎回数とかそんなんばっかりで
なんならアマゾネス全体の数値が出る

それエロ薄い本に毒されすぎてない?

当時のデザイン画からするとスレ画さえも盛ってる方ではないか

こんな眉太かったっけ?

リアルなら明らかにD以上あるからな…

元々歳相応だろう
結城先生はぺったんこにしたかったらしいが‥

こんな格好して…弟を探すために奴隷になりたいんだろう?

この眉毛の太さが好き
アンジェラの眉毛が一番好み

というかこの人の実家って奴隷市場じゃなかったっけ

奴隷市場というか奴隷供給地というか

王女だよ!

パックントカゲとか3でもいたっけ?
いるなら3D描写たのしみだなぁ

トカゲはいるが長年連れ添った旦那である触手は
それっぽいモンスターが木の神獣ミスポルムくらいしかいない
とかだったは

長年触手にやられ続けたお人だ
面構えが違う

常にこの辛気くさい表情してて主人公に選ぶのやめるかなってなる

アンジェラは仏頂面だぞ

辛気臭い話だからな…

未可子ボイスが俺を狂わせる

おしとやかなキャラと思い込んでたけど頭アマゾネスだった

すぐ騙されそうなのがいい
弟のためならなんでもしそう

自分   弟 忍者って配置でお父様がヤバい!付いてきて!って弟に背中向けて走り出すの凄い頭悪い

ドット絵でそのまま同じことやってても気にならないだろうけど
変にグラフィックだけ綺麗になってまんま同じことしてるから落差で余計ギャグになってるんだよね…

こんなバカみたいなエロ服着てる時点で騙されやすいのは間違いないだろう

それで制御装置まで戻るとエリオットがいない!って…

おしとやかではないが口調の丁寧さはパーティ随一ではある

シナリオ今のところ当時のまんまだし
突っ込みどころは多くなりそう

触手, 聖剣伝説3リメイク, リース みんなリースといえば触手!以外よく知らない説。【聖剣伝説3リメイク】選んだ順でリースアンジェラと続いた時はスケベな国しかないのかと思った

今更やったけどこの格好で寝てるのもシュールだった
あと肩パットどうやってくっついてるの

宝石と羽飾りがまじででけえ

変に今の時代に合わせて整合性取ろうとせず当時のテキストそのままで話進めるストロングスタイル正直割と好き

リメイクは別にそれでいいし
どうしても新しい話をやりたいなら追加エピソードみたいな形で分けてやれば評判悪くても被害は最小で済むからな…

まあ絶対主力はFF7の方やってるだろうし最小限の労力で最大の仕事をしたこれでいいんだ…

辛気臭さがシコれるんですよ

3Dにされると宝石でけぇしデコ広いな…ってなった

アンジェラは何で聖剣抜きに行くんだっけ?

ママが喜んでくれそうだから

肩アーマーが完全に肩から浮いててダメだった

背中から伸びてるか腕輪から伸びてる説が有力だけどリメイクだとどういう解釈なのだろう

まず盗賊に城落とされて
逃げた先の町が獣人に支配されてて
序盤も序盤で2回も性奴隷チャンスが待ってるとか凄い御方だよ

わかるけどひでえ!
まあ今見るとそういう風にしか見えない

もうちょっと動きを柔らかく表情も豊富だったらなあおっぱいと鼠径部は満点なのに

表情はもうちょっと頑張って欲しかったね
贅沢な注文だけど

ストーリーはともかくキャラ同士の会話は増やしてほしい

全く物心皆無な弟に鍵をもたせてる国防意識は改めて見るとやべえわ

マナの剣を抜いたら望み通りのことが起きるよ!って言ってるからな…

色々マナの剣パワーに任せようとしてるけどリースの
マナの剣で王国の再建が一番無理あるよね…

マナの剣によって建国されたという伝説を持つ国だからまあ象徴的な意味はデカイと思う

いや実は一番可能性があるのがそれなんだ…
もともとあの国は女神さまから黄金の杖(=マナの剣の別形態)を借りた国祖が作り上げたという建国神話があるので
建国神話の再演やって人を集めれば復興できる可能性が高くなる

触手によくヤられてるひと・・・だっけ?

img.2chan.net/b/res/673424607.htm

TOPに戻る