調教されてドスケベ変態プレイで絶頂する、天龍ちゃんがいたっていいじゃないか【艦これ】

公開日:

調教, 艦これ, 絶頂, 天龍, 変態プレイ, ドスケベ 調教されてドスケベ変態プレイで絶頂する、天龍ちゃんがいたっていいじゃないか【艦これ】天龍に執拗な尿道責めからなる潮吹き調教を施して完全に牝としての自覚を持たせてこういう画像送ってくるように仕向けたい

でも使用禁止って書いてあるよ

うんこしても拭かないように調教

おしっこなら喜んで舐めとるけど…

フフフ…怖いか?

恐い
スケベ天龍恐い

ふふん…ほら提督ぅ♡もっと怯えてみろよ~♡
そういうと自らのスケベを見せつけるように馬乗りになり――

ああ怖い怖い…
今はこの饅頭がとっても怖いぞ天龍(両胸を下から鷲掴みに

あ゙っ…んんッ♡♡ほ、ほんとに…怖がってんのか…?
――ッん゙…ぉぉ゙…っ♡♡
スケベが怖いハズの提督の指がぎゅむぅぅ…♥♥なんて乳肉を搾り出す
怪訝な表情で見下ろす顔は次第に次第に乳への愛撫…吐息も抑えきれぬようになり快楽を貪るようなメスの顔つきへと…「もっと…♡」そう伝えるような湿っぽい表情で提督の手へと胸を潰すように押し付けていく…

うむ、まったく怖過ぎて…(ぎゅむっと五指を沈めて左右の胸を互い違いに揉み回し
こうして手で押し退ける事しか出来ないんだ(親指で胸の頂点の膨らみをぐりぐりと捏ねる

な、なんだよ…それ゙ッぇ…♡♡立派に…抵抗っ♡でき、てんじゃぁぁ…っ♡♡
(このままじゃ…♡提督に本当は怖いんだぞって…わからせてやる作戦がぁぁ…♡♡でも、でも…気持ち、ひい゙…♡)
もにゅぅ…ぐにゅぅ♡乳愛撫だけでとろけきったメス、そんなダッセェ自分に苛立つ自分、このままもっと気持ちいい事してもらいたい自分、その二つに苛まれながらも…降参、撤退なんかはしないんだ
手をどかして、顔にでもつけてやればきっと提督なんか――くにっ、ぐりっ♡
ひっぐッッ!?♡♡んッ…んお゙ッ…♡ぉ゙ッ…~~~~~~ッお゙お゙♡♡
(ウソだろ…今、今のぉぉ…♡乳首、だけ…でッッ…♡♡)
耐えきれる、そう踏んでいたおっぱいへの抵抗、ぷっくりと膨らみ物欲しげにしてた乳頭を指で弄ばれ
軽く仰け反ったのち、少しえぐめなアヘ面晒して熱い熱い股間をぺとぺとぷにぷに、腰へこしながら提督相手に降伏するように擦り付けていた――

そうとも、これでも艦隊を預かる者…(両乳首を衣服の上から親指の腹と人差し指の先でぎゅりっと摘み
相手がどんなに怖かろうと抵抗だけはさせて貰わねばな
(股間から艶かしく動く腰、胸から顔へと舐めるように眺めつつぎゅっちぎゅっちと乳首を捏ね回す

ひッぐぅッ!?♡ま、待てって…わかったからぁ…提督はす、すげぇ…♡怖い相手に立ち向かっていけるんだ…オレと同じくら゙…い゙ッ――
(まだアクメの余韻が引かない、身体が疼く…そんな状態でまたイかされちまう…っ♡)
乳首を捕らえた提督の腕を弱々しく掴み
まるで命乞いのように怯えた?興奮しきった?その混ざり合ったような表情で見下ろすが――ぎゅちッ♡
んぎッッ!?♡♡ぃ゙…ぃ゙ッ♡♡ふ、え゙…ぇえ゙…ッ♡なん、れ…っ♡♡おれ…て、提督の…事ッ、ぉお゙…♡♡み、認めぇ~…っ♡♡
(怖い相手が認めてくれたんだから、許したんだから解放するべきだろ?そういう解釈に持ち込もうとしたのに、乳首捏ね回されて…ダッセェアクメ面晒させられたぁ…♡)
なおも続く乳首ぎゅっちぎゅっちに腰が元気よく何度か跳ねた後、股間あたりから緊張と緩めを繰り返した結果…
あ、わっ…あわ、わ…っ、ぁぁ…♡
なんて、間抜けな声あげながら…ちょろちょろと失禁すらしてしまい――

む…不意打ちとは全く恐ろしい事をしてくれるな天龍(胸を掴む両手に力を込めつつ上体を起し天龍の身体を押し倒し
“それ”は然るべき場所に出すようにとあれ程言っただろう?(右手を離し天龍の股間に指を這わすと、そこをぬるんと撫で上げ
お前は俺の恐るべきドリンクサーバーなんだからな(指先を濡らす液体をペロリと舐めるとそのまま太ももの間に割り入り、股間を覆う布を横へ退けてしまう

……ひゃぐッ♡♡あ゙ッ…ん、ん゙ぅ…あ゙…っ♡♡
(まるでお仕置き、失禁したから…?おっぱいを力強く掴まれそのまま背後に倒される、提督の指の跡が胸についちまうッ…♡♡)
はぁーッ…はぁーッ…♡む、無茶…いうな…っ♡漏れやすくしたのだって…提督が…ッ♡
(視線は逸れちまったが…提督にだって原因はあるハズ。股間に指が這えば”合図”のように受け取って、少しだけふとももを広げてぷっくりと膨らむバニーガールコスの股間を突き出しちゃうんだけど…)
……そ、それで…その、どっちでも…いい、けど…提督…?
(飲む…それともえっちすんのか…もうフフフなんて言ってられない状況だしな…所謂釣られた魚、ぼそぼそと呟いてから…上目気味に伺うように提督の顔を見つめるんだけど――)

ふむ…そうだな、お前があんまり怖い目に遭わせてくれるものだから喉が乾いてしまった
(露になったそこの、一際目立つピンクの突起に指を撫でつけると
まずはこちらで…んっ、愉しませて貰おう(くりゅんっ…と撫で上げるようにして剥き上げ、舌をぬるりと這わし、
尤もこうも漏らしたばかりではあまり量は期待出来ないかもだが…まぁ絞り出せばいいか(ちゅぱっちゅぱっと無遠慮にクリを啄ばむようにして吸い
覚悟を頼むぞ、天龍(ぷはっ…と口を離すと、ワレメを左右にぬちゃあっ…と開いて唇を近付けていく

……ぜってー嘘だよな、よくよく考えればいつも片手間で触ってるよな…
(ヤダっつってんのに秘書官にして書類整理中とかずーっと揉んでるよな…?じとーッとした目つきで見下ろしながら、こう…両腕がむに゙ゅ…って寄せて見せつけてはやんだけど――)
ん゙ッ…♡ふッ…ぅぅ゙…っ♡♡
(下唇を噛みしめて、必死に声を抑える…今は正直声出したっていいんだろーけど…習慣ってこえーな、ザラッとした舌が尖ってクリを撫で上げる間、必死に声を抑えてた…)
はッ…♡はッ…♡ん゙おッッ…♡♡お゙ッ…♡♡ぅう…ッ♡♡
(クリに吸い付いてはちゅぽッ♡と唇から滑り落ちる…腰ごと浮かされては落とされて、浮かされては落とされて…♡唾液と愛液でぴっかぴかに磨かれて…興奮してんの丸わかりなくらい大きくなってるクリ…♡)
……覚悟とか、なんだよ…いつも通りだろ…大丈夫だよ…♡(くち…♡なんて膣口、尿道を露わにされれば慣れてるとはいえ…思わず目を瞑ってしまう…腰を少しあげたまま、下品におまんこ…突き上げながら、提督の口から近づくのをジッと待ち続ける…)

まったく急に従順になったな…スイッチが入ったか(クククッと愉快そうに口の端を歪めて笑うと
それでは怖さも薄れてしまうというものだ…んじゅるっ(膣口から尿道口、クリの先端までをべろんっと一息に舐め上げ
もっとも…すっかり快楽の虜になってしまった今のお前には…(濡れそぼる膣穴に揃えた中指と薬指をくちっ…と当てると
そうして快感に打ち震えている姿こそ相応しい(ずぬ…ずりゅんっと一気に膣内へと滑り込ませ
ほら、お前の感じる姿をよく見せてくれ天龍
いつも通りに、な(手首を回し、ずりゅずりゅっと膣穴を穿り、指先を「く」の字に曲げると、予告とばかりにザラついた天井をふにふにと押し…

……っ♡提督が…したいからやってるだけだからなッ……♡
(されたいから大人しくしてるわけじゃねえんだからな…!なんてニヤつく提督の顔、図星だったからか…真っ赤な顔で、ふとももでばちんッッと挟んじまうんだが――)
あ…フフン、この状況はどうだ提督…?意外とこういう方が怖いんじゃないかァ?♡♡
(ぎゅむっ♡ぎゅむぅ…♡むっちむっちのうちももでっ♡熟れたメスの臭いが充満するうちももの中で、ギリギリとちょっと苦しい程度に締め上げてやるんだっ♡けど――くちッ♡)

――んっ?(ずちゅ、ぐりゅッ♡)ん゙ッ…ふ…っ♡♡んぉ、あ゙…っ♡♡
(これ見よがしにニヤついてたのに…提督の太い指がオレの…おまんこの中を擦りあげながらッ…♡)
んな…♡だ、誰…がぁ…っ♡…ん゙おッ!?♡やっ…やっ…♡♡あ゙っ…♡♡
(かっこいい俺様がッ、こんなのの虜とかッ♡ってな、数舜こらえてみせるけど、おまんこの中、とろとろのそこをかき混ぜられれば慌てたみたいに足開いて…クリごと全体をぴくっぴくっ♡ってふるわせちまう…)
……ッ♡
(もう、睨む目にも力が入らない、提督のせいで発達して、ザラザラ、クリみたいに敏感だけどちっこい肉粒いっぱいついてるよーな”そこ”…弱点部分を指が押せば、尿道の疼きもそのまま…ギュッと目を瞑って耐えるしか――)

うぐ…っ!?な、なるほど確かにこれは怖いな…
お前のその誘うような匂いでクラクラしてくる(狭まった空間に漂う牝の香りを吸い込めばビクビクッと勃起したそれが震えるも
だが―…やはり詰めが甘いな(「く」の字に曲げたままの指先をぐうっと押し上げ、ザラついた天井を圧迫し
お前の事だ、ここをこのようにされれば…(そのままゆっくりと、前後にずちゅ…ずりゅっ…と撫で搔き始め
拘束も緩んでしまう…というわけだ(徐々に徐々にそこを搔く速度を早めながら、尿道口へと目を遣り
ふむ、お前の大好きなここも…れる、責め立ててやらないとな(尿道口の縁を舌先でれろりと円を描くように舐めると、細めた舌でれりゅれりゅと穿るように舐めまわす

――ん゙ッ…ふッ!?♡♡
(がくんッッ♡弱点部分、そこを指が押し上げれば腰が勝手についていきそれだけでも予感で腰が仰け反る…まるで提督の顔に自分から股間を押し付けてるような恰好…ッ、今腰を…震わせでもしたら…ッ♡そんな不安を必死に抑え不安定なポーズのまま身体に力を込めてんだが~~…ずりぃッ♡)
~~~ッ!!♡♡(ずりゅッ♡)ひお゙ッ…ぉ゙ッ…ん…ぎッ…♡♡
(両足の指にも力を込めて、おまんこ突き上げて…♡あっけなくイかされるのだけは耐えてやる…ッ。クリピク痙攣で軽イキしてんのモロバレだけど、尿道きゅんきゅんしてんのだってまる見えだけど…、耐えて…耐えっ…ぇえ゙…♡♡)
お゙ッ♡お゙ッ♡んお゙ッッ♡ん゙ぇえ…ッ♡♡い゙ッ…♡♡
(い゙、ぐ…ッ♡提督の指ぃ…♡提督の指ぃ…♡必死に動かないように力を入れてたハズなのに、いつしか自ら腰を少しへこへこさせて…♡どあっぷおまんこ上下に振れば、ずりっずちっ♡って提督の指に甘えるみたいに擦り付けちまうぅっ♡)

はーッ♡はーッ♡やッば…ッ♡ま、ま゙ッ…て…っ♡♡ま、ぁあ゙~~…っ♡♡
(尿道も、そんな言葉が聞こえれば…手を伸ばして提督の顔を抑えつけようとするんだけれど…仰け反ったままかえってこれねぇえ…っ♡♡ふわふわと手を泳がせてるうちに――)
ひっぐぅううぅぅ゙ッ!?♡も、もぉ゙…だめッ…だッ♡♡でるッ…でちまうぅ…ッ!?♡♡
(躾けられたからだかんな…ッ、尿道周りに舌がはい回り弱点部分ぐちぐち抉られて…っ♡尿道ぎゅ~~って絞めてないとお潮がそこまで…もう…ッ♡♡)

ん、ちゅ…じゅるるっ、じゅ…ちゅむ…(ヒクつく尿道に深く口付けをし、吸い付き、音を立てて啜り上げ
ふふ…んちゅうう…っ(強く吸い上げながらぐちぐちぐちと乱暴に天井を搔き乱し、ぐりぐりと押し捏ねて
っぷは、いいぞ天龍…何も我慢する事はない(視線の先で跳ね回る天龍の腰を見てほくそ笑み
いつも通りだ、思いっきり出すといい
そうすればお前のここの中もまた…(ちゅくちゅくちゅくちゅくっとリズミカルに天井を虐めつつ
いつも通り虐めてやろう(唇をやや尖らせると、ふー…っと尿道に向けて息を吹き掛ける

や゙ぁあッ!?やめッ、やめろ゙ッ…ぉお゙ッ♡♡ほんろに、も゙ッ…♡♡
(ぴゅくッ、ぴゅく…ッ♡なんて少量とはいえ漏れ出しちまってる…♡それでも吸い付き、啜り、舌で捏ね回されればもう出てるのかもわかんない程おまんこ全部がふわふわしてくる…ッ♡)
だめ、だ…壊れ、る゙……ッ、「」ぇ督…ッ♡お゙ッ、おね、がい…ッ♡♡
(ぐぢぐぢがちゅ、ぐちゅッ♡ひく付く尿道を腹筋使って必死に締め付け歯まで食いしばって耐えてたけれど、もう限界…殆ど白目向くレベルまで耐えたんだから、提督だって許してくれる―――だから、も、お゙…っ♡)
―――ッんん゙ッッぎぃいッ…!!♡♡(ぷしぃぃッッ♡♡)
いぐッ…ぅゔッ、あ゙ッ♡ふあ゙ぁあッ…あ゙ーーッ♡♡あがッ…あ゙ぁあ…ッ♡♡
(ぷしッ、ぷしッ♡提督のお許しとほぼ同時、或いは少し早かったが…♡失禁後だなんて感じさせないくらいの潮吹きアクメ…ッ♡おまんこ全体きゅんきゅん痙攣させながら空っぽになるまで噴き続ければ~~♡―――びちゃんッッ)

……ッ、あ゙ッ、が…っ♡あぐッ、あ゙……っ♡♡
(おしりを愛液とおしっこの水たまりに落してしまえば、がに股開きを直す暇もなく、尿道も腰も未だにひくつかせながら失神しかけちまってんだけど…?)

ぅわっぷ…!ははは、いいぞ天龍…それでこそだ(顔に潮を吹き掛けられつつも愉快そうに笑い、はぷっと唇を被せると
んく…んく…ちゅうぅ、んっく…(噴き出した潮を一滴残らず逃すまいと喉を鳴らして飲み込み、勢いが弱まれば無理にでも吸い出して
む?…いかんな天龍、そのまま腰を落としたりしたら―…(中指と薬指に力を込め、ぐっと天井に向けて突き立てると
こう、だぞ(天龍の尻が水溜りを打つと同時に指先がザラついたそこを激しく打ち上げ
ふふ…随分と激しくイッたようだがヘバっている暇は無いぞ
お前の味と香り、それから乱れっぷりで大いに高められてしまった(太腿の間から顔を上げるとズボンのベルトを解き、ギンギンに勃起したそれをまろびだし
お前だけイクだけイッて終わりだなんて不公平だろう?
今度は俺の番とさせて貰うが…いいな、天龍?(膣穴から指をぬぼっ…と引き抜き、愛液にまみれたそれでクリをぬりゅっと摘みあげる
【さて前戯を済ませた所で出勤時刻だ】
【良ければまた明日明後日にでも相手をしてくれると嬉しいのだが、どうだろう?】
【ともあれお仕事だ、お疲れ天龍、サンキューな】

―――ぎゃうッッ!?♡♡ゔ~~っ…うぅ~ッ…!?♡♡
(ぐぢぃ、なんて肉潰すみたいな音と一緒にやッばい刺激が来たんだけど…ッ!?指の力を緩めるなんて知らない提督の指が…フックみたいに俺のよわっちぃ部分にッ…♡慌てて腰突き上げて必死に体制維持ッ…体制維持、ぃぃ゙…♡)
おまッ…お゙ッ…♡ゆ、指ッ…ひ、ひっかかッ…あ゙ッ…♡♡
(必至こいて腰上げて左右におまんこふりふりしながら引っかかってるのなんとかしよーとすんだけど、すればする程自分の首、絞めてるようなもんで――)
あ゙~~…っ♡あ゙ーー……ッ♡♡わかッた…わかったってばッ♡♡指離せッ…クソ提督ぅぅ~…ッ!?♡♡
(どっかの駆逐みてぇな事言いながら、無様も無様な腰振りダンス…ようやく指が引っこ抜ければ腰が落ちるが、全然痙攣止まんねーんだが…)

はーっ…♡はーっ…♡今から、とか…正気か、よ…っ♡
―――ッお゙お゙!?♡♡
(クリ抓まれればまた腰が…っ、ぴゅくッ♡なんて潮も空っぽになっちまったからどろっどろのメスくッせェ愛液吹き出して、腰抜けのまま逃げようとしてハメ潰されたりしたんだろーな…)
【おお…いってこい、いやなんていうか懐かしい気配がしたのと…深夜のノリってコエーな…あ、勿論楽しかったぜ~?♡】
【ただそういう場所って書いてねーし…どうなるかはまた今度だなー?未だにこの感じにしっくり来てねーってのもあるしな…とりあえず、またな提督♡】

うるせェーーーッ!!(ドゴォ)
時間があったらお前もおっぱい恐いってトラウマになるまで絞めあげてやるかんな!
じゃあな!(脱兎)

昨日から2回は抜いた事を報告しておこう

よく見たらタイツだった
引き裂かれたのか…

調教, 艦これ, 絶頂, 天龍, 変態プレイ, ドスケベ 調教されてドスケベ変態プレイで絶頂する、天龍ちゃんがいたっていいじゃないか【艦これ】こんなエロい天龍ちゃんがいたなんて

dat.2chan.net/b/res/73453683.htm

一番上に戻る