はるぽっぽの爆乳おっぱいでレズ勿体なくない?【桜Trick】

公開日:

高山春香, 桜Trick, レズ, はるぽっぽ, おっぱい はるぽっぽの爆乳おっぱいでレズ勿体なくない?【桜Trick】朝ぽっぽ

朝勃起をおさめるのがお仕事

こんなオスを発情させるドスケベボディして本人は同性愛者とか自然の摂理に反する行為

強姦されても仕方ないというか
恨むなら自分のドスケベボディを恨めって感じ

ゆさっ

搾乳してあげたい

でもぽっぽをチンポでやっつけようとしても逆にドスケベデカパイと膣肉にチンポが負けてしまいそうだ

それはそれで本望

チンポにちゃんと勝ったからセーフなのいいよね

ぽっぽのねっとりチンカスお掃除フェラだけでも射精してしまいそうだ…

日常的に異性から襲われてるけどドスケベボディを駆使して余裕の返り討ちにしてるぽっぽいい…

チンポに対する心得もあるレズっ子いいよね

ヒョロい日本人相手なら勝てるけどガッチリした黒人相手だとどうだろう

ちょっと手強い程度で20分もせず疲労困憊になって倒れてる黒人を置き去りにして優ちゃんのところに戻ってるよ

レズを貫くためにチンポの悦ばせ方をマスターする…レズの鑑だ

逞しい…

花金に朝ぽっぽは実にありがたい

痴漢するような堪え性のない男共はぽっぽにおっぱいをむにむに押し付けられたりお尻でズボン越しにチンポをぐにぐにイジメられて情けないびゅるびゅるお漏らし射精の刑で懲らしめられることになる

全国のレズを守るために戦い続けるんだ…

ぽっぽは頼もしいなあ

それは最早レズではないのでは?
優ちゃんは訝しんだ

おちんぽと戦ったあとちゃんと優ちゃんとイチャイチャするからレズだよ

ぽっぽに強制お仕置きチンカスねぶりされてごめんなさいっ許してくださいっとか情けなく謝るも許して貰えずに溜めておいた大事な精液を一滴残らずぽっぽのおくちで吸い取られてしまうんだ…

レズっ子に敗北してチンポはレズに勝てない、レズよりも下の存在っていう事実を教え込まれちゃうのいいよね…

いい…

男子便所に連れ込まれ目の前のドスケベレズを犯そうとする発情カウパー垂らした勃起チンポで囲まれても
ちょっとムッとたぽっぽの可愛らしい口とムチムチおっぱいとすべすべお手手にかかれば
男子全員どろどろ精液から透明なおしっこまで吸い尽くされるのは勿論しばらくそのときのトラウマ体験のせいで毎晩大量に恥ずかしいおねしょ夢精してしまい満足にセックスもオナニーもできなくなる

おまんこすら使わせてもらえないんだ…

クラスの男の子たち絶対ぽっぽでシコってるよね
中にはぽっぽと優ちゃんの怪しい関係を妄想してセルフピュッピュしたりする子もいそう

優ちゃんに勝るちんぽ無し

ぽっぽまたドスケベボディで悪いチンポこらしめてるな…

春ぽっぽの知らないところで私物にクラスの男子生徒が精液かけてそう

今日もたくさんの悪いおちんちんを情けなくおしっこ漏らすまで反省させた唇で
愛しの優ちゃんとレズキスちゅっちゅっするのが誇らしいぽっぽいいよね…

男子便所でザーメン搾り取ったら一直線に優ちゃんのところへ向かうレズ

優ちゃんは回復装置か何か?

ザーメンとチンカスまみれの口でそのまま優ちゃんと濃厚お口セックスいいよね

いい…

えっちすぎる

朝からこんな濃厚なスレ立てられるとチンチンに悪いからやめて

個人的には春ぽっぽのうんち穴をほじほじしたい

おっぱいもお尻も大きくてエッチなレズっ娘ってどうなの

高い評価を受けている高山春香ちゃん

恋愛対象が女っていうか優ちゃんだから異性の前では隙見せまくりパンチラとかしまくりなぽっぽいいよね…

優ちゃんと話すために男の子の机に座ったりして勘違いさせたりしてそう

ぽっぽは優ちゃんじゃなければ基本的にドキドキしないから
男子たちが廊下でぶつかっておっぱいむにゅってなってなるくらい密着してキス寸前になっても気にせず許してくれる

転んだ拍子にスカートずり下げちゃっても笑って許してくれる高山さんいいよね

男子がそのとき膝とか肘を擦りむいてたら他意なくスカート直すのも忘れて廊下でパンツ姿のまま傷の手当をしてくれるぽっぽ

優ちゃんが見てたら慌てて恥ずかしがるんだ…

男の子が席に座ってるのに「ちょっとゴメンね~」とか言ってそのデカ尻をむにっと机に載せるぽっぽ
顔面に迫るぽっぽの巨大レズ尻
勃起する男の子

会話するときにスレ画みたいに谷間見せつけるのを気づかずみんなからオナネタにされてる
男子たちが自分をオナネタにしてることがバレても男の子だし仕方ないって特に興味もないからチンポの性欲発散の対象になることを受け入れてあげるレズ女神ぽっぽいいよね…

レズにも男にも優しいぽっぽはまさに女神
ただ優ちゃんのチンポには厳しい

img.2chan.net/b/res/581350753.htm

一番上に戻る