美少女フィギュアにまん毛まで作り込まれていたら嬉しい?

公開日:

まん毛 美少女フィギュアにまん毛まで作り込まれていたら嬉しい?フィギュアに陰毛は必要か否か

髪の毛と色違うのはどうなんだろう

髪はピンクに染めてんのかもしれんし別に良いのでは

俺もその手のエロ絵を見るたびに同じ感想を持ってたけど
キャラクリのできる3D系のエロゲをやってていざ自分がクリエイトする立場になった時
そこで初めてカラフルな陰毛はギャグにしか見えねえ!
って言葉ではなく心で理解できたよ

途端にビッチに見えてきたぞ

髪の毛の塗りの方じゃなくて線の方に使う濃いめの色を当てはめてるのが多い印象

まさかのマジレス

大事なとこが光るフィギュアか

謎ジャマー再現

どうせ隠すならハートマークにしろ

コストかかるせいだろうけどパイパンフィギュアのが主流だよね

髪と眉がピンクなら下も同色じゃないとおかしいですよカテジナさん!

いんだよ細けえ事は

超重要ポイントだろうが

まん毛 美少女フィギュアにまん毛まで作り込まれていたら嬉しい?ちょっとやりすぎた

表現としてはいい感じだね

それよりもっとちちしりを盛れ

頭髪が塊りなのに陰毛はモジャなのはどうなんですか

あ、頭は整髪料つけるし…!

陰毛フィギュアはともかく淫紋フィギュアは普及してほしい

デカール売ってたね

自分でペンで正の字でもなんでも書いたらいいのでは

腋毛とケツ毛も欲しい

まん毛 美少女フィギュアにまん毛まで作り込まれていたら嬉しい?この絵が元かな

元ネタからして生えてたのね

こういう描き方はすき
髪がくせ毛じゃないのになんでもモジャモジャにするの嫌い

陰毛ってみんなモジャモジャっていうか縮れてるもんだと思ってた

フィギュアに陰毛を付けるなんて資源の浪費だと思う

漆原キャラのフィギュアとかは陰毛どうなってるんだろう

正直難しいだろ一昔前のエロアニメ陰毛表現みたいな
そこだけコケ生えてるみたいなパーツされてもいらんでしょ
下手な表現は陰毛ありだな派だったら尚更辛いだろ

スレ画のはペイントなの?

見本が既に陰毛生えてるからペイントじゃね

陰毛はキツいな…
毛穴までなら許容できるかも

まん毛 美少女フィギュアにまん毛まで作り込まれていたら嬉しい?デカールだったのか

よかった…デカールだった…
スレ画みて焦った

よく見ないでポチっちゃったのか

フィギュアスレかと思ったら陰毛スレなのか…

ペイントではなくもっとモッサモサした毛パーツでマグネット着脱できるのがいいのでは

もうそれケモフィギュアだな

ケモは毛外せたらダメやろ

よくCMでやってる薄毛用のふりかけみたいな毛のやつはうまくつかえないだろうか

あれ定着力弱いらしい

模型なら接着剤と併用すれば問題ないのでは

パツ金陰毛もけっこう難しいよな
黄色すぎるとギャグにしかみえないし薄すぎるとわからん

完成品にデカールを貼る形式だと周りの光沢が気になっちゃってな
タンポ印刷で出てくれないものか

スレ画は毛よりアナルがあるかが問題

陰毛付きと陰毛なしの差し替えパーツが待たれる

他のパーツはディフォルメしてんだから陰毛もディフォルメしていいんだよ

このフィギュアオリジナルの腕章が分割線ってことでいいんだろうか
いい脱ぎっぷりだから欲しくなる

腕章も謎腕輪よりはずっといいと思う

まん毛 美少女フィギュアにまん毛まで作り込まれていたら嬉しい?陰毛付きならこれぐらい思いっきりやってくれれば有難いけどね
画像は至高品

褐色の方の陰毛いいなあ

光る~光るぜ~

ケツ毛と脇毛とすね毛まで再現したフィギュアはそうあるまい

美少女フィギュアに陰嚢は必要か否か

いるない

陰毛有りは別に構わない
むしろ状況次第でさらにHに感じるし
でも髪の毛の色と違うのはなんか裏切られた気分に

価格一万ごえならどっちでもいい
買えないから

最近ので一万切ってるのってプライズぐらいじゃ

まん毛 美少女フィギュアにまん毛まで作り込まれていたら嬉しい?モサモサ良いですね

はみ出てますね

需要の絶対数が少ないからでは

陰毛デカールじゃイカんのか

生えかけならそれでもいいんだけど剛毛でフサフサにしたい場合は立体感がほしい

この手のフィギュアって性器の描写はどうなってるの?

オナホみたいになってるのもあればツルツルのもある

まん毛 美少女フィギュアにまん毛まで作り込まれていたら嬉しい?ちっぱいなINMON予約完了です・・・(達成感)

自分の陰毛をだな…

その手があったか

スレ画の商品は黒とか茶みたいな現実的な髪色のカラバリ商品欲しい
ピンク髪はどうしてもファンタジー感がなぁ

最近の若い子はピンクに染めてたりするじゃない

may.2chan.net/b/res/624496558.htm

一番上に戻る