乳上アルトリア様はドスケベボディであるという刷り込み【Fate】

公開日:

乳上, ドスケベボディ, アルトリア, Fate 乳上アルトリア様はドスケベボディであるという刷り込み【Fate】乳上
好き

乳上, ドスケベボディ, アルトリア, Fate 乳上アルトリア様はドスケベボディであるという刷り込み【Fate】上乳上も下乳上も大変けしからん

ドスケベで何が悪いというのか

figmaマダー?

FGO遊んでないから知らんのだけどこの容姿でブリテンの王様やってたんか?
これだけのサイズやと男装で誤魔化せるレベルやないやろ

甲冑を魔力で動かして誤魔化してたんだよきっと

これ最高にエロい

ママ…

下乳と上乳はエクスカリバーの呪いを受けず、男と偽って王になってないifだったはず

ロリコンソード使ってなかったり引っこ抜かなかったりだっけか

いっぱい抜ける

ランスロットとかいうキチガイ筆頭

ベティヴィエールは食以外はまともだし…

乳上, ドスケベボディ, アルトリア, Fate 乳上アルトリア様はドスケベボディであるという刷り込み【Fate】

ターニャちゃん?ずいぶんと大きく育って(いろんなところが

エクスカリバーの呪いを受けたまま死ねなくなって存在自体が別物になったアルトリアだよ

ママ上・・・

・・・お前ら、誰だ?

公式がちんちくりん過ぎない?

こんなもんだろ
ちゃんとしたやつは下半身貧弱気味だけど質は高いし

映画キング・アーサー日本に向けて。
「日本では女性で有名なアーサー王ですが、実は男性なんです。
日本の皆様に男性のアーサー王の良さをしってもらいたい」
そのうちネタじゃなくマジでこんな事言われそう

まあアーサー王そのものが実在を確認されていないというのが
せめてもの救いか

流石にそれは過大評価し過ぎだろう
コンビニとかで見かけたことある程度ならともかくセイバーを知ってる人自体たかが知れてるし
ましてやその正体がアーサー王なんてのはいわゆるオタク層しか知らないことだぞ

実態と外からの評価は別物やし
いまだに日本と言えばサムライやニンジャのイメージな外人もおるんやで

同人のムチムチボインボインに汚染されすぎ

二次創作がみんなモグダン並に盛ってる

青いハイレグレオタードでムチムチしていてチンポに弱くて簡単に寝取られてくれればそれでいいよ

孕ませ専用サーバント

アーサー王のモデルらしき人物は居たんだけど想定してたよりワイルドな文化だったので断定したくないんじゃないかな
ようは大規模な山賊みたいなもんだし

地中海沿岸に比べたら世界の果ての超田舎だよね

ゴリラより攻略キツかった
無敵貫通やめろや

剣式・殺生院「防御無視が乗ってないだけやさしいですね」
2人はイベントで乳王はシナリオっていう違いはあるけど

世に名を馳せた豪傑や好漢どもがこんなエロいの前にして
でもなぜか王様で妃も子もいるから手出せないんだぞ
そりゃ崩壊する

あの時代の豪傑や好漢どもがそんな殊勝なタマかね

乳上の薄い本は純愛ものが多くて実に良い

確かに槍オルタと比べるとひどい目に遭ってる本は少ないイメージあるわ

ぐだによるアルトリア大好きだ!絶叫の影響デカイかと
あれで割とぐだ好きなイメージできたし

純愛ものでいてなおかつ内容がドストレートなエロというフルコースよ

こんなムチエロに手出せないからって妃の方に走ったやつのヤミの深さ

乳上, ドスケベボディ, アルトリア, Fate 乳上アルトリア様はドスケベボディであるという刷り込み【Fate】最近はこの配色だけでチンコが反応するようになってしまった

トリコロールで頭に黄色
ガンダムだな

オルタのほうは未だにどういうキャラなのかわからんからな

ゲームやってるけど今んとこなんとなく居るくらいだよね
もう2年目くらいのキャラなのに

…オルタって名前だったの…?

HG茶川なのにフタじゃない普通の本続いてる
すごくありがたい

オルタがドエロく描かれてていいよね

オルタは余は悪くないもん!のイメージ

でもアルトリアシリーズの中で唯一ちゃんとモーさんんの親をやっている人

屋内でも馬から降りないウーマン

部屋に入る時くらい降りてくだち

乳以外いい部分がないからこいつじゃなくてもいいじゃんてなった

乳のないネグレクトした親でしかないが…

シナリオで出番がほとんどない以外は完璧な鯖

むしろ出番が無いからこそ好き放題薄い本が作られる鯖
公式の絵もアレだしね

冬は薄い本10冊くらいキャラ買いした

産み出したはずの石田が描く乳上が一番そうじゃないっていう

中乳上がそろそろ来ても良い頃
性格はあらあらウフフだけど息するようにランスロット刺すタイプで

乳首出とるやないかい

may.2chan.net/b/res/617051324.htm

一番上に戻る