サルバト~レ【おすすめゲームを感想で振り返る】

公開日:

サルバト~レ

サルゲッチュシリーズの外伝作品として2004年7月1日に発売された作品。
正式タイトルは「ガチャメカスタジアム サルバト〜レ」で、これまでのサルゲッチュシリーズとは異なる対戦形式のゲームで遊ぶことができます。

サルゲッチュ2」と「サルゲッチュ3」の間に発売された作品であるため、ゲーム中に登場するピポサルにも物語がある点が面白いかも。

どんなゲーム?

プレイヤーは最大4人まで参戦できる多数のルールで、勝利を求めて争い合います。
バトルロワイアル方式他、チーム戦も可能なので、強者にハンデを背負わせて対戦することもできます。
もちろんストーリーモードでルールを学びながら強敵やボスを倒すモードも存在します。
サルバト~レ

体力削り、ポイント集め、レースなどルールが多彩

シンプルにガチャメカを使い体力をゼロにした者が勝ちのバトル。
ダッシュフープやメカヨンクなどメカの機能を借りて、コインを収集するポイントバトル。
みんなのトラウマ?ボートを操作したり、歩いて目的地に先に辿り着いた者が勝つルールなど、多彩な対戦方式が用意されています。
サルバト~レ

操作方法は、初代「サルゲッチュ」が基準になっているので、やや難しい操作に慣れていることが勝利へと近道かもしれません。

8キャラクターの個性がいい感じ

本作では、カケルのみならず、ナツミやハカセ、ピポサルや新キャラクターのハルカなどデフォルトで8名の登場キャラクターが存在しています。
キャラクターごとのメカの性能も天と地の差があり、それぞれの個性を活かしたルールや戦法を取ることができます。
サルバト~レ

例、通常銃カテゴリにあたるパチンガー。
皆やりたくなる、連射が可能は黒パンツピポサルなど、その一つ一つのキャラを使っていて楽しい点が必ず存在します。

必殺技!

対戦ゲーといえば、必殺技!
各キャラクターごとに4種類の必殺技が用意されており、ゲージを消費することで発動することができます。
一撃高威力もの、サポートものなどガチャメカ以上に個性が出ているかも。
サルバト~レ

オマケが地味に楽しい

シングルプレイでのお楽しみ。
ピポサルから届く手紙や、思わず友達に見せたくなってしまうキャラクターごとに用意されて2本のおまけムービー。
おまけムービーは、ピポサルやサルチームに用意された実写ムービーはシリーズファンは必見!
サルバト~レ

ピポサルから届く手紙は「サルゲッチュ」「サルゲッチュ2」で登場したピポサルから贈られてくるものなので、知っているとより深く楽しめるかも?
サルバト~レ

BADな点は?

やりこみ要素が単調

対戦ツールとして考えればそれまでですが、一人プレイでも十分楽しめるやりこみ要素が存在しています。
このやりこみ要素の主が”プレゼント集め”が目的となり、これはキャラクター別の武器やコスチュームを回収できるもの。
ただ、最終的に回収したアイテムは友達との対戦等で使用することになるので、収集した後虚しく感じてしまうかも…。
サルバト~レ

また、セーブデータのコピーができないので、データバックアップという点では致命的な欠点がある。


後に「サルゲッチュ ミリオンモンキーズ」という本作のゲームシステムを継承した作品が発売されている。
過去の一線を覆した点などから、高評価を得ている印象がありますが、本作が楽しめたからといって手を出すと痛い目みる可能性も。

残念ながらメインテーマが聞き放題の公式サイトは消滅してしまってますね。
よく、チャル初音ミクに似てるという言葉を目にしますが、時期を考えると逆なので注意を。
サルバト~レ

一番上に戻る