◆新着記事(20件表示)

無料視聴可能!「仮面戦隊ゴライダー」auビデオパス全3話配信決定!木野さん登場でW闇医者実現しそう!
ニーアオートマタ、谷底に落下して上がれなくなった!高度を維持したまま遠くまでジャンプする方法とか
【攻略】ニーアオートマタで武器最終強化、レベル4にできる「森の城の武器屋」場所
【攻略】ニーアオートマタ 「写真」問題は砂嵐を抜けた先に目的地があることか
【攻略】ニーアオートマタ 「ゲームクリエイターロボ」バグ発見条件について
DOAX3、PSVR機能が無料で入手できるのは2/28火曜日まで。至高のVR世界へようこそ
「仮面ライダースナイプ エピソードZERO」プロモ動画で放たれる大我のいい人感よ…20話見た後だと尚更。
仮面ライダーブレイブがギャラクシアンガシャットで変身!巨大化エナジーアイテムなども【ネタバレ含】
【攻略】ニーアオートマタ 全26通りのエンディング到達条件まとめ【ネタバレなし】
エグゼイドレベル99登場!最大レベル、カンストっぽい感じ
尻フェチ歓迎?ニーアオートマタ、2Bのスカートが脱げる方法があるらしい
【攻略】ニーアオートマタ 周回プレイにおける引き継ぎ、レベルやアイテムや装備など!鍵付き宝箱も開封可能
【攻略】ニーアオートマタ ひのきのぼう&エンジンブレードの入手場所
ブルーリフレクション 「蜷川麻央」 有名女優キャラ!仕事と勉学を両立する少女
新ヒーロー「仮面戦隊ゴライダー」なるものが判明!映画チーム分けも発表!
「グラビティデイズ2」DLC、クロウ編の配信日が決定!本編やり込みも拡張、よりレアなタリスマンが開放!
バイオハザード7にクリスが主人公のDLC配信決定!無料で遊べる!
【朗報?】ニーアオートマタトロフィーコンプリートまで、ゲーム内通貨で買える仕様に
【攻略】ニーアオートマタ 金稼ぎ&対策、きっと今後金に困ることはないと思われる装備とか
【攻略】ニーアオートマタ 「お城の宝探し」宝場所、扉の場所とか
大きなお尻に釘付け!すーぱーそに子10thフィギュアがセクシーすぎる
「閃乱カグラ」凛のおっぱいマウスパッドなどが登場!大人の魅力を凝縮!
【バグ】ニーアオートマタ アプリケーション破損や進行不能不具合が報告される。
DOAX3DLC「閃乱カグラ」水着コラボコスチューム第2弾が配信開始!意外といい感じ?
PS4用「閃乱カグラ PBS」オリジナルテーマ7種類が配信!それぞれのチームごとの壁紙あり
「四女神オンライン」DLC ステータスアップアイテムらしきものが雑誌やCDに付属へ
DOAX3、本日はかすみの誕生日!限定わくわくレベル7倍キャンペーンが実施中!
MHXX体験版の魅力を総まとめPV!初心者でもわかりやすく仕様を紹介
PS4HD版「スターオーシャン3」が発売決定!トロフィー機能追加、比較してみると全然違う!
リメイク版FF7 声優陣によるボイス収録は終了!



ラチェット&クランク1【おすすめゲームを感想で振り返る】

公開日:

ラチェット&クランク

初代「ラチェット&クランク」。
PS2で2002年12月3日に発売された箱庭系のトゥーンモデリングアクションゲーム。
当初はその受け入れづらいキャラクターのビジュアルから、積極的に購入したユーザーというよりも、PS2同梱版でプレイして気に入ったというプレイヤーが多い。
開発はInsomniac Gamesが担当し、PS2時代のクラッシュ・バンディクーといっても良いかもしれません。

どんなゲーム?

基本は物語に沿って、ミッションをクリアしながら当たらしい惑星へと冒険の幅を広げていく。
接近オンリーの「オムレンチ」という武器で弾薬を節約するも良し、お金を溜めて多彩な武器を購入して無双するも良し。
ゲームのシステムに縛られにくく、自由に探索できるので未知の土地を探検している感がハンパないかも。
ラチェット&クランク

約20種類の惑星を駆け巡る

冒険できる惑星の数は約20種類。
このステージ数は、後々発売される作品でも基準として定められている印象。
主人公ラチェットの故郷である「惑星ベルディン」から、猛毒の星「惑星オークソン」、雪平原「惑星ホーベン」など魅力的な星々を探検することができる。
ラチェット&クランク

多彩で特徴的なメカ達

本シリーズに肝といっても良い部分、困難な敵に出会ったときは”強い武器”に頼ることが真の攻略方法。
単純なマシンガンタイプの武器から、少しクセがあるが遠距離から遠隔操作できるミサイルを発射する「ビデオミサイル」など多くの武器が登場する。
ラチェット&クランクラチェット&クランク

ほかにも、冒険の途中に立ちふさがる仕掛けを解くためのメカなど、装備は近未来を感じることができます。


シューティングやレースもあり

単純なアクションパートのみならず、「クラッシュ・バンディクー3」のようにレースやシューティングなど全く違ったジャンルのパートも取り入れられている。
現在のゲーム視点で見てしまうと極普通だが、当時はここまでてんこ盛りのゲームは数少なかった気がします。
ラチェット&クランク

周回プレイからが本番

シリーズ通して恒例となるゲームクリア後の世界。
2以降は「チャレンジモード」と呼ばれるものだが、簡単に言えば”強くてニューゲーム“。
やり残したやりこみ要素を回収するも良し、”俺つえー!!“するも良し。
ラチェット&クランク

悪評価部分

この作品が初プレイなら良いのだが…

本シリーズは今後も多数の作品が発売されるのだが、シリーズを追うごとに直感的に動けるようになる。
さらに、画面を覆いつくすような爆風などの爽快感も増しているため、後々この作品に手を出してしまうともっさりとした印象を受けてしまうかも。
次回作から実装される「スライド移動」が存在しないため、アクロバティックに対応することが難しく感じられる。
ラチェット&クランク

2以降は、便利になりすぎた!という声も多いですね。

チェックポイントが少ない?

これは人それぞれかもしれません。
アクションゲームが苦手なプレイヤーならば、ミスすると一気に戻されてしまう点もしばしば。
タイミングがややシビアな逃亡ルート等も存在する。

ただ、何度かこなせばコツが掴め、最終的には武器強化含めていろいろな面が”困難“から”楽勝“へと変わっていくのも楽しみの一つかもしれません。


難しい操作を必要としない、箱庭系アクションゲーム。
思い出補正もあるかもしれませんが、キャラクタービジュアル面を除けば悪評価を下しているプレイヤーは非常に少ない良作といえます。

最後に、よく「ジャック×ダクスター」を見ると”ラチェクラみたい“という声を聞くことが。
発売時期はこちらのほうが後ですし、開発もNaughty Dog(クラッシュのとこ)という当時交流が多かったスタジオでもありました。



◆更新報告:

一番上に戻る