◆新着記事(20件表示)

浅倉威本人登場!仮面ライダーブレイブと仮面ライダースナイプそれぞれスピンオフ始動!
PS4「FGO VRフューチャリングマシュキリエライト」登場!マシュが登場するPSVRゲーム!
「電撃ネプテューヌVol.2」の中身がいい感じ!カレンダーやシール、テーマやポスターと特典も盛りだくさん!
閃乱カグラ高木P、次回作はニンテンドースイッチ向けっぽい!「HD振動でやわらかさを表現したい」…間違いなくおっぱいや。
「ガンガンピクシーズ」1話シナリオを一挙公開!アヘ顔など、予想以上にひどい描写も
FF15 「モグチョコカーニバル」の場所は水都オルティシエ開催!お祭り騒ぎで楽しそう
【無双8記念】三國無双キャラクター人気ランキングが発表!結構意外な結果に
「閃乱カグラPBSの看板娘」雪泉、日影、詠特別イラスト公開!ゲーム中にも等身大看板として登場!
【攻略】グラビティデイズ2、パワーアップ効果&必要ジェム数まとめ
無双スターズ エンディングの分岐システムが判明!環、刹那、志貴それぞれの物語が描かれる!
まるで映画!近年増える、プレイヤーに自由がないゲームは飽きた?
MHXXのレンキンスタイルなどをプレイ動画で紹介!青電主ライゼクス戦収録、二つ名BGMが原種と同じになってる。
DOAマリーやほのかのプレイ動画も収録!「無双スターズ」無双乱舞集的なPV第2弾公開!
「四女神オンライン」冒険者の拠点ウィシュエルにある施設が追加公開!セーブは大聖堂で行う模様!
無双スターズ 「レグリナ」「呂布」「井伊直虎」「織田のぶニャ」のゲーム画面公開!
DOAX3 追加水着第20弾「マンボウ」が配信!胸元がキュートなミニスカコスチューム!
ファイアーエンブレム無双など、ニンテンドースイッチ&3DS中心に新作が多数発表!
【GGXrdR2】前作持ちアップグレードは2000円!梅喧などのゲームスクショも公開!
日本一ソフトウェア、2つ目のカウントダウンサイトが終了!内容が予想外すぎるんだが…。
「四女神オンライン」 女神様のTシャツ、缶バッジ、ドッグタグなどのグッズが登場!【ネプテューヌ】
「閃乱カグラEV 桜エディション」ダウンロード版が2988円で購入可能セール中!2/15まで
MHXXの砦「ラオシャンロン」はクエ開始後待ち時間なし!大砲の弾も進化し、新ギミックあり!
閃乱カグラPBS初回特典衣装「お掃除メイドさん スプラッシュセット」のプレイ動画公開!
ブルーリフレクションの高画質戦闘プレイ動画公開!おしゃれなIFをチェック!
「ねぷねぷ☆コネクト カオスチャンプル」 オリキャラ郵便配達員「アメイル」&商人「マー」登場!
SG/ZHスクールガールゾンビハンターはお色気目当てで購入する価値はあるのか?
「ブルーリフレクション」のプレイ動画が公開!異世界探索や、アイテム回収、戦闘シーンを収録!
VRゲームは遂に匂いが出る時代!「VAQSO VR」がなんか凄い!小型でPSVRでも使用可能
外山D グラビティデイズ3など、シリーズの今後の予定はいまのところなし。
「四女神オンライン」の拠点で使える便利施設のスクショ公開!大聖堂では祈祷してバフ効果を得られる。



ラチェット&クランク1【おすすめゲームを感想で振り返る】

公開日:

ラチェット&クランク

初代「ラチェット&クランク」。
PS2で2002年12月3日に発売された箱庭系のトゥーンモデリングアクションゲーム。
当初はその受け入れづらいキャラクターのビジュアルから、積極的に購入したユーザーというよりも、PS2同梱版でプレイして気に入ったというプレイヤーが多い。
開発はInsomniac Gamesが担当し、PS2時代のクラッシュ・バンディクーといっても良いかもしれません。

どんなゲーム?

基本は物語に沿って、ミッションをクリアしながら当たらしい惑星へと冒険の幅を広げていく。
接近オンリーの「オムレンチ」という武器で弾薬を節約するも良し、お金を溜めて多彩な武器を購入して無双するも良し。
ゲームのシステムに縛られにくく、自由に探索できるので未知の土地を探検している感がハンパないかも。
ラチェット&クランク

約20種類の惑星を駆け巡る

冒険できる惑星の数は約20種類。
このステージ数は、後々発売される作品でも基準として定められている印象。
主人公ラチェットの故郷である「惑星ベルディン」から、猛毒の星「惑星オークソン」、雪平原「惑星ホーベン」など魅力的な星々を探検することができる。
ラチェット&クランク

多彩で特徴的なメカ達

本シリーズに肝といっても良い部分、困難な敵に出会ったときは”強い武器”に頼ることが真の攻略方法。
単純なマシンガンタイプの武器から、少しクセがあるが遠距離から遠隔操作できるミサイルを発射する「ビデオミサイル」など多くの武器が登場する。
ラチェット&クランクラチェット&クランク

ほかにも、冒険の途中に立ちふさがる仕掛けを解くためのメカなど、装備は近未来を感じることができます。


シューティングやレースもあり

単純なアクションパートのみならず、「クラッシュ・バンディクー3」のようにレースやシューティングなど全く違ったジャンルのパートも取り入れられている。
現在のゲーム視点で見てしまうと極普通だが、当時はここまでてんこ盛りのゲームは数少なかった気がします。
ラチェット&クランク

周回プレイからが本番

シリーズ通して恒例となるゲームクリア後の世界。
2以降は「チャレンジモード」と呼ばれるものだが、簡単に言えば”強くてニューゲーム“。
やり残したやりこみ要素を回収するも良し、”俺つえー!!“するも良し。
ラチェット&クランク

悪評価部分

この作品が初プレイなら良いのだが…

本シリーズは今後も多数の作品が発売されるのだが、シリーズを追うごとに直感的に動けるようになる。
さらに、画面を覆いつくすような爆風などの爽快感も増しているため、後々この作品に手を出してしまうともっさりとした印象を受けてしまうかも。
次回作から実装される「スライド移動」が存在しないため、アクロバティックに対応することが難しく感じられる。
ラチェット&クランク

2以降は、便利になりすぎた!という声も多いですね。

チェックポイントが少ない?

これは人それぞれかもしれません。
アクションゲームが苦手なプレイヤーならば、ミスすると一気に戻されてしまう点もしばしば。
タイミングがややシビアな逃亡ルート等も存在する。

ただ、何度かこなせばコツが掴め、最終的には武器強化含めていろいろな面が”困難“から”楽勝“へと変わっていくのも楽しみの一つかもしれません。


難しい操作を必要としない、箱庭系アクションゲーム。
思い出補正もあるかもしれませんが、キャラクタービジュアル面を除けば悪評価を下しているプレイヤーは非常に少ない良作といえます。

最後に、よく「ジャック×ダクスター」を見ると”ラチェクラみたい“という声を聞くことが。
発売時期はこちらのほうが後ですし、開発もNaughty Dog(クラッシュのとこ)という当時交流が多かったスタジオでもありました。



◆更新報告:

一番上に戻る