◆新着記事(20件表示)

仮面ライダーエグゼイド15話に鉄拳7がちょい登場!ファイターゲーマーの必殺技の元ネタかも
浅倉威本人登場!仮面ライダーブレイブと仮面ライダースナイプそれぞれスピンオフ始動!
PS4「FGO VRフューチャリングマシュキリエライト」登場!マシュが登場するPSVRゲーム!
「電撃ネプテューヌVol.2」の中身がいい感じ!カレンダーやシール、テーマやポスターと特典も盛りだくさん!
閃乱カグラ高木P、次回作はニンテンドースイッチ向けっぽい!「HD振動でやわらかさを表現したい」…間違いなくおっぱいや。
「ガンガンピクシーズ」1話シナリオを一挙公開!アヘ顔など、予想以上にひどい描写も
FF15 「モグチョコカーニバル」の場所は水都オルティシエ開催!お祭り騒ぎで楽しそう
【無双8記念】三國無双キャラクター人気ランキングが発表!結構意外な結果に
「閃乱カグラPBSの看板娘」雪泉、日影、詠特別イラスト公開!ゲーム中にも等身大看板として登場!
【攻略】グラビティデイズ2、パワーアップ効果&必要ジェム数まとめ
無双スターズ エンディングの分岐システムが判明!環、刹那、志貴それぞれの物語が描かれる!
まるで映画!近年増える、プレイヤーに自由がないゲームは飽きた?
MHXXのレンキンスタイルなどをプレイ動画で紹介!青電主ライゼクス戦収録、二つ名BGMが原種と同じになってる。
DOAマリーやほのかのプレイ動画も収録!「無双スターズ」無双乱舞集的なPV第2弾公開!
「四女神オンライン」冒険者の拠点ウィシュエルにある施設が追加公開!セーブは大聖堂で行う模様!
無双スターズ 「レグリナ」「呂布」「井伊直虎」「織田のぶニャ」のゲーム画面公開!
DOAX3 追加水着第20弾「マンボウ」が配信!胸元がキュートなミニスカコスチューム!
ファイアーエンブレム無双など、ニンテンドースイッチ&3DS中心に新作が多数発表!
【GGXrdR2】前作持ちアップグレードは2000円!梅喧などのゲームスクショも公開!
日本一ソフトウェア、2つ目のカウントダウンサイトが終了!内容が予想外すぎるんだが…。
「四女神オンライン」 女神様のTシャツ、缶バッジ、ドッグタグなどのグッズが登場!【ネプテューヌ】
「閃乱カグラEV 桜エディション」ダウンロード版が2988円で購入可能セール中!2/15まで
MHXXの砦「ラオシャンロン」はクエ開始後待ち時間なし!大砲の弾も進化し、新ギミックあり!
閃乱カグラPBS初回特典衣装「お掃除メイドさん スプラッシュセット」のプレイ動画公開!
ブルーリフレクションの高画質戦闘プレイ動画公開!おしゃれなIFをチェック!
「ねぷねぷ☆コネクト カオスチャンプル」 オリキャラ郵便配達員「アメイル」&商人「マー」登場!
SG/ZHスクールガールゾンビハンターはお色気目当てで購入する価値はあるのか?
「ブルーリフレクション」のプレイ動画が公開!異世界探索や、アイテム回収、戦闘シーンを収録!
VRゲームは遂に匂いが出る時代!「VAQSO VR」がなんか凄い!小型でPSVRでも使用可能
外山D グラビティデイズ3など、シリーズの今後の予定はいまのところなし。



PS4Proに向け、おすすめの4K対応テレビについて遅延含めて考えてみる

公開日:

topbb-ps021

4K向け、ゲーム用テレビについて

 

PS4Pro発売、どうせなら4K画質に対応したテレビがほしいところですね。
正直自分はテレビなどの関しては詳しくないですが、コスパと性能面を両立したゲーム記事がファミ通様に載っていたことを思い出しました。

ということで、ファミ通様とテレビ公式からゲーム向けとして推奨されているモデルであれば、購入しても問題なさそうなのでちょっと紹介。

4K対応について

4K画質を出力するには、HDRに対応している必要があります。
3840×2160ドットの4K解像度、これを満たしていないことには始まりませんね。
ps_0149
一応、テレビ側でも色彩豊かにしてくれるようですね。
ps_0150

レグザのM500Xがおすすめ

普通にテレビを見るだけならば、適当に画質が良いものを選べば問題ないでしょうね。
しかし、ゲームをプレイするならば、コントロールと画面のラグである遅延をできるだけ軽減したいもの。
ps_0144

そこで、PS4proの発売決定した時に週刊ファミ通内にて紹介されていたのがレグザの「M500X」シリーズです。

このテレビの機能一覧。
ps_0151


非・倍速モデル、ほとんど遅延なし

ファミ通様によれば、遅延が0.5フレーム以下のモデルも数少ない中で存在するとのこと。

このM500Xシリーズは非倍速モデルとなっている模様。
60fpsの4K映像出力でも、0.35フレームまで抑えられているとのこと。
480iや720pなどの全世代機種の画質でも、大画面で表示してくれるようですね。
ps_0148

◆倍速とは
一応メモ書き。
倍速モデルとは、映像の残像を低減するためのもので、テレビがこの処理を行ってしまうと、出力まで時間がかかってしまい、結果的に遅延が発生してしまいます。

そのため、ゲームをプレイするにあたっては倍速なしのほうが良い。
搭載されていないor無効にできるテレビモデルを選ぶことが必要になります。

インチサイズ

レグザM500Xは、3つのモニターサイズが展開されています。
以下、幅×奥行き×高さの順番。

◆58インチ:130.0×20.2×81.6cm
ps_0145

◆50インチ:112.5×17.8×71.0cm
ps_0146

◆40インチ:90.3×17.8×57.6cm
ps_0147

レグザM500X公式サイトへ移動する


同じインチテレビと比べても低価格。
表かなどを見ると、60インチで25万台のテレビと比べると若干色彩部分が弱いなどの声もあるようですが、ほぼ同サイズの58インチが15万ならいいと思う。
ファミ通には40インチが13万を書かれていましたが、現在はちょっと安くなっているようですね。

公式からゲームに最適である保証があるという部分も、これだ!という決めてになりました。

ということで、問答無用で58M500Xを購入。
たぶん置けるだろう。



◆更新報告:

一番上に戻る