PS4Proに向け、おすすめの4K対応テレビについて遅延含めて考えてみる

公開日:

topbb-ps021

4K向け、ゲーム用テレビについて

 

PS4Pro発売、どうせなら4K画質に対応したテレビがほしいところですね。
正直自分はテレビなどの関しては詳しくないですが、コスパと性能面を両立したゲーム記事がファミ通様に載っていたことを思い出しました。

ということで、ファミ通様とテレビ公式からゲーム向けとして推奨されているモデルであれば、購入しても問題なさそうなのでちょっと紹介。

4K対応について

4K画質を出力するには、HDRに対応している必要があります。
3840×2160ドットの4K解像度、これを満たしていないことには始まりませんね。
ps_0149
一応、テレビ側でも色彩豊かにしてくれるようですね。
ps_0150

レグザのM500Xがおすすめ

普通にテレビを見るだけならば、適当に画質が良いものを選べば問題ないでしょうね。
しかし、ゲームをプレイするならば、コントロールと画面のラグである遅延をできるだけ軽減したいもの。
ps_0144

そこで、PS4proの発売決定した時に週刊ファミ通内にて紹介されていたのがレグザの「M500X」シリーズです。

このテレビの機能一覧。
ps_0151

非・倍速モデル、ほとんど遅延なし

ファミ通様によれば、遅延が0.5フレーム以下のモデルも数少ない中で存在するとのこと。

このM500Xシリーズは非倍速モデルとなっている模様。
60fpsの4K映像出力でも、0.35フレームまで抑えられているとのこと。
480iや720pなどの全世代機種の画質でも、大画面で表示してくれるようですね。
ps_0148

◆倍速とは
一応メモ書き。
倍速モデルとは、映像の残像を低減するためのもので、テレビがこの処理を行ってしまうと、出力まで時間がかかってしまい、結果的に遅延が発生してしまいます。

そのため、ゲームをプレイするにあたっては倍速なしのほうが良い。
搭載されていないor無効にできるテレビモデルを選ぶことが必要になります。

インチサイズ

レグザM500Xは、3つのモニターサイズが展開されています。
以下、幅×奥行き×高さの順番。

◆58インチ:130.0×20.2×81.6cm
ps_0145

◆50インチ:112.5×17.8×71.0cm
ps_0146

◆40インチ:90.3×17.8×57.6cm
ps_0147

レグザM500X公式サイトへ移動する


同じインチテレビと比べても低価格。
表かなどを見ると、60インチで25万台のテレビと比べると若干色彩部分が弱いなどの声もあるようですが、ほぼ同サイズの58インチが15万ならいいと思う。
ファミ通には40インチが13万を書かれていましたが、現在はちょっと安くなっているようですね。

公式からゲームに最適である保証があるという部分も、これだ!という決めてになりました。

ということで、問答無用で58M500Xを購入。
たぶん置けるだろう。



◆更新報告:


DOAXVVに新キャラ「みさき」 登場→荒れる。「レイファンやティナとかいない」「X3はなんだったの?」
「しあわせ荘の管理人さん。」VR対応断念が発表。理由、ソニーチェック入ったか?
モンハンワールド「発売日早い」「ワクワク感が凄い」「辻本氏ありがとう」
DMM版DOAXには新キャラ「みさき CV:津田美波」が登場!髪型はサイドポニー
PSカンファレンス「良かったは3割」モンハンがほぼ全ての発表だった気がするよ…。
モンハンワールド「ネルギガンテ」が看板モンス!発売日が2018年1月26日に決定!
アトラス「十三機兵防衛圏」 約一年ぶりに新規映像が公開される。
PSVR本体+カメラが44980円へ値下げ。実質5000円のプライスダウン
PS4「アイドルマスターズ ステラステージ」12/21発売決定!プロデューサー久多良木勇人さんに反応する…。
PS4ディシディアファイナルファンタジーNT、ノクトが参戦へ
「真・三國無双8」多数の武将、新モーションを収録した動画
「ぎゃる☆がん2」がPS4&スイッチで発売決定PSVitaよ…さらば!
サヤカ CV:野中藍「実はスパッツではない」「靴下の位置はアンケで決まった」【サルゲッチュ3】
「ソニーカンファレンス2017」間もなく。期待は本体値下げなのか
3Dゲームの最大の素晴らしい点はパンツが見られたり、360度見回せること

一番上に戻る