◆新着記事(20件表示)

「仮面ライダーエグゼイド」これまでの10本のガシャット、レベル5まで総まとめした画像!
「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」 NS版とWiiU版の比較動画、全体的に見栄え良くなってる?
鉄拳7 「クマ」と「パンダ」が参戦決定!今回は別々で登場!オンライントーナメントモードも実装、発売日は来月発表!
「仮面ライダーゴースト 超全集」は12/10発売!いつもの完全版データブック!
グラビティデイズ2の魅力が分かるPVで、これまでの要素を総まとめ!やり込みやパワーアップ点など
フィリスのアトリエ DLC第1弾で水着コスチューム、追加キャラ「ハインツ」が配信!
VRカノジョの発売日が決定!Oculus Touchにも対応で疑似的にお触り可能
MHXX 全武器で使える新要素「SP狩技」や、レンキンスタイルの回数ごとの作成アイテムまどが判明!
「カオスチャイルド らぶchu☆chu!!」 限定版晩から朝までらぶchu☆chu!!セットや、先駆けTVCMが公開
DOAX3 追加水着第18弾はサンタコスチューム!【やや不確定】
DOA5LR×アクアプラスコラボ 「うたわれるもの」ハクオロさんやクオンなどのコスチューム画像
FF15「チャプター13:奪還」 誰もが思う苦悩、中村悠一氏の発言も話題になる。
「しあわせ荘の管理人さん。」 キャラモデリングを改良!開発「1本で遊べる設計にしているので安心して」!
「四女神オンライン」 全キャラ覚醒奥義集的な動画公開!自在なスキル設定や、ねっぷねぷにできる作戦指示など!
Fate/EXTELLA DLC第5弾「stay night衣装」では、青セイバー・無銘・ギルガメッシュが配信!
DOAX3 追加水着第17弾「ビスケット」配信開始!クリスマスにぴったりなトナカイ仕様に!
結城美柑のランジェリー姿のフィギュアが発売決定!クリーム色の下着が美しい!【To LOVEる ダークネス】
「閃乱カグラ PBS」 プレイ動画入りPVでマル秘フィニッシュや、カードコレクションなどの新要素が確認!
スタイリッシュにねぷねぷ「パープルハート様」の1/7フィギュアが発売!
「ガンガンピクシーズ」 予約特典や限定版内容、ゲームの流れなどの情報が公開
「スクールガールゾンビハンター」 脱いだ下着を囮にする異例のゲーム画面や、協力プレイなどが公開!
コエテクStoreセール開催決定!「DOAX3」や「真・三國無双 英傑伝」など!
MHXX 新二つ名「銀嶺ガムート」「天眼タマミツネ」「青電主ライゼクス」や、レンキンスタイルも確認できる映像公開
ニーアオートマタ体験版「DEMO 120161128」配信日が決定!
MHXX発売に向けて、3DSLLが持ちやすくなるハンティングギアグリップが登場!
FF15、日本国内売上は70万本届かないくらいと判明。
「ガンガンピクシーズ」 限定版ガンピク・エディションイラストや、女の子のプライベートショットなどが公開
「ラチェット&クランクTHE MOVIE」がPS Storeでも配信決定!限定版生産は2017年3月まで
FF15アップデートで ノクト以外のキャラも無料プレイアブル、強くてニューゲーム、無敵スーツなど実装予定
【悲報】「ねぷねぷ☆コネクト カオスチャンプル」、配信時期が2017年に延期へ。お詫び石などあり



PS4Proに向け、おすすめの4K対応テレビについて遅延含めて考えてみる

公開日:

topbb-ps021

4K向け、ゲーム用テレビについて

 

PS4Pro発売、どうせなら4K画質に対応したテレビがほしいところですね。
正直自分はテレビなどの関しては詳しくないですが、コスパと性能面を両立したゲーム記事がファミ通様に載っていたことを思い出しました。

ということで、ファミ通様とテレビ公式からゲーム向けとして推奨されているモデルであれば、購入しても問題なさそうなのでちょっと紹介。

4K対応について

4K画質を出力するには、HDRに対応している必要があります。
3840×2160ドットの4K解像度、これを満たしていないことには始まりませんね。
ps_0149
一応、テレビ側でも色彩豊かにしてくれるようですね。
ps_0150

レグザのM500Xがおすすめ

普通にテレビを見るだけならば、適当に画質が良いものを選べば問題ないでしょうね。
しかし、ゲームをプレイするならば、コントロールと画面のラグである遅延をできるだけ軽減したいもの。
ps_0144

そこで、PS4proの発売決定した時に週刊ファミ通内にて紹介されていたのがレグザの「M500X」シリーズです。

このテレビの機能一覧。
ps_0151


非・倍速モデル、ほとんど遅延なし

ファミ通様によれば、遅延が0.5フレーム以下のモデルも数少ない中で存在するとのこと。

このM500Xシリーズは非倍速モデルとなっている模様。
60fpsの4K映像出力でも、0.35フレームまで抑えられているとのこと。
480iや720pなどの全世代機種の画質でも、大画面で表示してくれるようですね。
ps_0148

◆倍速とは
一応メモ書き。
倍速モデルとは、映像の残像を低減するためのもので、テレビがこの処理を行ってしまうと、出力まで時間がかかってしまい、結果的に遅延が発生してしまいます。

そのため、ゲームをプレイするにあたっては倍速なしのほうが良い。
搭載されていないor無効にできるテレビモデルを選ぶことが必要になります。

インチサイズ

レグザM500Xは、3つのモニターサイズが展開されています。
以下、幅×奥行き×高さの順番。

◆58インチ:130.0×20.2×81.6cm
ps_0145

◆50インチ:112.5×17.8×71.0cm
ps_0146

◆40インチ:90.3×17.8×57.6cm
ps_0147

レグザM500X公式サイトへ移動する


同じインチテレビと比べても低価格。
表かなどを見ると、60インチで25万台のテレビと比べると若干色彩部分が弱いなどの声もあるようですが、ほぼ同サイズの58インチが15万ならいいと思う。
ファミ通には40インチが13万を書かれていましたが、現在はちょっと安くなっているようですね。

公式からゲームに最適である保証があるという部分も、これだ!という決めてになりました。

ということで、問答無用で58M500Xを購入。
たぶん置けるだろう。



◆更新報告:

一番上に戻る