「仮面ライダーG3-X」 まとめも

仮面ライダーG3 仮面ライダーG3-X

 

仮面ライダーG3」の強化形態で、力不足を感じて”新しいG3“として誕生した戦闘用装備。
強化され、搭載されているAIが完璧すぎたため、装着者の氷川誠は装備と協調することができず、暴走してしまうことがあった。
完成当初のG3-Xを装着員が使いこなすには、深く考え過ぎない心情、無駄な力を入れないこと、つまりリラックスが大切とされている。

最終的には、完璧すぎるAIレベルを落とすための制御チップを取り付けて対策を行なった。

G3-Xは「Generation-3 eXtension」の略称。
仮面ライダーG3-X

【身長】:192cm
【体重】:176kg
【パンチ力】:2.5t
【キック力】:7.5t
【ジャンプ力】:ひと跳び20m
【走力】:100mを8秒
【視力】:15km先の看板を正確に読み取れる
【聴力】:15km四方のささやき声が聞き取れる
【防御力】:10
【初登場】:22話
【分類】:★★★★
【モチーフ/属性】:未確認生命体第4号、仮面ライダーX
(部位名称等から)

仮面ライダーアギト まとめ
仮面ライダーアギト まとめ に戻る
全仮面ライダー まとめ に戻る


変身

Gトレイラーでサポートをしてもらい、装着して出撃する。
元々の仮面ライダーG3と差異はない。

能力

前の仮面ライダーG3に比べて約2倍~3倍ほどのパワーアップを遂げている。
背中に装備されている巨大なバッテリーも容量が2倍、重量も1/3に激減と基本的なパフォーマンスから向上されている。

AI搭載

G3-Xには、意思があるといっても過言ではなく、装備者に適切な行動・攻撃をとるAIが搭載されている。
劇中では、そのAIに協調することができずに悩んでいた装備者氷川誠が、V1システムが向けた銃から敵と判断したAIシステムを制御できずに暴走してしまった。

暴走状態といってもG3自体が自動で戦うシステムはないので、装備者の意識と協調してシステムが働く。

武器

仮面ライダーG3-X」として使用し始めた武器を記載。
G3地点で使用していた武器の詳細は省きます。


GM-01<スコーピオン>

【初使用】:22話

発使用はVPシミュレーションルーム内であり、実践ではない。
仮面ライダーG3-X

GM-03<デストロイヤー>

【初使用】:38話
仮面ライダーG3-X

GA-04<アンタレス>

【初使用】:39話
【重量】:3.25kg

使用されたのは仮面ライダーG3-Xからだが、書籍等ではG3地点から使用可能とされている装備。
仮面ライダーG3-X

先端に取り付けられているフックを発射し、ターゲットを拘束したり、自身を高所へと登る支援用として使われるユニット。

GX-05<ケルベロス>

【初使用】:23話
【重量】:6.78kg

装填弾薬120発もの弾丸を高速連射可能な、典型的なガトリング砲。
弾薬は武器本体の右側に装填されており、弾薬がなくなった場合は背中のバッテリー下部に2倉予備が用意されている。
通常はアタッシュモードとしてガードチェイサーの後部に収納されている。
仮面ライダーG3-X

使用時は、ガードチェイサーの前方スクリーン左側(GM-01~03解除ボタンの右側)のボタンを押し、固定装置を解除。
取り外し、パスワードを入力してロックを解除することでバルカンモードになり使用可能となる。

ロック解除パスワードは、1・3・2・解除ボタン。

【使用音声】:(ボタン入力音)~カイジョシマス!

その連射速度は秒間30発で、遠距離攻撃手段を持たないアギトに匹敵する大きな破壊力を秘めた武器として活躍。

また、武器右側にはライトの付与することが可能で、暗所にも対応できる。

GXランチャー

【初使用】:29話
【威力】:30t

GX-05<ケルベロス>」にレーザーポインターと「GM-01<スコーピオン>」を装備し、銃頭に赤色の「GX弾」を装備したもの。
GX弾は「GX-05<ケルベロス>」の後部に収納されている。
ロックオンで狙いを定めてから、慎重に使用されるG3-Xの必殺技クラスの武器。
仮面ライダーG3-X

装着したレーザーポインターの映像は、G3に送られて標的を確認することができる。

GK-06<ユニコーン>

【初使用】:38話

全長52cmのコンバットナイフで、書籍等には威力は「M-03<デストロイヤー>」の半分と記載されている。
携行時には刃の部分が小さく収納されており、全長は31.5cm。
仮面ライダーG3-X

アギト視聴者には脳内に刻まれる、アギトの最強フォームシャイニングフォームシャイニングカリバーを折った「敬虔のカンダ」の攻撃を防ぐほどの硬度を秘めている。

必殺技

必殺技というような行動なし。
武器「GX-05<ケルベロス>」「GXランチャー」発射が主に必殺技扱いとなる。
ただし、仮面ライダーアギトと協力して行なった連携技が存在する。

マシントルネイダー&GX-05

【初使用】:40話

仮面ライダーアギトが運転をする「マシントルネイダー:スライダーモード」の上で仮面ライダーG3-Xが「GX-05<ケルベロス>」を使って逃げる敵を追いかけながら攻撃する。
仮面ライダーG3-X

高速移動が可能なアギトと、遠距離攻撃が可能なG3が力を合わせて行なった作戦の一つ。

GA-04<アンタレス>

【初使用】:特別DVD

使用時に技名を発したため、必殺技として分類。
GA-04<アンタレス>」を高所に引っ掛けて、ワイヤーアクションを行ないながらターゲットに蹴りを入れる。
ただし、必殺技としてのトドメとしてはあまりにも威力不足。


仮面ライダーアギト まとめ
仮面ライダーアギト まとめ に戻る
全仮面ライダー まとめ に戻る

一番上に戻る