「仮面ライダーギルス」 まとめも

仮面ライダーギルス 仮面ライダーギルス 全フォーム共通項目

 

仮面ライダーギルス」の全形態共通項目を記載。
変身者は葦原涼
変身能力に目覚めているが、あかつき号事件に関与している人物ではない。

仮面ライダーアギトに対して、不完全に光の力が覚醒してしまった存在。
劇中では”珍しい“や、”彼もまたアギトの一種“という表し方がされた。

変身するたびに変身者を老化させてしまうデメリットを持つ。
一度命を落としてしまった葦原涼だが、風谷真魚の超能力によって生き返ったことで老化の副作用が解消された。
さらに、アギトの力を会得したことによって変身可能となったエクシードギルス解禁後には力を完全に制御できるようになった。

変身者である葦原涼は、自分自身がアギトではなく、ギルスという存在であることを知らない。
アギトとして呼ばれることもなく、劇中では”謎の生物“という名称で呼ばれている。

仮面ライダーアギト まとめ
仮面ライダーアギト まとめ に戻る
全仮面ライダー まとめ に戻る


フォーム

仮面ライダーギルス
エクシードギルス

能力

仮面ライダーギルス」として覚醒した者が所有する超能力を記載。

アンノウン感知

仮面ライダーアギトに対し、不完全なためか変身に自己覚醒するまでは苦しみとして伝わった。
アギト同様に、アンノウンの行動に反応して察知することができる。

ギルスアントラー

力がみなぎるとホーンが展開するアギトに対し、ギルスは大ダメージ等でパワーを失うと頭部のギルスアントラーが伸縮して能力が低下してしまう。
つまり、伸びている状態が通常時となる。
仮面ライダーギルス 仮面ライダーギルス

バイク

仮面ライダーギルス」が搭乗する共通したマシンを表記。
アギト同様に、変身を行なわなければ、姿を現すことはない。


ギルスレイダー

【初登場】:12話
【最高時速】360km/h

葦原涼が搭乗するホンダXR250が変身と共に変化したもの。
仮面ライダーギルス

まるで生きているかのような性能を持ち、ギルスの思いを通じて自動走行が可能なバイク。
自己修復能力も備わっている。
ホイールの回転は、ギルスの意思に連動しており、細かい調整が可能。


仮面ライダーアギト まとめ
仮面ライダーアギト まとめ に戻る
全仮面ライダー まとめ に戻る

一番上に戻る