「仮面ライダーアギト バーニングフォーム」 まとめも

仮面ライダーアギト 仮面ライダーアギト バーニングフォーム

 

仮面ライダーアギト」の強化形態で、最強フォームの一歩手前。
劇中本編では、具体的な変身覚醒条件は不明だが、自分自身のために戦うことを決意したことが有力。
児童誌には怒りのパワーが爆発したとも記載されている。
タイミング的に、風谷真魚が作った手作りお弁当がパワーアップアイテムと言われることもある。

身体は赤色を基準に、角は6本角フル展開、目や角の変色など、以前の変身フォームに比べて大きく外見が異なっている。
仮面ライダーアギトであるというフォルムは見た目で判断できるものの、変身ベルトであるオルタリングの形状も別物になっている。
仮面ライダーアギト バーニングフォーム

【身長】:195cm
【体重】:95kg
【パンチ力】:25t
【キック力】:15t
【ジャンプ力】:ひと跳び15m
【走力】:100mを6秒
【視力】:30km先の看板を正確に読み取れる
【聴力】:30km四方のささやき声が聞き取れる
【防御力】:10
【初登場】:34話、「劇場版 仮面ライダーアギト PROJECT G4」
【分類】:★★★★
【モチーフ/属性】:龍/炎

仮面ライダーアギト まとめ
仮面ライダーアギト まとめ に戻る
全仮面ライダー まとめ に戻る

変身

グランドフォームなど、以前の変身とは異なる変身ポーズをとる変化が見られる。
物語によって覚醒の過程が異なっており、その覚醒の条件も不明部分が多いフォーム。
仮面ライダーアギト バーニングフォーム

TVスペシャル版では怒りのパワーで覚醒したとされており、初変身時には力を抑えきれずに暴走して、記憶喪失後にお世話になった国枝東に襲いかかってしまった。

能力

シャイニングフォームに比べて、高いパンチ力など高い攻撃力を引き換えに、スペード面では鈍くなっている。
仮面ライダーアギトが変身するフォーム中では、一番の鈍足で素早い敵を苦手とする。

暴走

そのあり余るパワーを秘めているゆえに、暴走してしまう危険性がある。
TVSPでは、初めてバーニングフォームに変身した際に、

武器

シャイニングフォームと共通の武器を使用して戦うことができるが、使用するモードが異なる。


シャイニングカリバー シングルモード

【初使用】:35話、「劇場版 仮面ライダーアギト PROJECT G4」

バーニングフォームが主に使用する武器の形態。
ベルトから出現した時はS字型のエマージュモードとして出現し、その状態から両端の刃を伸ばし、切り離さずに使用する。
武器出現時に操作は必要とせず、自分の意思で出現させることが可能。

ナギナタ、ストームハルバードのような使用方法が可能。
仮面ライダーアギト バーニングフォーム 仮面ライダーアギト バーニングフォーム

必殺技

必殺技はパンチ攻撃を主力とし、シャイニングカリバーを使用した必殺技も使用可能。

バーニングライダーパンチ

【初使用】:34話
【威力】:25t

右手に炎のパワーを溜め、重みのある一撃パンチを一歩踏み出して行なう必殺技。
このフォームの荒々しい戦いっぷりと、力強さが滲み出ている。
仮面ライダーアギト バーニングフォーム

バーニングボンバー

【初使用】:35話
【威力】:45t

シャイニングカリバー シングルモード」を使用した必殺技。
炎を纏わせたシャイニングカリバーで敵を切り裂き、斬られたターゲットは身体全体が炎上して爆発する。
通常攻撃からさりげなく発動ができ、この必殺技でこれまで手も足も出なかった水のエル撃退に成功した。
仮面ライダーアギト バーニングフォーム


仮面ライダーアギト まとめ
仮面ライダーアギト まとめ に戻る
全仮面ライダー まとめ に戻る

一番上に戻る