バレットガールズ2 攻略 逆尋問訓練

バレットガールズ2 攻略

バレットガールズ2 攻略 逆尋問訓練

 

本作品で初実装となった「逆尋問訓練」。
尋問訓練」とはうって変わったゲームルールとなっていますが、尋問訓練ということで尋問に使うアイテムは共有して使うことになります。

逆尋問訓練について

制限時間は60秒。
この60秒という数字は、尋問アイテムを選択している時間を示すもので、実際はもっと時間がかかります。

ゲージの種類

尋問訓練にもBadGoodが存在したのと似たようなもの。
こちらは、尋問してくれる女の子の性格やノリを表すゲージと言えば分かりやすいかも。
ゲージがMAXになった方向や選択で、キャラクターの態度が変化します。

Soft!:やんわり尋問してくれる
Hard!:キツく尋問してくれる

逆尋問訓練の流れ

逆尋問訓練は、「プレイヤーが尋問に使うアイテムを指定数タッチ→ボタン連打で尋問してもらう」という流れ。

重要な点は
◆どれだけ攻撃力が高い尋問アイテムで尋問してもらったか
→尋問アイテムにはSoft!Hard!別々に攻撃力が設定されています
→尋問アイテムは尋問訓練と異なり、攻撃力が直接スコアに関係してきます
◆尋問してもらった回数を増やす
→できるだけたくさん尋問アイテムを指定する

尋問アイテムを選択する

画面上に浮かび上がる、使ってほしい尋問アイテムをタッチしていきます。
この時、待っていても時間が経過するばかりなので、LボタンかRボタンを使ってカメラ変更をすることで、浮かんでいる尋問アイテムを再配置することができます

できるだけ迅速にタッチすることが重要!
といいたいところですが、そこまで急がなくてもSSSランクは取得可能です。

Soft!かHard!を選択する

どっちでも、好きなほうを選べばOK。
中盤はゲージが溜まっていないほうを選んでみましょう。
topbb-bulletgirls0001

尋問してもらう

尋問アイテムを一定数選択したら、画面右上に紫色のゲージが出現。
このゲージがなくなるまで、×ボタンを連打することで女の子が尋問アイテムを使って攻撃しれくれます。
記載はありませんが、画面タッチでもOK
バレットガールズ2

正直、ボタン連打はゲーム機の寿命を縮めるので、一定スコアまで達したら何もしないほうが良いかもしれません。

Sランク以上取得を目指して

上記の、カメラ位置変更による尋問アイテム再配置さえ行えば、SSSランクは簡単です。
再度記載しますが、くれぐれもボタン連打でゲーム機壊さないようにご注意を。

バレットガールズ2 攻略
バレットガールズ2(Bullet Girls 2) 攻略まとめ

一番上に戻る