エロ催眠術でおっぱいとか出してしまった系女の子ってアリ?

公開日:

催眠術, おっぱい エロ催眠術でおっぱいとか出してしまった系女の子ってアリ?催眠って人として最低だと思うの
おっぱい

最低でもいいや
おっぱい

常に語尾がおっぱいになる催眠術をかけておいたぞ

催眠術, おっぱい エロ催眠術でおっぱいとか出してしまった系女の子ってアリ?催眠
おっぱい

そんなバカなおっぱい

催眠奴隷おねショタ
大好物

好きなイラストレーターが描いてると
つい買ってしまうおっぱい

でも催眠が好き
そうでしょ?

催眠術, おっぱい エロ催眠術でおっぱいとか出してしまった系女の子ってアリ?催眠音声は効かなかった
疑心暗鬼なのかな俺

催眠は男も女もみんな幸せになれる

催眠音声ってエロシチュエーションCDとなにがちがうの

催眠術なんて効くわけないでしょ
とか言いながらエッチなことしてるの大好き

モブ催眠

エロゲだと昔から一定の供給あったけど
ここ最近は薄い本での催眠物やたら増えた印象

物語考えるのが苦手な素人でも作りやすからな

催眠術が使えるから1P目から即セックス
便利すぎる……

催眠は仮定や葛藤をしっかり描いて欲しい
おっぱい

催眠術, おっぱい エロ催眠術でおっぱいとか出してしまった系女の子ってアリ?紹介してもらったこれ
よかったよ

催眠遊戯はよかったけど催眠演舞はダメだったね

中古価格が段違い
積んだままだが

自分は催眠演舞もけっこう好きだけどなぁ

催眠術, おっぱい エロ催眠術でおっぱいとか出してしまった系女の子ってアリ?このシリーズはやはりアタマ一つ抜けてる
1年生はやや変化球だったけど

どんな感じなの?

催眠術, おっぱい エロ催眠術でおっぱいとか出してしまった系女の子ってアリ?魔法少女
王道の学園支配展開もあった

ありがとう
ノベルじゃいちいち学年支配するごとに学園支配してたな村越

要はメダパニだろ
マホカンタ張ろ

催眠術, おっぱい エロ催眠術でおっぱいとか出してしまった系女の子ってアリ?メダパニは混乱だから攻撃されるぞ

催眠は人形化と常識変換がとてもヌける

エロゲだとせっかく素晴らしい力持ったのに
妹だけだったり学園内だけだったり
スケールの小さい使い方するヤツばかりで残念

エロゲで世界征服されてもなぁ

同系の能力者が居たり対策持ちがいたりするかもしれんし
身の丈にあった事するほうがいいんじゃない?

スケールでかくなると催眠じゃなくほぼ透明人間が国を股にかける
暗殺や情報抜き取るようなエージェントになってたな

催眠物は後日談が気になっちゃう

操心術とかシリーズ進むと規模大きくなっていってたな

新作が出る度に斜め上に突き進んだな

スケールデカくなると矛盾が出てくるばかりだからな

催眠術を使うスパイ物とか

誤認系が大好物もっと増えて欲しい
そういう意味では愛上陸と催眠学園123はヨシ!
まあそれとは別にルネは催眠シリーズの新作はよ

単に発情させるとかだと薬でも出来んじゃんってなるから
やっぱり常識変換とか誤認とかが催眠エロの真骨頂じゃないかと思う

傍目から見たらどう考えてもおかしなことをさも当然のようにやらせる
それが催眠の醍醐味

催眠も細分化し過ぎて万人が納得するものは無理という
独占物が好きです

昔遊んだそのままズバリ「催眠術」だったかは面白かった
リメイクあったがいらねぇ。そのまま移植しろよ!

催眠学園は3年生のキャラでもっと色々見たかったわ
キャラ増やしすぎてシチュ分散しちゃうの悲しい

3年生だけやったけどビッチ人格をインストールしたのに最後まで独占でうn?ってなったり
散々アナル拡張してきて最後にアナル快感を前穴に移す!アナル本番なし!でううn?ってなったり
細部に気になるところ多すぎた

ビッチがどういうものかわからないから一日十回ネットでネタ捜ししながらオナニーさせられて疲弊する先生かわいそうです

催眠術, おっぱい エロ催眠術でおっぱいとか出してしまった系女の子ってアリ?む川先生好き

催眠は途中で正気に戻ってほしい

私もう取り返しのつかないところまで来た時点で満を持して解除するシチュ好き!

催眠より肉体乗っ取り系が好き
意識はしっかりとあるのに体が命令通り好き勝手されちゃうってやつ
「止めろ!見るんじゃねぇッ!」とか言いながら、自分からケツ肉開いて肛門を見せてくるシチュとかが好き
で、最後には泣き崩れちゃったり

催眠演舞は前作ヒロイン(の先生)に手を出せないのが駄目

催眠をかけるも
主人公ではなく、適当なおっさんとラブラブエッチさせて
そのまま妊娠→堕胎不可になったら解いて絶望させる
ってのが一番問題がないシチュエーションな気がするけど
大抵主人公とやっちゃうのよね
なんかないかしら

意識は戻るけど身体の自由が効かないの好き

一番上に戻る