ソウルキャリバーのコンパチキャラ、それっぽいキャラっているじゃん?

公開日:

ソウルキャリバー ソウルキャリバーのコンパチキャラ、それっぽいキャラっているじゃん?でもDOAやってて思ったのは水増しを増やすんじゃなくて 
既存を洗練して欲しいんだよな 
キャラ数稼ぎで5のキャラやコンパチばっかねじ込まれても鬱陶しいだけだし

けど、5のキャラの大半は4までのキャラのコンパチだから、
隠しキャラとして出しやすくはある。
タキをレギュラーで出しといて、隠しで完全コンパチのナツとか。

何をもってコンパチとするかだが

御剣 吉光
ソン・ミナ キリク
リ・ロン マキシ
ロック アスタ
ジーク ナイトメア
ラファエル エイミ

右のキャラのコンパチが左のキャラとも言える
リザードマンも元はソフィーのコンパチだっけ?
ようはコンパチだろうが、人気でるキャラはいるだろうし
結果、後があれば独立してキャラ立ちするかもしれんしなぁ

 

リザードマンは元はソフィーコンパチだったけど。
5で今はPSPのBDのゲストだったクレイトスのコンパチキャラ。
5では、自我を取り戻したんじゃなかったっけ?
だから、キャラ名もアイオーンになったんじゃなかったか?


少し複雑な話だけど 
御剣より吉光(鉄拳)の方が先でね? 
そもそもコンパチってなんだろうね? 
昔々のケンみたいな完全な皮違い?一部含むモーション流用? 
compatibleって両立とか並立とかって意味だよね

じゃあ、吉光のコンパチが御剣って言いたいの?
初代御剣の技が、鉄拳の吉光からの流用ありきで成立してたらそうだろうけど
実際は逆じゃない
キャラの成立の後先の話じゃなく、ベースとなるキャラが何かってこと
ただ、アスタとかはロックの代わりに出てきたキャラだから本来、コンパチじゃないはずなんだけど
ロックが復活して技がかぶったりで結果、どっちかがコンパチだって話になってしまう

鉄拳の吉光とキャリバーの初代吉光(5では二代目吉光)は、全然違うよ。 
鉄拳の吉光は刀を持ってはいるけど、基本的に刀で攻撃することはない。 
鉄拳の吉光の刀を使う技は、一部の特殊技のみ。 
キャリバーの吉光は、刀を使った武器格闘で、攻撃のときに普通に刀を使う。 
そして、キャリバー1で初代吉光が登場した時は、基本的に御剣のコンパチキャラだったわけ。

今の鉄拳の吉光はバリバリ刀使ってるんだよなぁ
鉄拳5までは基本的に刀を使う技はガード不能だったけど、今は普通に刀をガード出来ちゃうから(無論、刀を使ったガー不技もあるが)

誤解を生まないよう、「キャリバー1と同時期の鉄拳である鉄拳3までの吉光とは違う」というべきだったか。
御剣が登場したソウルエッジが96年で、鉄拳は2までしか出ていない。
その頃の鉄拳の吉光は刀を特殊技にしか使っておらず、御剣と吉光のモーションは全然違う。
で、キャリバー1が出たのが98年で、この頃の鉄拳のナンバリングは3。
で、キャリバー1の吉光は御剣コンパチで、鉄拳3の吉光とは全然違うモーション。

ユンスンとシャンファってコンパチに該当するかな?

ファンとシャンファはコンパチだけどユンスンとシャンファは同じモーションないでしょ

鉄拳よりはマシだよ
あれ未だに三島コンパチキャラだけで4枠も水増ししてるからな

元々コンパチだったり代替だったりするけど
作品が進むごとにどんどん差別化されて別キャラになってくってザラですし
家庭用3だとユンスンと(ボーナスキャラ扱いだけど)ファンは全然違っていいキャラになってたから、
アーケード版でファンが独立キャラ扱いになるって出た時は嬉しかったな
まぁ出た結果クッソつまらんキャラと化してたんだけど


3アーケードはリロンのWヌンチャクがもったいない
家庭用はマキシの技やWヌンチャク演舞のモーション流用が多かったけど、アーケード版はモーション一新に近いリファインがされてかなり派手でいい動きしてたのにあれで終わりとは…
エディット専用流派としてでもいいから復活させてほしい。リロンが出てくれるのが一番だけど

消えたキャラはエディット流派として置いといてくれればいいかな 
キャリバー復活するかの瀬戸際だし全部盛ってもいいだろ後で売ってもいいし

ダンピエール自身は別に要らんけど流派だけは残してくれよ(´・ω・`)

エイミとラファって全然違うような気がするんだけど


初代鉄拳で言う、ポール→平八のようにキャラ1をベースに個性を加えたキャラという印象。

昔のなんとなゲームを作ろう、という中で頑張った結果の時代の名残という感じもする。
最近はキャラづくりに余裕が出来、単体でモーションが作れるようになった。
でも、昔の若干コンパチっぽいキャラに関しては、削除するか流派を丸々変えるしかコンパチと言われなくなる回避方法なないと思うし、それだとやっぱ寂しいよね。

一番上に戻る