◆新着記事(20件表示)

尻フェチ歓迎?ニーアオートマタ、2Bのスカートが脱げる方法があるらしい
【攻略】ニーアオートマタ 周回プレイにおける引き継ぎ、レベルやアイテムや装備など!鍵付き宝箱も開封可能
【攻略】ニーアオートマタ ひのきのぼう&エンジンブレードの入手場所
ブルーリフレクション 「蜷川麻央」 有名女優キャラ!仕事と勉学を両立する少女
新ヒーロー「仮面戦隊ゴライダー」なるものが判明!映画チーム分けも発表!
「グラビティデイズ2」DLC、クロウ編の配信日が決定!本編やり込みも拡張、よりレアなタリスマンが開放!
バイオハザード7にクリスが主人公のDLC配信決定!無料で遊べる!
【朗報?】ニーアオートマタトロフィーコンプリートまで、ゲーム内通貨で買える仕様に
【攻略】ニーアオートマタ 金稼ぎ&対策、きっと今後金に困ることはないと思われる装備とか
【攻略】ニーアオートマタ 「お城の宝探し」宝場所、扉の場所とか
大きなお尻に釘付け!すーぱーそに子10thフィギュアがセクシーすぎる
「閃乱カグラ」凛のおっぱいマウスパッドなどが登場!大人の魅力を凝縮!
【バグ】ニーアオートマタ アプリケーション破損や進行不能不具合が報告される。
DOAX3DLC「閃乱カグラ」水着コラボコスチューム第2弾が配信開始!意外といい感じ?
PS4用「閃乱カグラ PBS」オリジナルテーマ7種類が配信!それぞれのチームごとの壁紙あり
「四女神オンライン」DLC ステータスアップアイテムらしきものが雑誌やCDに付属へ
DOAX3、本日はかすみの誕生日!限定わくわくレベル7倍キャンペーンが実施中!
MHXX体験版の魅力を総まとめPV!初心者でもわかりやすく仕様を紹介
PS4HD版「スターオーシャン3」が発売決定!トロフィー機能追加、比較してみると全然違う!
リメイク版FF7 声優陣によるボイス収録は終了!
ブルーリフレクション 前髪パッツン女の子「森川更紗」、日菜子のバレエライバルキャラ
【おめでとう】PS4発売からジャスト3年!当時はVRゲームなんて想像も付かなかったよ
【猫の日】ねこのゲームキャラクターって意外といねぇ…。
「ねぷねぷ☆コネクト カオスチャンプル」 カードの種類や属性の不利有利表が公開!
PC版ニーアオートマタの発売日は3月10日頃!武器ごとの戦闘シーンに特化した華麗なPV
閃乱カグラPBS先行プレイ生放送配信が決定!いろいろ期待も込めて!
閃乱カグラPBS 購買部の店番少女は変えられる!くねくねフィニッシュの水の色も変更可能!
閃乱カグラPBS 2種類の射撃タイプ×10種類のウォーターガンの特徴
MHXX 狩猟笛の譜面旋律効果を下画面に表示可能に!メニュー開かなくても確認できるように
FF15DLC「ブースターパック+」収録装備の効果など



クラッシュやラチェクラ、バンカズ系統の3D箱庭ゲームまとめ

公開日:

3D箱庭ゲームまとめ

アニメチックな3Dグラフィックゲームまとめ

 

現在までにゲームというものは、多数のジャンルや系統が発売されてきています。
中でも、マリオクラッシュ・バンディクー等ゲームを始めたばかりのユーザーが非常にとっつきやすい部類。
おすすめ、というか一度はプレイして頂きたい3D箱庭ゲームまとめとなっています。

ありそうで意外とこの系統のゲームって少ないんですよね。

以下、ナンバリングタイトルに重点を置いて簡単に解説。
PS機種に偏っています。
◆クラッシュ・バンディクー
◆バンジョーとカズーイの大冒険
◆スパイロ・ザ・ドラゴン
◆サルゲッチュ
◆パックマンワールド
◆ジャック×ダクスター
◆ラチェット&クランク
◆怪盗スライ・クーパー

この手のゲームが好きな方々ならば、どのような厳選なのかたぶん理解して頂けるはず。


■クラッシュ・バンディクー

1996年12月6日初代プレイステーションで発売。
開発はノーティドッグで、宇宙初の奥スクロールアクションというキャッチコピーを持つ。

主人公は脳筋クラッシュ。
そのシンプルなアクション要素は、シリーズを重ねるごとに多彩に。
ステージごとには箱全破壊や、タイムアタックなどやりこみ要素が抜群。

初代「クラッシュ・バンディクー」より

現在では国内・海外共に完全にオワコン化してしまったシリーズ。
PS機種ではトップ10に入るほど世界的に超大ヒットした作品であり、現在もファンからの続編要望は途絶えない。


よく、クラッシュ・バンディクー4からクソゲーという声を聞きますが、PS2より完全に販売元と開発元が変わっています。
国内ではDS版クラッシュ・バンディクー フェスティバルで最後の展開。
海外では67も発売されていますが、国内展開の予定はありません。

■バンジョーとカズーイの大冒険

1998年12月6日ニンテンドー64にて発売。
開発はレア社。

攻撃担当のクマのバンジョーと、移動担当の鳥のカズーイが主人公。
ゲーム中に登場する敵がコミカルであり、オブジェ等ほとんどのものが生きているかのような目玉がついている。

ゲーム内容は見た目とは裏腹にやや高難易度。
アクションを駆使してマップに散りばめられたジグソーや、音符等のアイテムを探し回る。
収集要素が豊富であるが、作業感を感じさせない良いバランスがとれている。

初代「バンジョーとカズーイの大冒険」より

実際ゲーム中で活躍するのはほとんどカズーイとなる。

正式なナンバリング作品は2つで、のちに8年後(発売時期とリンクしている)を舞台としたバンジョーとカズーイの大冒険 ガレージ大作戦Xbox360で発売された。

■スパイロ・ザ・ドラゴン

1999年4月1日初代プレイステーションで発売。
開発はインソムニアックゲームズ。

紫の小さいドラゴンスパイロと、トンボのスパークスが主人公。
プレイヤーはスパイロを操作し、スパークスが体力ゲージの役割を持っている。

基本操作は炎を吐くとダッシュ、そして高いところから低いところへと滑空するグライド。
1作目では散りばめられたダイヤを収集しつつ、クリスタルにされたドラゴンを助けていく。
世界観は非常に独特であり、似た雰囲気を持つゲームは存在しない(管理人視点)。

初代「スパイロ・ザ・ドラゴン」より

国内では残念ながら知名度が上がらず、3作品目にあたるSpyro: Year of the Dragonは未展開。
クラッシュ・バンディクーの影に隠れてしまったイメージが強い。

システムやイメージ、雰囲気はバンカズに近いものを感じられる。

■サルゲッチュ

1999年6月24日初代プレイステーションで発売。

当時にしては独特の操作性を持ち、左スティックで移動・右スティックで倒した方向に攻撃というシステムを持っていた。
主人公はヘルメットをかぶったピポサルなのだが、実際操作するのはカケルという男の子。
サルたちと戯れるようなゲームではない。

3作目「サルゲッチュ3」より

ナンバリングタイトルは2005年7月14日に発売されたサルゲッチュ3で最後。
派生作品も非常に多く、PS3では番外編としてPS Moveを使用したフリフリ!サルゲッチュが発売された。

■パックマンワールド

1999年11月2日初代プレイステーションで発売。
開発元はナムコ・ホームテック

ゴーストから逃げ回りながら、ドットを食べた回るあのパックマンの3Dキャラとして再構築したもの。
ジャンプやダッシュ、ヒップドロップなどが可能な3Dアクションゲーム。
プライヤーは6つのワールドに区切られた世界から、ステージを回り仲間たちを助け出してゆく。

初代「パックマン・ワールド」より

国内展開はパックマンワールド2で最後。
海外では、パックマンワールド3まで展開されている。

知名度が非常に低いが、ゲームシステムとしては3Dマップに散りばめられたドットやフルーツを回収したりと良ゲーの領域。

■ジャック×ダクスター

2001年12月20日PS2で発売。
開発はクラッシュ・バンディクーシリーズと同様のノーティドッグ

1作品目ではクラッシュの要素や雰囲気を引き継ぎ、マップが完全3D化。
シームレスにロードが行われるため、全てのステージが繋がっているような感覚を得ることができ、冒険している感が非常にGOOD。
2作品目では武器を導入し、アンチャーテッドThe Last of Usでも使用されている方向キー武器変更が採用されている。

初代「ジャックXダクスター 旧世界の遺産」より

国内では2作品目のPS2ソフトJAK2で展開終了となってしまったが、のちに声優もそのままで続編の「ジャック×ダクスター 〜エルフとイタチの大冒険〜」が発売された。

海外ではラチェット&クランクと並ぶ知名度を誇るが、国内では致命的。

■ラチェット&クランク

2002年12月3日PS2で発売。
開発はスパイロ・ザ・ドラゴンシリーズと同様のインソムニアックゲームズ

多彩な武器と、近未来技術が発展した世界。
そして、敵を倒す壮快感と武器成長システム(2作品目から)により国内でも成功を収めた作品。
独創性の強いキャラクターゆえに、日本人が受け付けない点もしばしば。

PS3の1作品目「ラチェット&クランクFUTURE」より

多数の惑星を探検し、プレイを重ねていけば徐々に強くなっていくことが実感できる。

海外の作品でありながら、国内展開を欠かさずに行っているいわば、唯一の3D箱庭シリーズといっても過言ではないかと。
声優交代も一切行わずに、10年以上続いている。

最後に、2から国内版だけ眉毛が濃くなっている。

■怪盗スライ・クーパー

2003年3月6日PS2で発売。
開発は、現在Infamousシリーズで知名度をあげたサッカーパンチプロダクションズ

アメコミ作画で構成されたカットシーンや、3Dマップ。
立体的な3Dマップは主人公スライの能力、怪盗アクションを使用して縦横無尽に駆け回る事が可能。
しかし、怪盗アクションは万能ではないため、抜け道やルートを考えた上で行動をしなければならない部分も。

初代「怪盗スライ・クーパー」より

1作品目はステージ構成だが、2からは分割はわれているが複数の広大なマップへと仕様変更された。
これが現在のシリーズの形式。
小柄なオープンワールドの世界を確立している。

国内では初代と2作品まで展開。
のちに声優や設定を再翻訳し直して、国内初登場となる3も収録したHDコレクションが発売された。
しかし、4作品目Sly Cooper: Thieves in Timeにあたるは国内未展開。


ドンキーコングマリオゼルダの伝説も記載しようと思いましたが、なんとなく割愛。



◆更新報告:

一番上に戻る