モンハンワールドの女キャラ「十分かわいい」「なんか太くね?」「体格変えたい」

公開日:

女キャラ, モンスターハンターワールド モンハンワールドの女キャラ「十分かわいい」「なんか太くね?」「体格変えたい」何度繰り返しても面白い…ような気がするモンハンワールドの「キャラクターメイキング」に関するネタ。
可愛く作ることができる部分は良いとして、代わりにカスタマイズ不可能な体格部分が納得いかぬ方々が多いようですね。

女キャラ, モンスターハンターワールド モンハンワールドの女キャラ「十分かわいい」「なんか太くね?」「体格変えたい」

顔カスタマイズはほぼ完ぺきか

大分可愛く出来てるな

体のバランスはそのまんまだからなんか頭でかいな

身体はどうせ上に着込むんだ
それより顔だよわりと適当にササッと作ってたのに可愛くてこれは…拘って1日潰れるパターン…

こういう顔でいいんだこういう顔で

いいなこれ…これいいな!老人男ハンターでいこうと思ってたが女ハンターも捨てがたい…

1日かけて美少女作らないと…

キャラクリで作りこむの苦手なんだ…
有志がネットでレシピ公開してくれるだろうけどそれまで待てない
ゲーム始めた後からでも整形できるようにしてほしい

本当に顔良くなってるな今回

過去作のケツと足で興奮できたんだ
この顔がつけばもう最高だ!

今だから言うけど
やっぱ美人作れたほうが嬉しいわ!

キリン装備したい…

これキャラクリで1日潰れるどころじゃないわ…

コレだよコレ
やればできるじゃないか

ここまで来るのに長かったな…あとは装備がどうなるかだけだ

タトゥー入れたい
ペイントってことにして実装して欲しい

顔に部族っぽいペイントやタトゥー入れたい…

女キャラ, モンスターハンターワールド モンハンワールドの女キャラ「十分かわいい」「なんか太くね?」「体格変えたい」そういうのならあるから安心してほしい

エイジングもあるんだよね
体に傷跡とかも付けられるのかな

顔にはつけられるけど体はどうだろうな

可愛い顔して歴戦の勇士いい…

でも肉付きが良すぎてなんかなぁ…という方々多い

可愛いのとガタイの良さは違う…違うんだよ…

プロレスラーみたいだ・・・

顔はモデルみたいなのに
体逞しくて女子プロレスラーみたい

女キャラ, モンスターハンターワールド モンハンワールドの女キャラ「十分かわいい」「なんか太くね?」「体格変えたい」強そう

この子がデカイ樽ジョッキでビールガブガブ飲む姿に興奮した

腹回りと太ももが原因だなこれ

ドラゴンころしみたいな大剣振り回すんだから細かったらおかしいだろ

下半身隠せばまだイケるから脚が悪いんだと思う

このくらい太い方がちょうどいい

普通にいい…と思ってたに来たのに

ハンターはガタイが良くないと説得力無いしどうせインナー姿なんてここでしか見ないだろ

モンスターと戦うんだからガタイはよくないと

腿の部分が長くて脛の部分が短い気がするんだが…

おっぱいの大きさ変更出来ないかな

筋肉質な女の子って正直興奮する

鎧着てるから肌か見ることないのか…
いやでも風呂があれば…

チュートリアルの太ももが最高だったので太もも見える装備沢山あると良いな…

ムチムチで最高にエロいと思います

ロリキャラででかい武器振り回したいんだけど無理なんだろうなぁ

お腹ゆるくなくてくびれてるのがとにかく進化だ
お肉ばっかり食ってるからってこだわりの体型だったのにこだわり捨ててくれた

海外だとデカいハンマー使うならそれなりの体格にしないと文句言われるからな

手足のバランスが好き興奮する
需要はないのか…

胸とケツをもっとデカくしてください!

こんくらいでゴツいとか意味わからん
女は針金と勘違いしてるのか

鍛えてる感じの胴体いいですねぇ…

尻を大きく出来れば俺とブラジルでの需要が大きく増えるのに…

これくらい健康的な感じの体の方が良いよね…

手足短い方がエロいな…
自分を性癖を再発見したわ…

化粧が選べてそれが拡大や位置調整色の変更が可能
って時点で嫌な予感しかしない

防具の中にこのごつエロい体が隠されてると思うとちょっと興奮する

でもゴリラ呼ばわりは卒業できたと思うぞ

今までの女ハンターがゴリラ呼ばわりされてたのってモーションによるところが大きいから
今回もゴリラ呼ばわりは避けられない気がする

作り直しシステム希望

あとはこのキャラメイクがデータ内生涯一度きりのチャンスでさえ無ければ完璧なんだけどな…

性別も込みでキャラ作り直しはさせてほしいけど無理だろうなあ…

モンスターハンターで顔作り直し機能があるか気になる日が来るなんて思いもしなかった


前にも書いたような気がするけどこのくらいでいいと思うんだがなぁ。
と言うのもあくまでも個人一の意見。

一番上に戻る