PS4クラッシュはジャンプアクション制御が難しくなっていたことが確定する

公開日:

クラッシュバンディクーPS4 PS4クラッシュはジャンプアクション制御が難しくなっていたことが確定するクラッシュバンディクーPS4リマスター版、激ムズになっている原因が判明する

日本でも8月に発売予定となっている「クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!」ですが、海外でも既に発売済みとなっているのですが、ジャンプ部分の制御が難しくなっているという部分について調査&まとめている記事を発見したのでご紹介。

自分も待ちきれずに海外版を買ってしまったのですが、このへんはなんとなく察していたので…。

オリジナル版に比べてジャンプの制御が難しい

情報元よりまとめると、PS1版に比べて以下の違いが見られるようです。

  • 落下した際の落下速度が速くなっている
    →着地制御が難しくなっている
  • 着地の判定が不安定になっている
    →地面に足が接触する際、フラットな当たり判定に比べて挙動が不安定になりやすい

まとめると空中で体勢を立て直すのが難しいうえに、着地したとしてもちゃんと100%操作通りに着地できるとは限らないらしい。

ただしこの挙動は悪いことだらけではなく、足場から落ちた瞬間にジャンプするというテクニックにも応用することができるとのこと。
その部分を試しているプレイ動画より。

情報元リンクへ移動する – クラッシュPS4版のジャンプが難しくなっている理由

個人的にはジャンプの落下速度が速いということは、3のタイムアタックは若干簡単になっているかも。
クラッシュのタイムアタックのコツの一つとして、できるだけ大ジャンプを控え、飛び越えられる場所は小ジャンプで進んでいく、というものがありますが、3のタイム基準がオリジナル版と同じならば通常アクションステージはこの落下速度だけでタイムを縮めることができていると言ってもいいかも。

自分、少し前に吊り橋ステージだけなんか難しくなってね?
ジャンプが安定しねぇ!と文句を言いながらもプレイしていた身なので、今回のジャンプ激ムズ問題についてははんな納得ですね。

クラッシュバンディクーPS4 攻略クラッシュPS4 「きりのつりばしで」「カメカメジャンプ」をクリアするために
攻略クラッシュPS4 「きりのつりばしで」「カメカメジャンプ」をクリアするために

付け加えるのならばPS1版にくらべてジャンプに関しては以下の違いも判明しています。

  • 見えない世界のレベルで若干ジャンプ力が低い
  • 大ジャンプが時々最大ジャンプ力に達しないことがある

など。


自分はなんだかんだとりあえずPS4実績のトロフィーはコンプまでプレイしてしまった。
最後にプレイしたのは15年くらい前ですが、小さい頃ずっとプレイしていたので意外と覚えていることが多かった。

思うには当時は方向キーでしかプレイできなかったので、ジャンプ部分一つ取ったとしても全体的な操作性は向上しているので、極端に狭い足場を通らない限りは難易度はそこまで高くなっていないと思う。
PS1版とはナナメ方向へのジャンプとかかなり難しかったし、その点自由になっているだけ素晴らしいと思うんですが。



◆更新報告:


ToLOVEるのヤミちゃんは全てがかわいい。
「塔亰クランプール」シジリツ調査や電脳アプリ、サブキャラ「連奏ハスミ CV:吉岡茉祐」「堂島ヨミ CV:井澤詩織」
ネプテューヌVII「妄想Katharsis」は歌詞あり、音源のみどちらでも楽しめる神曲だと思う。
よるのないくに2、美少女だらけのドラマを紹介する動画。購入層の要望に間違いなく答えてる…
PS4クラッシュDLCステージ「あらしのしろ」の配信が開始!海外では期間限定無料ダウンロード可能
無双8の貂蝉デザインは大人の色機が放出された感じがする。無双5デザも結構人気
PS4「ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチ」始動、オンライン対応で大洗街全体も走りまくれる感じ
鉄拳7MODのアヘ顔動画がヤバすぎる。これがPC版を発売した代償…
真・三國無双8新規デザイン 貂蝉や孫パパなど6名分が公開!劉備ヒゲ復活したのか
「閃の軌跡3」フィーやエマ、ガイウス、ミリアムなどのVII組のクラスメイトプロフィール
限界凸城キャッスルパンツァーズ「ガンナースタイル」「ウィッチスタイル」やAPを使った戦闘システム紹介
ゲーム版「オカルティック・ナイン」パッケージ版なしか…ところでイラストに味が合っていい感じ
「デート・ア・ライブ 凜緒リンカーネイションHD版」追加要素に過去特典のドラマCD、小説が網羅されていることが判明!完全保存版じゃん
「デスエンドリクエスト」世界観やストーリー、「二ノ宮しいな」などのキャラクタープロフィール
ネプテューヌシリーズの原点は限られた人にしか評価されていなかった

一番上に戻る