コンパイルハート、新作RPGゲームを準備中!発表雑誌が電撃PSじゃなくファミ通であるところが気になる

公開日:

コンパイルハート、新作RPGゲームを準備中!発表雑誌が電撃PSじゃなくファミ通であるところが気になるコンパイルハート完全新作RPGプロジェクトが始動

現在も多数の発売予定のゲームが発表されているコンパイルハート。
日本一ソフトウェア社もびっくりのスピード、新作ゲームのティザーサイトが本日よりオープンしています。

今回はただの告知ではなく、ちょっとした工夫もされているっぽい感じです。

URLは「http://www.compileheart.com/derq/」。
DERPという文字列がヒント?

このサイト元には、「コンパイルハート完全新作RPG実況プレイ動画 」と題されたゲームプレイ動画が既に公開されています。

以下の動画、人によっては不快感を覚える可能性があるので少しだけ閲覧注意かもしれません。

コンパイルハート、新作RPGゲームを準備中!発表雑誌が電撃PSじゃなくファミ通であるところが気になる丸山和輝氏と佐藤洋平氏が「END QUEST」なるゲームをプレイする内容に。

コンパイルハート、新作RPGゲームを準備中!発表雑誌が電撃PSじゃなくファミ通であるところが気になるふ…古い…。
ジャンルは王道レトロファンタジーRPGらしい。

コンパイルハート、新作RPGゲームを準備中!発表雑誌が電撃PSじゃなくファミ通であるところが気になるこのフリーゲーム感よ。

コンパイルハート、新作RPGゲームを準備中!発表雑誌が電撃PSじゃなくファミ通であるところが気になるどっかで見たことあるようなモンスター。
そしてフィールドBGMが音が外れたドラクエ臭い。
モンスターエンカウントのSEもなんかドラクエ臭い。

コンパイルハート、新作RPGゲームを準備中!発表雑誌が電撃PSじゃなくファミ通であるところが気になる動画はどこか不穏に。
バグってる?…バグスターウィルスの仕業か!

コンパイルハート、新作RPGゲームを準備中!発表雑誌が電撃PSじゃなくファミ通であるところが気になるひと昔のブラクラ系サイトやら動画みたいになってるぞ。

コンパイルハート、新作RPGゲームを準備中!発表雑誌が電撃PSじゃなくファミ通であるところが気になる コンパイルハート、新作RPGゲームを準備中!発表雑誌が電撃PSじゃなくファミ通であるところが気になるということで、プレイ動画「END QUEST」はあくまでも今回限り。
本当の新作ゲームについては次回6/29発売の週刊ファミ通にて明らかになるとのことです。
電プレじゃないだと?
もしかしてPS系じゃない…つまりはニンテンドースイッチ向けのゲームソフトかもしれぬ。


これから先、半年以内に発売されるコンパイルハートゲームだけでも以下の通り。

  • 新次元ゲイム ネプテューヌVIIR
  • 限界凸城 キャッスルパンツァーズ
  • 塔亰Clanpool
  • デート・ア・ライブ 凛緖リンカーネイションHD

加えて更なる新作とか一体どれだけのスタッフがそれそれにゲーム制作に励んでいるんだろう…。
トロコン全部目指すやら、RPGゲームをしっかりプレイすることを考えると全作品購入は厳しすぎる。



◆更新報告:


ToLOVEるのヤミちゃんは全てがかわいい。
「塔亰クランプール」シジリツ調査や電脳アプリ、サブキャラ「連奏ハスミ CV:吉岡茉祐」「堂島ヨミ CV:井澤詩織」
ネプテューヌVII「妄想Katharsis」は歌詞あり、音源のみどちらでも楽しめる神曲だと思う。
よるのないくに2、美少女だらけのドラマを紹介する動画。購入層の要望に間違いなく答えてる…
PS4クラッシュDLCステージ「あらしのしろ」の配信が開始!海外では期間限定無料ダウンロード可能
無双8の貂蝉デザインは大人の色機が放出された感じがする。無双5デザも結構人気
PS4「ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチ」始動、オンライン対応で大洗街全体も走りまくれる感じ
鉄拳7MODのアヘ顔動画がヤバすぎる。これがPC版を発売した代償…
真・三國無双8新規デザイン 貂蝉や孫パパなど6名分が公開!劉備ヒゲ復活したのか
「閃の軌跡3」フィーやエマ、ガイウス、ミリアムなどのVII組のクラスメイトプロフィール
限界凸城キャッスルパンツァーズ「ガンナースタイル」「ウィッチスタイル」やAPを使った戦闘システム紹介
ゲーム版「オカルティック・ナイン」パッケージ版なしか…ところでイラストに味が合っていい感じ
「デート・ア・ライブ 凜緒リンカーネイションHD版」追加要素に過去特典のドラマCD、小説が網羅されていることが判明!完全保存版じゃん
「デスエンドリクエスト」世界観やストーリー、「二ノ宮しいな」などのキャラクタープロフィール
ネプテューヌシリーズの原点は限られた人にしか評価されていなかった

一番上に戻る