「塔亰Clanpool」変身した姿デジスキンや、ターン制の戦闘システムも判明!

公開日:

塔亰Clanpool 「塔亰Clanpool」変身した姿デジスキンや、ターン制の戦闘システムも判明!塔亰Clanpool(トウキョウクランプール)のイラスト、ゲーム画面が公開へ

予約特典なども発表となったPSVita「塔亰Clanpool(トウキョウクランプール)」。
発売日が2017年10月5日とデートアライブHD版と近いところを除けば不安要素は特になし。

ヒロインキャラクターたちは変身した姿、デジスキンという姿となって戦うことが判明してますがその可愛らしいイラストや一部ゲームスクリーンショット、敵キャラクターのイラストなどが公開されています。

デジスキン/変身後の姿

塔亰Clanpool 「塔亰Clanpool」変身した姿デジスキンや、ターン制の戦闘システムも判明!変身は魔法少女系っぽい感じがする一度全裸になって、そこから衣装を着ていくような感じっぽいですね。

 

塔亰Clanpool 「塔亰Clanpool」変身した姿デジスキンや、ターン制の戦闘システムも判明!神貫ナツメ/ブレイブスキン
武器は主人公らしくブレード。
最近ブレイブという言葉をよく聞くような気がする。

塔亰Clanpool 「塔亰Clanpool」変身した姿デジスキンや、ターン制の戦闘システムも判明!西園寺チヨ/マジカルスキン
武器は魔法のステッキ。
競技用水着のようなイメージでデザインされたとか。

塔亰Clanpool 「塔亰Clanpool」変身した姿デジスキンや、ターン制の戦闘システムも判明!漆原ホタル/エンジェルスキン
武器はアロー。
ちょこんとした感じがどこかロムラムちゃんに近いものを感じる。

塔亰Clanpool 「塔亰Clanpool」変身した姿デジスキンや、ターン制の戦闘システムも判明!霧隠ミクリ/パワースキン
最後4人目はその名の通り、巨大なハンド系の武器。

ゲームイベント中のスクリーンショット。塔亰Clanpool 「塔亰Clanpool」変身した姿デジスキンや、ターン制の戦闘システムも判明! 塔亰Clanpool 「塔亰Clanpool」変身した姿デジスキンや、ターン制の戦闘システムも判明! 塔亰Clanpool 「塔亰Clanpool」変身した姿デジスキンや、ターン制の戦闘システムも判明!

戦闘はターン制のコマンドバトルに!

バトルはターン制のコマンドバトル。
EP(エーテルポイント)と呼ばれるものを消費して、スキルを使って戦う。
EPは毎ターン一定量回復し、前のターンのEPを温存してくことも可能なので、一気に責めることもできる。

塔亰Clanpool 「塔亰Clanpool」変身した姿デジスキンや、ターン制の戦闘システムも判明! 塔亰Clanpool 「塔亰Clanpool」変身した姿デジスキンや、ターン制の戦闘システムも判明!

ちびキャラコンボ

戦闘中にヒロインたちが2人以上で連続攻撃することで、発動する。
コンボ名が変化して、攻撃にボーナスが加わるので、強敵攻略に有効。
その名の通り、敵にむかってヒロインたちのちびキャラが攻撃する演出が入る。

敵キャラクター

ゲーム中に登場する敵キャラクターのデザイン。
塔亰Clanpool 「塔亰Clanpool」変身した姿デジスキンや、ターン制の戦闘システムも判明! 塔亰Clanpool 「塔亰Clanpool」変身した姿デジスキンや、ターン制の戦闘システムも判明! 塔亰Clanpool 「塔亰Clanpool」変身した姿デジスキンや、ターン制の戦闘システムも判明! 塔亰Clanpool 「塔亰Clanpool」変身した姿デジスキンや、ターン制の戦闘システムも判明!

刻印血昌を守っている強敵「黙示録の四騎士」と呼ばれる存在もいる。

  • 支配の騎士
  • 戦乱の騎士
  • 飢餓の騎士
  • 疫病の騎士

レンリツ聖顕

ヒロインたちがガジェッティアとレンリツし、成功することで変身状態からさらに強力はな聖顕モードになることができる。

塔亰Clanpool 「塔亰Clanpool」変身した姿デジスキンや、ターン制の戦闘システムも判明!聖顕モードの姿、ナツメの場合。

塔亰Clanpool 「塔亰Clanpool」変身した姿デジスキンや、ターン制の戦闘システムも判明!ガジェッティアの一例、ティック。

レンリツは失敗することもある。
失敗すると、ガジェッティアのスキル不可能になるうえにパラメーターのボーナスも消滅してしまう。

成功率はガジェッティアとの成功率が重要で、同じ属性のスキルを使うなどして成功率をアップさせることができる。


見た感じ戦闘に参加するキャラクターはこの4名だけのようですね。
なんか最近のコンパ作品は戦闘をより手軽に、そして一戦一戦を濃く楽しめるように開発しているような感じがしますね。

一番上に戻る