鉄拳7のゲストキャラクターとは?単純にコラボキャラとして解釈しないほうが良さそう

公開日:

鉄拳7 鉄拳7のゲストキャラクターとは?単純にコラボキャラとして解釈しないほうが良さそう

鉄拳7に参戦予定のゲストキャラクター2名について少しだけ

 

家庭用版「鉄拳7」。
現在予約受付中であり、早くもシーズンパスセットもPS Storeなどで配信中となっています。

そのシーズンパスの中には未公開の2名のゲストキャラクターも含まれており、現地点では全く持って情報は公開されていませんが、原田Pがこのゲストキャラクターについての考え方を公開しています。鉄拳7 鉄拳7のゲストキャラクターとは?単純にコラボキャラとして解釈しないほうが良さそう

ある意味鉄拳7の中でVR機能以上に気になってしまうのが追加キャラクター。
ゲストキャラクターについての原田Pの考え方は以下のようになっています。

  • みんなが喜びそう
  • 鉄拳世界に合うもしくは、逆に予想外だが良い
  • 話題になってちゃんと売れそう(客層が広がりそう)


この返答は、ゲストキャラクターは別の作品からのメインキャラクターでなければならないのですか?という質問に対してもの。

単純に他のゲーム客層引っ張るという意味ではない“とも書かれているため、他の作品からコラボキャラクターが参戦するよ!という意味として捉えてはならないような感じですね。

皆が喜びそう、世界観に合いそう…。
はい、鉄拳ちゃん参戦!の自分の願いは終了のお知らせのような気がしてきました。
鉄拳7 鉄拳7のゲストキャラクターとは?単純にコラボキャラとして解釈しないほうが良さそう

鉄拳レボリューションのエリザも元々ゲストキャラクターのような位置付けとして参戦したと考えたほうが良さそうな気がするので、追加キャラクターは全く新しく生まれたキャラクターである可能性も高そうですね。
鉄拳7 鉄拳7のゲストキャラクターとは?単純にコラボキャラとして解釈しないほうが良さそう

ありえそうな参戦キャラクターの候補として豪鬼参戦という事実があるため、ストリートファイターシリーズからのゲストキャラクター参戦が一番濃厚かな?と勝手に思い込んでいたのですが、なんか違う気がしますね。

豪鬼もストーリーにちゃんと関わってくる&2D格闘ゲーマーでも鉄拳を遊べるように!的な意味があったので、参戦するとしてもストシリーズからの人気キャラ一人くらいかね。
鉄拳7 鉄拳7のゲストキャラクターとは?単純にコラボキャラとして解釈しないほうが良さそう

一時期ゲームゲームコラボで仮面ライダーエグゼイド参戦しねーかなーと妄想を抱いていた時期もありましたが、ゲストキャラクター参戦時期を見てねーなと確信。
鉄拳7 鉄拳7のゲストキャラクターとは?単純にコラボキャラとして解釈しないほうが良さそう
エグゼイドで何度も鉄拳7が出てきているのでありえるかと思ったのですが、正義のヒーローが人間ボコボコにするのはさすがにマズいか。

原田Pの考えを見る限り、自分たちが考えてそうな率直な意見が反映されたようなゲストキャラクターではないだろうな、と。
たぶん予想外のキャラが来るだろうなぁ。



◆更新報告:


FF15エピソードプロンプトで使用できる武器やスキル紹介、序盤15分間に渡るプレイ動画が公開!
クラッシュHD版DLC「クラッシュ・バンディクー 〜失われた財宝〜」が判明!没ステージStormy Ascent採用か?
クソゲー=ゲームBGMが神すぎる!の法則は当てはまるのか?
三國無双シリーズの進化【~無双8まで】 グラフィックよりも雑魚敵表示数に注目か
両備巨乳フィギュアはおっぱいサイズの切り替えが可能に!【閃乱カグラ】
ブルーリフレクションの画集「公式ビジュアルコレクション」が登場!コスチュームスポーツ衣装セット付き
「クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!」パッケージデザインは日本向けに変更されている!
PS4版「ジャック×ダクスター 旧世界の遺産」はHD版なのか?アーカイブ版なのか?ちょい予想
古手川唯、青バニー姿の1/4フィギュアが登場!尻強調ポーズか【To LOVEるダークネス】
「四女神オンライン版パープルハート様」1/7フィギュアの出来が良すぎ!背中やお尻がキュート!
フリープレイアンコールゲームが「キルゾーン」「グラビティデイズ」「チャイルド オブ ライト」に決定!
「アンチャーテッド 古代神の秘宝」日本語PV、クロエとナディーンの絆の進展に注目!
コンパイルハート、新作RPGゲームを準備中!発表雑誌が電撃PSじゃなくファミ通であるところが気になる
オメガラビリンスZではパイとチチも操作可能に!やりこみダンジョン、セクシーギャラリーモードなど!
アンチャーテッドは4以降も登場する?少なくともシリーズ完結ではないことは事実

一番上に戻る