「PC版移植発売決定→日本では遊べないよ!」この流れが撲滅される可能性大!

公開日:

Steam版にて日本語版が除外される件について、独占禁止法違反の疑いへ

 

近年昔に比べて多数のPS機種をはじめとしたコンシューマゲームがSteamを通じて、PC版として配信されることが多くなりました。
PCを持っていればバイオハザード、鉄拳、ストリートファイター、テイルズシリーズなども遊べるようになって、ユーザーにとっては便利になる一方です。

しかし、少し前よりは減少したものの「PC版も発売決定!」→「日本語版字幕なし」という流れや、そもそも日本からはSteam商品ページにアクセスできないという悲報が後を追う事態も多々ありました。

そのため、一部のメーカーさんはわざわざ日本語もちゃんとありますよ!という報告をしなければならず、Steam版登場時にはこれが当たり前になっていますね。

この件について、一部メーカーさんが独占禁止法違反の疑いがあるとして指摘されているようです。


情報元に長々と書かされていますが、自分は良く分からぬので分かりやすかった部分だけ。

調査対象となる企業は以下の通り。
◆バンダイナムコエンターテインメント
◆カプコン
◆ゼニマックス・メディア
◆コチ・メディア
◆Focus Home Interactive

この調査に関しては以下の理由が挙げられるとのことです。
自由競争を阻害する疑いがある
消費者が国境を越えた選択の権利を妨げることで、欧州連合競争法に違反しているかを調査する

この一文を読んでおけば今回の話題の件について分かるという文がこちら。
Valve社とパブリッシャーは、共同で小売価格を不正にコントロールすること
国籍や場所を理由に顧客を割引など特定の消費行為から除外することによって、EU競争法に違反する

情報元リンクへ移動する


これはそもそも日本語版が発売されているにもかかわらず、該当するゲームの商品ページにアクセスできなくなる仕様が問題ってことかな?
日本語版が抜かれている点については明確に触れられていない気がするので、どこまでが範囲内なのか分からず。


価格部分は明確に指摘されていますので、今後もしかしたらお求めやすい価格になる作品が多々あるのかも!という感じ。

自分としては近年になって日本語版も含めリリースするようになった、ネプテューヌ作品などを始めとしたコンパイルハートさんについても少し気になるところ。
日本語版を抜く理由にはなんらかの理由がありそう。
二重購入する方々のことを考えたらメリットしかなさそうですがどうなんだろう?

ネプシリーズもわざわざ日本語PC版を待つ方々も少ないだろう…と考えると、簡単には進まない何かがありそうですね。
でカプコンやバンナムは面倒で通してないとか。



◆更新報告:

新着記事

「オメガラビリンスZ」温泉イベントでおっぱいの大きさも変化!全裸画像が見られるうえバフ効果も
「グラビティデイズ2」パンツ鑑賞が2Bさんコスチューム配信で案の定始まる。
DOA5LR アルティメットコスチューム、237個セットがセール中!
ガンガンピクシーズDLC 実質操作キャラクター変更マスクや、早期ねぷのわ解禁などが配信中
ガンガンピクシーズにエロすぎるほぼ全裸なコスチュームが配信決定!
フェイト/エクステラの次回作制作中!サーヴァントのアクションに力に力を入れたゲームに
「COD: WW2」原点回帰を目指した作品に!キャンペーン、48人マルチ、ゾンビモードあり
「マーベルVS.カプコン インフィニット」 バイオクリスや春麗など、8名の参戦キャラ
少し昔のゲームのエロティックなキャラって誰がいるだろう?
コードヴェインの主人公は赤髪キャラ!キャラクターメイキング機能もあり!
夜廻新作、「深夜廻」が発表!PS4版も発売&マップの広さは約2倍に!
コードヴェインのゲーム機はPS4!ニンテンドースイッチ版の可能性は?
閃乱カグラNW 波打ち際詠さんと、お尻アップ夜桜のB2タペストリーが登場!
ガンガンピクシーズ 下着だらけの画像多数!エロ系際どい下着結構あるっぽい
ホラーVR対応動画、日本一ソフトウェアが新しい作品を告知する

一番上に戻る