SG/ZHスクールガールゾンビハンターはお色気目当てで購入する価値はあるのか?

公開日:

スクールガールゾンビハンター SG/ZHスクールガールゾンビハンターはお色気目当てで購入する価値はあるのか?

スクールガールゾンビハンターとかいうゲーム

 

※サムネイルは下着姿です

発売から間もなく一週間経過する「SG/ZHスクールガールゾンビハンター」。
公式が病気といってもなにも過言ではないシステムを採用、お姉チャンバラシリーズの派生作品として登場した本作品ですが、少しだけそのセクシー部分に注目してみたいと思います。
…ということになった。

いきさつはどうであれ、なぜ自分にこの質問をぶつけるし…。

あれ?公式が病気かもと感じる部分

まず公式から公開されていたセクシー要素。

◆その1:衣装破壊システム
その名の通りゾンビから、ダメージを受けると衣装が破壊されてしまうビリビリシステム。
基本ゾンビからの攻撃のみで破れるのですが、少し攻撃を受けただけで簡単に破れてしまうなで途中経過が好きな方々にとっては物足りないかも。
スクールガールゾンビハンター SG/ZHスクールガールゾンビハンターはお色気目当てで購入する価値はあるのか?

◆その2:制服投げつけデコイシステム
制服が健在だった場合、着ていた服を投げて男性ゾンビを引き寄せる効果があります。
スクールガールゾンビハンター SG/ZHスクールガールゾンビハンターはお色気目当てで購入する価値はあるのか?

◆その3:使用済み下着デコイシステム
長時間着用した下着をデコイとして使用することができます。
しかも着用した時間だけ引き寄せる時間が長くなるという謎使用付き。
スクールガールゾンビハンター SG/ZHスクールガールゾンビハンターはお色気目当てで購入する価値はあるのか? スクールガールゾンビハンター SG/ZHスクールガールゾンビハンターはお色気目当てで購入する価値はあるのか?

モデリングを見るにあたって

ゲーム中では視点が遠く、そこまでセクシー部分に着目することは不可能。
下から覗くことはできますが、周囲がゾンビだらけでそんな余裕は一切なし。
チラリズムとかどうとか言っている間にダメージ食らってすぐ下着姿になってしまう。
スクールガールゾンビハンター SG/ZHスクールガールゾンビハンターはお色気目当てで購入する価値はあるのか?スクールガールゾンビハンター SG/ZHスクールガールゾンビハンターはお色気目当てで購入する価値はあるのか?

装備変更画面で360度自由に回転させてモデリングを見ることができるシステムあり。
真下からは覗けない。
スクールガールゾンビハンター SG/ZHスクールガールゾンビハンターはお色気目当てで購入する価値はあるのか? スクールガールゾンビハンター SG/ZHスクールガールゾンビハンターはお色気目当てで購入する価値はあるのか? スクールガールゾンビハンター SG/ZHスクールガールゾンビハンターはお色気目当てで購入する価値はあるのか?

スクショでは分かりづらいですが、実機で見ると肌の質感が意外と描かれている点はGOODです。

チラリズムが好きよ!という方々に向けて、衣装が破壊されなくなるDLCが配信されれば売れると思うんですよね。
ゲーム中でノーダメは希ですし、大半は下着姿え歩き回る自体になってしまいますし…。

購入特典としてプチトマト&キャベツなるコスチュームがありますが、PS Storeで似たような衣装コンテンツが配信中だったりする。
※下着です
スクールガールゾンビハンター SG/ZHスクールガールゾンビハンターはお色気目当てで購入する価値はあるのか?

ゲームとしてはどうなの?

正直、ゲームの難易度は結構高め。
慣れればどうにななるレベルですが、気を抜いていると速攻で戦況が変わってしまうことが多いため、ほぼお尻などを追っかけている余裕など一切ない
スクールガールゾンビハンター SG/ZHスクールガールゾンビハンターはお色気目当てで購入する価値はあるのか?
平和なのは最初のステージか、狙撃ステージで仲間を放置しておくことくらいか。

お姉チャンバラシリーズとしては初のオンラインプレイを実装しており、そのオンライン協力プレイがそれなりに面白い出来。
現在はラグラグすぎて運ゲー(自分の環境のせいもあるかもしれませんが、そうではない気がする)というBAD点はありますが、悪い部分を改善すればだれでも受け入れられるゲームに化けそうな感じです。


購入するか否か。
オンライン協力プレイがしたいのであれば今のうちに購入。
トロフィーコンプはオフ限定でも可能なので正直なところ値段下がったら買うべきだと思う。

本作、一応PS4Pro出力に対応していますが、自分は普通PS4でプレイしたのでどのくらい綺麗になっているかは不明です。

一番上に戻る