家庭用版「鉄拳7」 TGS2016トレイラー、QTEでリアルタイムに始まるシネマティックバトルが視認可能!

公開日:

tekken425

据え置き版鉄拳7の最新プロモーションビデオ

 

2017年春PS4・XboxOne・PC向けに発売されることが決定している、鉄拳7FRを家庭用版向けに移植した「鉄拳7」。
現在開催中の東京ゲームショウにて最新プロモーションビデオが公開となりました。

生放送内では特に新キャラ等、新しい情報はありませんでした。

前半は三島家の因縁・親子喧嘩を描いた、過去にも公開されているPVを再編集したもの。
中盤からは動画とゲームプレイがリンクした、家庭用版にて新たに実装される演出が少しだけ確認することができます。

俗にいう、QTEと呼ばれるシステムが搭載。
コマンド入力に成功するとそのままゲームスタート、ラウンドが開始されます。

豪鬼の波動拳、ここはイベントシーン。
tekken421

画面に右方向の入力が指示される。tekken422

入力に成功すると、ここでは波動拳を見事平八が華麗にスルー。tekken423

そのままカメラの位置が格闘ゲーム正統位置に移動し、戦闘開始。tekken424

なんかソウルキャリバー3を思い出した。
あれは覚えゲー、正直初回で上手くいく人はあまりいないだろう。
えぇ、高確率で回避できたのは歯車くらいでしたとも。

未公開キャラはまだいるらしい

TGS2016生放送の原田氏の発言によると、まだ未発表のキャラクターが準備中であるとのこと。
新キャラクターかは不明ですが、まだ持ちキャラが参戦していないプレイヤーはもう少し期待しても良いかも思われます。


ムービーからそのままゲームが始まる作品は結構あったりしますが、ここまでスムーズに始まるゲームは思いつきませんね。
自分の視野が狭いだけかもしれませんが。
繋ぎがうまいアンチャーテッドも、なんとなくプレイできる部分は察することができましたし。

一番上に戻る