「神獄塔メアリスケルター」 電撃文庫で展開される物語「光の在処」が10月8日発売!

公開日:

com0488

「神獄塔 メアリスケルター 〜光の在処〜」が発売決定

 

2016年10月13日にコンパイルハートより発売となる、PSVita神獄塔メアリスケルター」。

本作品はゲーム本編の他に電撃プレイステーションで現在連載中の「獄中童話前日譚」、そして電撃文庫向けにオリジナル主人公の脱出劇物語が描かれることが過去に伝えられていました。

2016年秋刊行予定と書かれた以下画像の左下。
そのタイトルが「神獄塔 メアリスケルター 〜光の在処〜」に決定、発売日が2016年10月8日に決定しているようです。
神獄塔メアリスケルター

ゲーム版とリンクする、アナザーストーリーが描かれるとのこと。
価格は570円(税抜)。

表紙らしきビジュアルも公開されており、描かれているキャラクターが電撃文庫版の主人公とヒロインでしょうか。
com0515

物語あらすじ。

地下監獄で生まれたマモルとヒカリは、幼馴染同士で助け合いながら生きていた。
二人はある日、メルヒェンという化け物の〈人間狩り〉に遭遇し、紆余曲折を経たのち、地下深くにあるダンジョンに収容されてしまう。辛く苦しい日々の中で個性的な仲間と知り合った彼らは、やがて、化物たちを統べる孤独な王と出会う――。
超話題のゲーム「神獄塔 メアリスケルター」と同じ舞台、同じ時間軸で描かれる、もう一つの脱獄劇。小説版オリジナルのキャラクターたちが、死にものぐるいで地下監獄からの脱出を目指す!

 

◆著者:乙野四方字
◆イラスト:ナナメダケイ


電撃文庫で連載されてるのかな?と思ったら一冊丸々発売されるってことでしたか。
電プレで連載されている獄中童話前日譚も、できれば書籍化してほしいところですね。

一番上に戻る