PS4・PSVita「Re:ゼロから始まる異世界生活」 攻略可能ヒロインやゲームスクリーンショット

公開日:

topbb-rezero0003

ゲーム版リゼロ スクリーンショットが公開

 

2017年3月23日に発売することが決定したPS4・PSVitaRe:ゼロから始まる異世界生活 -DEATH OR KISS-」。
本作品の情報がファミ通様より公開となっているようで、ストーリーやゲームスクリーンショット、攻略対象となるルートが用意されているヒロインが公開されています。

攻略可能ヒロイン

ゲーム中には8人分のエンディングが用意されているとのこと。
美女王総選挙で勝利に導いてあげることで、ヒロインの好意を獲得することができます。

◆エミリアrezero0012

◆レムrezero0013

◆ラムrezero0014

◆ベアトリスrezero0015

◆フェルトrezero0016

◆プリシラrezero0017

◆アナスタシアrezero0018

◆クルシュ rezero0019

ストーリー

ルグニカ王国の次期国王候補者5人が出場する大会が、王都ルグニカで開かれることになった。
その名も“美女王総選挙”!
華やかさ”や“優雅さ”など、 さまざまな審査を行い、その総合評価で勝敗を決める。
いわば王選の前哨戦で、優勝すれば“幸運がもたらされるといわれる宝具(ミーティア)”が与えられ、 国民に名と栄誉が知れ渡り、現時点でもっとも王に近い人物となれる。
各陣営はこぞって参加を表明し、王都はお祭り騒ぎに!
スバルは、前日から大会の準備 を手伝っていたのだが、誤って賞品である宝具にキスをしてしまう。
すると……、

そなたの血を捧げよ……。
その対価して、異性との接吻の加護を授ける。
も し、この呪いを他人へ伝えれば、耐え難い不幸がお前を襲うだろう

と声が響く。じつは優勝賞品とされていた宝具は、呪いの道具だった!
呪いにより不幸が 訪れたスバルは、“死に戻り”してしまう。
自分ひとりの力では無理だと考えたスバルは、ベアトリスに助けを求めると、呪いの解呪条件が“キスすること”で あると判明。
スバルは解呪のためエミリアたちとさらに仲よくし、そして呪いの道具が誰かの手に渡らないよう大会を妨害していくことに――。

アドベンチャーゲームとして進行

雑誌に掲載されているものと同一ですが、ゲーム内会話シーンやイベントCGが一部先行公開されています。

ゲームはイベントにて発生する選択肢で分岐していきます。
選択肢によって死を回避することができるようなので、一般的なアドベンチャーゲームとして制作されているようです。
rezero0003 rezero0004 rezero0005 rezero0006 rezero0007 rezero0008 rezero0009 rezero0010 rezero0011

情報元リンクへ移動する


ストーリーあらすじを見た感じ、キスが何か特別な能力を持っているという感じではなさそうですね。
ただ、心がこもっているキスでないと意味がない模様。
だったらレム…というか、ゲームのトロフィー獲得率もレムルートが一番高くなりそうな感じ。

ところで”キスしないと死んでしまう呪いをかけられたスバル“と書かれているところがなんとも危機感ないのだが。



◆更新報告:


DOAXVV「みさきアップ画像」「基本プレイ無料」「乳首ポッチはない」「起動はDMM GAME PLAYER」
モンハンワールドのパッケージがモンハンぽくない。洋ゲーっぽい
【DMM】DOAXVVの要求スペックはどのくらいになるんだろう?
「モンハンワールド」予約特典、限定版デジタルデラックス、コレクターズエディション内容
ホムラのデザインエロすぎない?結果知名度が急上昇する【ゼノブレイド2】
VRセンスDOAX「マリーの匂いは石鹸っぽい」「ランクごとの褒美映像がある」「プレイ料金は800円で10分~15分」
PS4「アイドルマスターズ ステラステージ」PV、ゲームの流れ、予約特典、限定版など
DOAXVVに新キャラ「みさき」 登場→荒れる。「レイファンやティナとかいない」「X3はなんだったの?」
「しあわせ荘の管理人さん。」VR対応断念が発表。理由、ソニーチェック入ったか?
モンハンワールド「発売日早い」「ワクワク感が凄い」「辻本氏ありがとう」
DMM版DOAXには新キャラ「みさき CV:津田美波」が登場!髪型はサイドポニー
PSカンファレンス「良かったは3割」モンハンがほぼ全ての発表だった気がするよ…。
モンハンワールド「ネルギガンテ」が看板モンス!発売日が2018年1月26日に決定!
アトラス「十三機兵防衛圏」 約一年ぶりに新規映像が公開される。
PSVR本体+カメラが44980円へ値下げ。実質5000円のプライスダウン

一番上に戻る