鉄拳7FR 「ボブ」「マスターレイヴン」の新技、レイジドライブの特徴、実装日など

公開日:

topbb-tekken070

鉄拳7 ボブ、マスターレイヴン

 

現在稼働中の「鉄拳7 FATED RETRIBUTION」。
その最新情報をお届けする生放送が配信され、新キャラクターとして実装されることが告知されていた「ボブ」「マスターレイヴン」2名の初の実機動画や特徴が少し判明しています。

ボブ

2016年8月9日より実装決定。
tekken354

既存シリーズのボブと同様の仕様感。
浮かせ技も変化なしで、持ちキャラにしていたプレイヤーはおさらいしておけば難なく使用できるキャラクターに仕上がっている。

3RP、右アッパーはカウンター時のみコンボ始動。
奈落は従来通り、2ボタン目押しで連続ヒットは変わらず。

◆新技:クラッカーラリアーター
9WP RK

スクリュー技。
しゃがみステータス→ジャンプステータス蹴りの連続ヒット技。

◆新技:コンビネーションビタースイート
4RK RK

こちらもスクリュー技。
キック2連続。

◆パワークラッシュ
腹アタック、中段。

◆レイジアーツ
中段始動。

◆レイジドライブ
2連続前転攻撃、攻撃力がバカ高い。
空中コンボ、スクリュー後の〆に使う。
発動後、前転に移行するので2択の攻撃続行が可能。

マスターレイヴン

実装日は未確定。
なるべく9月の早いうちには実装したいとのこと。
tekken360

既存キャラ「レイヴン」の上司にあたるキャラクターにあたるとのこと。
鉄拳シリーズ初のアフリカアメリカン系キャラ。

基本的にはレイヴン。
使っていたプレイヤーなら使える出来なので、過去作で練習しておけばだいたい把握できる。

◆特殊構え
WK

姿勢を低くして一瞬消える構え。
ワンツーパンチなど、連携からも移行することができる。
ステップからも移行可能。

◆新技:3段連続攻撃
コマンド不明。

パンチ、キック、消えてからの追撃3連続技。
空中でヒットさせればスクリューに移行する。

◆スプリントミラージュ~LK
浮かなくなった。
その代わり、派生技が追加されている。

◆パワークラッシュ
6WP、リーチの長い中段技。

◆レイジアーツ
下段に見えるが、中段判定。
発動時に下段完全回避、上中段は運が良ければ回避可能な性能。

◆レイジドライブ
6WK。
2連続キック。
派生が2パターンある代わりに、2度スクリューは不可能。

6WK RP。
通常ヒットでスクリュー。

6WK 2RP。
叩きつける系、床割効果あり。

メモ
66~からの連続飛び蹴りコンボは健在の模様。
州光っぽくも見えるが、全く関係ない。

なぜ女になったのかというと、いろいろな要望を聞いた結果らしい。
詳しくは言えないとのこと。

豪鬼調整

全体的に火力を軽減。
この反動でゲージの溜まりも軽減されている。

2P再度限定で可能だった、現在悪用され中の空中コンボも消滅。

竜巻旋風脚
マイナスフレーム増。
当り方によってはまだ有利も残っている。

レイジアーツ
大幅に火力減。
豪鬼だけでなく、全キャラクターに調整が入っているとのこと。

一番上に戻る