「真・三國無双 英傑伝」 プレイ動画で基本的なシステムをチェック!共鳴モードでSRPG苦手な人でも大丈夫!

公開日:

真・三國無双 英傑伝

真・三國無双 英傑伝 プレイ動画が投稿

 

2016年8月3日に発売が決定したPS4・PS3・PSVita真・三國無双 英傑伝」。
本作品のプレイ動画が動画共有サイトにアップロードされており、ゲームシステムや物語の一部分を視聴できる内容となっています。

プレイ動画は宇宙初公開。
恐らく、少し前に配信された生放送内で行われた内容だと思われます。

プレイ動画

本作品はシミュレーションRPGとして完成されている三國無双シリーズ初の試み。
主人公は趙雲でありますが、他勢力の武将も仲間にすることで、蜀以外のキャラクターもユニットと加えることができるので安心です。

ゲーム序盤、物語の解説も少し交えながらのプレイ動画。
動画時間は約25分間。
動画後半は基本システムの紹介、動画中盤以降ではやや大規模な戦闘を実機でプレイしているシーンを見ることができます。

無双といえば、無双乱舞。
無双乱舞の発動には行動力の消費他、お馴染みの無双ゲージを1本消費して発動します。
趙雲の無双乱舞の元モーションを元にした攻撃範囲が設定されていますね。
musou0098

画面上の青い共鳴ゲージが溜まっている状態では、共鳴という特殊な技が使用可能。
キャラクターが共鳴することで、行動終了したユニットも再度行動可能になります。
musou0099
共鳴状態では、共鳴乱舞が発動可能。
最大級の大技で、周囲にいるユニットを一気に攻撃することができます。
ちょっとしたアクション要素として、タイミング良く○ボタンを押すと最大で20%ほどボーナスが入る。
musou0100
共鳴システムは、シミュレーションゲームが苦手な方々でもクリアできるように導入したといいます。
そのため、シミュレーションゲーム大得意の方々にとっては少し物足りない可能性があるかもとのこと。

追加で、共鳴モードを使用することで一気に敵を撃破するプレイ動画。
大量の敵ユニットを共鳴モードを使うことで一気に殲滅することができます。


攻撃モーションとかは過去作品からの流用のようですね。
シミュレーションゲームをプレイしたことがない方々でも分かりやすいシステムとなっているようで、直感的にプレイできそう。

■クリックで予約・販売価格を表示する
真・三國無双 英傑伝 真・三國無双 「真・三國無双 英傑伝」 プレイ動画で基本的なシステムをチェック!共鳴モードでSRPG苦手な人でも大丈夫!真・三國無双 英傑伝 真・三國無双 「真・三國無双 英傑伝」 プレイ動画で基本的なシステムをチェック!共鳴モードでSRPG苦手な人でも大丈夫!
・[PS4][PS3][PSVita]真・三國無双 英傑伝
・[PS4][PS3][PSVita]真・三國無双 英傑伝 TREASURE BOX

真・三國無双 英傑伝真・三國無双 英傑伝真・三國無双 英傑伝 真・三國無双 「真・三國無双 英傑伝」 プレイ動画で基本的なシステムをチェック!共鳴モードでSRPG苦手な人でも大丈夫!



◆更新報告:


TGS2017バレットガールズファンタジア情報「逆尋問訓練、ダブル尋問訓練ありそう」「アイテムドロップがある」
モンスターハンター2(dos)の思い出「雑魚が異常に強い」「オンラインが平和だった」「常に死闘」
「真・三國無双8」荀攸&郭嘉のプレイ動画。「台詞口パク変」「棍アクションいい感じ」
モンハンワールド新要素「時間制限のない探索」「今マップから別マップへ移動できる」「受付嬢可愛くない…。」など!
モンハンワールド「ネルギガンテ」戦動画。「再生能力を使った凶悪なトゲ攻撃」「自身の攻撃でも部位破壊されていく」
DOAXVV「みさき」の担当声優、津田美波さん。そしてどんな性格になるんだろう?
DMM版DOAXVV高画質スクリーンショット。画像地点では綺麗、GPU結構食いそうだけど?
DOA5で一気に変わったキャラデザ。4以前のほうが好き派は結構多い
キトゥンちゃんの三大属性「くさい」「かわいい」「ちょろい」
「サマーレッスン:新城ちさと」ツンツンした感じとホクロがキュートな女の子【PV動画】
「巨影都市」PV第2弾。ウルトラマンゼロ、タロウなどもいるじゃん!知らない間に結構増えてる
TGS2017「コードヴェイン」プレイ動画。アクションやマップ移動の幅、バディと共に行う戦闘など
関銀屏安定した可愛らしさ、程よいエロセクシーさ持ってる【真・三國無双8】
バレットガールズファンタジア「尋問はオークがする訳ではない」「味方の衣装破壊もできる」「キャラは4名以上いる」など実演プレイ動画
「真・三國無双8」関銀屏などの新コスデザイン!ロングヘアー化、相変わらず太ももの露出が素晴らしい!

一番上に戻る