DQH2 クロスセーブの方法や、「時空の迷宮」開始部分を紹介するプレイ動画が公開!

公開日:

DQH2

DQH2 体験会アーカイブが公開

 

2016年5月27日に発売される、PS4・PS3・PSVitaドラゴンクエストヒーローズ2 双子の王と予言の終わり」。
大枠第2回目にあたる体験会が2016年5月1日に開催され、生放送配信分の動画が公式より公開となっています。

少し細かい新情報も飛び出してきますので、ぜひともご視聴あれ。

プレイ動画

プレイ動画は23:30すぎあたりから。
WEBでは公開されている多数のフィールドマップや、パーティコンボなど映像では初公開となる部分が多数収録されており、見ごたえある放送内容に。

以下、動画内ので気になった部分とか。

クロスセーブ

度々プレゼンされている、PS4・PS3・PSVita3機種間のクロスセーブ。
セーブデータは教会にある「冒険の書を共有」というボタンから行うことができ、ゲーム終了することなく共有が可能。
しかもタイトル画面にも戻ることなく行うことができるようですね。
DQH2

ホイミストーンは毎回自動補充に

本作では、ホイミストーンは毎回自動で回復するとのこと。
回復タイミングは不明ですが、本作では毎回補充することなくプレイをスムーズに進めることができるようです。

前作は、毎回…しかも、まとめて補充することができなかったので、ちょっと面倒でしたね。
自分は結局一回も使いませんでした。
その分、ゼシカはパーティ必須でしたけどね…。

全体マップ

ルーラを行うと、世界地図から移動が可能。
過去に紹介されている概要は省いて、天井がある場所は天井に頭をぶつける仕様は健在です。
大きく分けて6つおの地域が用意されていると説明されています。
DQH2

この仕様に変えただけで、ボリュームが一気に増えたような感覚に陥るのは自分だけ?

フィールド移動のロード時間もかなりサクサク動いている。
PSVita版でも大丈夫!と断言されました。

素材は自動回収に変更

本作では素材のドロップ時、全て自由に回収されるように変更。
つまり、必殺技ぶっぱなしからのアイテム回収が不要になりました。
DQH2

他、フィールドの素材収集ポイントでも、通るだけで回収されるように変更されているようです。
ここは、個人的にクエストクリアで簡単になっていく仕様でも良かったかなーと。

モンスターはプレイヤーのキャラレベルで攻撃してくるかが変わる

フィールドに巡回しているモンスターは、こちらのレベルが上がりすぎると攻撃してこなくなってくるとのこと。
適正レベル以上のフィールドでは、ガンガン攻撃…前作のバトルのように楽しむことができます。
DQH2

時空の迷宮

本作のやり込み要素。
完全オンラインモードではなく、ユーザーの声に答えてオフラインプレイも可能なっています。
DQH2

このモードは前作キャラクター(アクトやヤンガスなどが後日無料DLCで配信)も使うことができます。

持っている地図から選択可能で、察することができる通り、ゲームを進めたり、追加DLCで遊べる迷宮が増えていきます。
DQH2


フィールドに強力なモンスターが徘徊していたりと、よりRPGらしくなってていいですね。
なんかDQ5の序盤で遠くまで行ってしまったことを思い出してしまった。

■クリックで予約・販売価格を表示する
DQH2, DQ DQH2 クロスセーブの方法や、「時空の迷宮」開始部分を紹介するプレイ動画が公開!DQH2, DQ DQH2 クロスセーブの方法や、「時空の迷宮」開始部分を紹介するプレイ動画が公開!
・[PS4]ドラゴンクエストヒーローズII
・[PS3]ドラゴンクエストヒーローズII
・[PSVita]ドラゴンクエストヒーローズII

一番上に戻る