◆新着記事(20件表示)

仮面ライダーゲンムのスピンオフが決定!「レジェンドライダーステージ」など全3話スピンオフがyoutube等で配信、太鼓の達人などのコラボあり
仮面ライダーエグゼイドが早くもレベル99、マキシマムゲーマーに。ブレイブ&スナイプの最強フォームらしき姿も登場!
ソウルキャリバーシリーズ、新たな総合公式サイトがオープン!何か来るか?
MHXX レンキンスタイルは「マカ錬金タル」でレンキンアイテムを作成可能!新たな二つ名持ちモンスターも
「ガンガンピクシーズ」発売日が決定!乙女鎮圧戦や、乗馬マシンやM字開脚などの狙った演出あり
ソウルキャリバー20周年記念ムービーが公式から公開、新情報なしか…。
MHXX レンキンスタイルの情報間もなく解禁、SP狩技や、オトモトレンドに「ビースト」復活
FF15 AP(アビリティポイント)稼ぎについて。シフトブレイクキルは常に意識して戦闘したいところ
DQMJ3Pro PV第2弾公開!特典として、ナンバリングDQのコスプレをしたプチット族のダウンロードコードが付属!
「閃乱カグラ PBS」 更衣室や水着の透け具合、ウォーターガンなどずぶ濡れシステムが一挙公開!
「閃乱カグラ PBS」 雪泉や叢、夜桜などの新規イラスト公開!Mr.KとMissRの登場
KOF14でモデリングが良くなるアップデートが実施、紹介動画が公開へ
「NEWダンガンロンパV3」 真宮寺是清、茶柱転子、東条斬美、春川魔姫のプロフィール&PV
年内最後か。のPSVRの再販売が実施、12月17日に備えよ。
FF15×カップヌードル「CUP NOODLE XV」のコマーシャルがひどい!良シーンがネタに
PS4「クラッシュバンディクー」 BGMはアレンジ!作り直されためざめのビーチなどの通しプレイ動画
PS4「クラッシュバンディクー」 やはりあれがゲーム画面だった!1にはタイムアタック追加!
PS4リマスター「パラッパラッパー」「LocoRoco」「パタポン」が準備中!
「グラビティデイズ2」 DLC追加ストーリー「時の箱舟 – クロウの帰結」が無料配信へ
「ナック2」が発表!色違いキャラ登場で、協力プレイも実装!
ラストオブアス2は前作の5年後を描き、主人公は19歳となったエリー
ドラゴナイトハンターガシャットがびっくりするくらいモンハンだった件【仮面ライダーエグゼイド】
ストリートファイター5「豪鬼」参戦、更に5名のキャラが参戦!年内にシーズンパスも配信へ
アンチャ新作「アンチャーテッド ザ・ロストレガシー」、クロエとナディーンが主役か
「The Last of Us 2(ラストオブアス2)」発表!ジョエルとエリーっぽい人物も登場するPV公開
PS4「クラッシュバンディクーリマスター版」、どう見てもリメイク版なんだが
「ゴーストRE:BIRTH 仮面ライダースペクター」本編予告PVで、劇中シーン初公開!新フォームも見れる!
【攻略】FF15 ファントムソードの入手場所に関して
無双スターズ かすみや真田幸村のプレイ動画でシステム紹介!初回特典や限定版情報もあり
ストリートファイター5 期間限定でクリスマス仕様、サンタ衣装が配信決定!



DQH2 クロスセーブの方法や、「時空の迷宮」開始部分を紹介するプレイ動画が公開!

公開日:

DQH2

DQH2 体験会アーカイブが公開

 

2016年5月27日に発売される、PS4・PS3・PSVitaドラゴンクエストヒーローズ2 双子の王と予言の終わり」。
大枠第2回目にあたる体験会が2016年5月1日に開催され、生放送配信分の動画が公式より公開となっています。

少し細かい新情報も飛び出してきますので、ぜひともご視聴あれ。

プレイ動画

プレイ動画は23:30すぎあたりから。
WEBでは公開されている多数のフィールドマップや、パーティコンボなど映像では初公開となる部分が多数収録されており、見ごたえある放送内容に。

以下、動画内ので気になった部分とか。

クロスセーブ

度々プレゼンされている、PS4・PS3・PSVita3機種間のクロスセーブ。
セーブデータは教会にある「冒険の書を共有」というボタンから行うことができ、ゲーム終了することなく共有が可能。
しかもタイトル画面にも戻ることなく行うことができるようですね。
DQH2

ホイミストーンは毎回自動補充に

本作では、ホイミストーンは毎回自動で回復するとのこと。
回復タイミングは不明ですが、本作では毎回補充することなくプレイをスムーズに進めることができるようです。


前作は、毎回…しかも、まとめて補充することができなかったので、ちょっと面倒でしたね。
自分は結局一回も使いませんでした。
その分、ゼシカはパーティ必須でしたけどね…。

全体マップ

ルーラを行うと、世界地図から移動が可能。
過去に紹介されている概要は省いて、天井がある場所は天井に頭をぶつける仕様は健在です。
大きく分けて6つおの地域が用意されていると説明されています。
DQH2

この仕様に変えただけで、ボリュームが一気に増えたような感覚に陥るのは自分だけ?

フィールド移動のロード時間もかなりサクサク動いている。
PSVita版でも大丈夫!と断言されました。

素材は自動回収に変更

本作では素材のドロップ時、全て自由に回収されるように変更。
つまり、必殺技ぶっぱなしからのアイテム回収が不要になりました。
DQH2

他、フィールドの素材収集ポイントでも、通るだけで回収されるように変更されているようです。
ここは、個人的にクエストクリアで簡単になっていく仕様でも良かったかなーと。

モンスターはプレイヤーのキャラレベルで攻撃してくるかが変わる

フィールドに巡回しているモンスターは、こちらのレベルが上がりすぎると攻撃してこなくなってくるとのこと。
適正レベル以上のフィールドでは、ガンガン攻撃…前作のバトルのように楽しむことができます。
DQH2

時空の迷宮

本作のやり込み要素。
完全オンラインモードではなく、ユーザーの声に答えてオフラインプレイも可能なっています。
DQH2

このモードは前作キャラクター(アクトやヤンガスなどが後日無料DLCで配信)も使うことができます。

持っている地図から選択可能で、察することができる通り、ゲームを進めたり、追加DLCで遊べる迷宮が増えていきます。
DQH2


フィールドに強力なモンスターが徘徊していたりと、よりRPGらしくなってていいですね。
なんかDQ5の序盤で遠くまで行ってしまったことを思い出してしまった。

■クリックで予約・販売価格を表示する

・[PS4]ドラゴンクエストヒーローズII
・[PS3]ドラゴンクエストヒーローズII
・[PSVita]ドラゴンクエストヒーローズII



◆更新報告:

一番上に戻る