◆新着記事(20件表示)

【無双8記念】三國無双キャラクター人気ランキングが発表!結構意外な結果に
「閃乱カグラPBSの看板娘」雪泉、日影、詠特別イラスト公開!ゲーム中にも等身大看板として登場!
【攻略】グラビティデイズ2、パワーアップ効果&必要ジェム数まとめ
無双スターズ エンディングの分岐システムが判明!環、刹那、志貴それぞれの物語が描かれる!
まるで映画!近年増える、プレイヤーに自由がないゲームは飽きた?
MHXXのレンキンスタイルなどをプレイ動画で紹介!青電主ライゼクス戦収録、二つ名BGMが原種と同じになってる。
DOAマリーやほのかのプレイ動画も収録!「無双スターズ」無双乱舞集的なPV第2弾公開!
「四女神オンライン」冒険者の拠点ウィシュエルにある施設が追加公開!セーブは大聖堂で行う模様!
無双スターズ 「レグリナ」「呂布」「井伊直虎」「織田のぶニャ」のゲーム画面公開!
DOAX3 追加水着第20弾「マンボウ」が配信!胸元がキュートなミニスカコスチューム!
ファイアーエンブレム無双など、ニンテンドースイッチ&3DS中心に新作が多数発表!
【GGXrdR2】前作持ちアップグレードは2000円!梅喧などのゲームスクショも公開!
日本一ソフトウェア、2つ目のカウントダウンサイトが終了!内容が予想外すぎるんだが…。
「四女神オンライン」 女神様のTシャツ、缶バッジ、ドッグタグなどのグッズが登場!【ネプテューヌ】
「閃乱カグラEV 桜エディション」ダウンロード版が2988円で購入可能セール中!2/15まで
MHXXの砦「ラオシャンロン」はクエ開始後待ち時間なし!大砲の弾も進化し、新ギミックあり!
閃乱カグラPBS初回特典衣装「お掃除メイドさん スプラッシュセット」のプレイ動画公開!
ブルーリフレクションの高画質戦闘プレイ動画公開!おしゃれなIFをチェック!
「ねぷねぷ☆コネクト カオスチャンプル」 オリキャラ郵便配達員「アメイル」&商人「マー」登場!
SG/ZHスクールガールゾンビハンターはお色気目当てで購入する価値はあるのか?
「ブルーリフレクション」のプレイ動画が公開!異世界探索や、アイテム回収、戦闘シーンを収録!
VRゲームは遂に匂いが出る時代!「VAQSO VR」がなんか凄い!小型でPSVRでも使用可能
外山D グラビティデイズ3など、シリーズの今後の予定はいまのところなし。
「四女神オンライン」の拠点で使える便利施設のスクショ公開!大聖堂では祈祷してバフ効果を得られる。
「追放選挙」 主人公が妹を追放された復讐を遂げる物語であることが判明!
「文庫版To LOVEる」5巻と6巻は天条院沙姫とルンが表紙!裏面はキョウコなど、過去表紙を彷彿させるキャラも!
「無双スターズ」 呂布や井伊直虎、レグリナ、織田のぶニャ4名のキャラが参戦決定!
「超スーパーヒーロー大戦」特報映像!あのヒーローの姿…って?電王やゾルダなど気になる姿も
DOA5LR「お嬢様の休日コスチューム」が配信!シーズンパス6特典にはマリー&ほのかコスが付属!
閃乱カグラPBSが初プレイアブル出展でプレイ動画間もなくか?水ゲージは真ん中に表示されるらしい



DQH2 クロスセーブの方法や、「時空の迷宮」開始部分を紹介するプレイ動画が公開!

公開日:

DQH2

DQH2 体験会アーカイブが公開

 

2016年5月27日に発売される、PS4・PS3・PSVitaドラゴンクエストヒーローズ2 双子の王と予言の終わり」。
大枠第2回目にあたる体験会が2016年5月1日に開催され、生放送配信分の動画が公式より公開となっています。

少し細かい新情報も飛び出してきますので、ぜひともご視聴あれ。

プレイ動画

プレイ動画は23:30すぎあたりから。
WEBでは公開されている多数のフィールドマップや、パーティコンボなど映像では初公開となる部分が多数収録されており、見ごたえある放送内容に。

以下、動画内ので気になった部分とか。

クロスセーブ

度々プレゼンされている、PS4・PS3・PSVita3機種間のクロスセーブ。
セーブデータは教会にある「冒険の書を共有」というボタンから行うことができ、ゲーム終了することなく共有が可能。
しかもタイトル画面にも戻ることなく行うことができるようですね。
DQH2

ホイミストーンは毎回自動補充に

本作では、ホイミストーンは毎回自動で回復するとのこと。
回復タイミングは不明ですが、本作では毎回補充することなくプレイをスムーズに進めることができるようです。


前作は、毎回…しかも、まとめて補充することができなかったので、ちょっと面倒でしたね。
自分は結局一回も使いませんでした。
その分、ゼシカはパーティ必須でしたけどね…。

全体マップ

ルーラを行うと、世界地図から移動が可能。
過去に紹介されている概要は省いて、天井がある場所は天井に頭をぶつける仕様は健在です。
大きく分けて6つおの地域が用意されていると説明されています。
DQH2

この仕様に変えただけで、ボリュームが一気に増えたような感覚に陥るのは自分だけ?

フィールド移動のロード時間もかなりサクサク動いている。
PSVita版でも大丈夫!と断言されました。

素材は自動回収に変更

本作では素材のドロップ時、全て自由に回収されるように変更。
つまり、必殺技ぶっぱなしからのアイテム回収が不要になりました。
DQH2

他、フィールドの素材収集ポイントでも、通るだけで回収されるように変更されているようです。
ここは、個人的にクエストクリアで簡単になっていく仕様でも良かったかなーと。

モンスターはプレイヤーのキャラレベルで攻撃してくるかが変わる

フィールドに巡回しているモンスターは、こちらのレベルが上がりすぎると攻撃してこなくなってくるとのこと。
適正レベル以上のフィールドでは、ガンガン攻撃…前作のバトルのように楽しむことができます。
DQH2

時空の迷宮

本作のやり込み要素。
完全オンラインモードではなく、ユーザーの声に答えてオフラインプレイも可能なっています。
DQH2

このモードは前作キャラクター(アクトやヤンガスなどが後日無料DLCで配信)も使うことができます。

持っている地図から選択可能で、察することができる通り、ゲームを進めたり、追加DLCで遊べる迷宮が増えていきます。
DQH2


フィールドに強力なモンスターが徘徊していたりと、よりRPGらしくなってていいですね。
なんかDQ5の序盤で遠くまで行ってしまったことを思い出してしまった。

■クリックで予約・販売価格を表示する

・[PS4]ドラゴンクエストヒーローズII
・[PS3]ドラゴンクエストヒーローズII
・[PSVita]ドラゴンクエストヒーローズII



◆更新報告:

一番上に戻る