PSVita版「AIR」、2016年夏に移植発売決定!

公開日:

AIR PSVita

AIR、PSVitaに移植発売決定

 

Keyが制作を行った、名作「AIR」。
本作品は数々の機種に形式を変更して移植発売されていますが、新たにPSVita版2016年夏に発売されることが電撃オンライン様より公開となっています。

PSVita版の変更点

PSVita向けに一部仕様も改善、新たに「初空の章」もノベル化して収録されています。

ビジュアルのカラーを調整

PSVitaの画面に合わせて、カラーリングの調整が行われているとのこと。
情報元より、カラーリングの調整前(上)と調整後(下)の2枚のイラストが公開されています。
AIR PSVita AIR PSVita

タッチ機能に対応

基本的な既存操作他、タッチ操作でメッセージを進めたり、選択肢の決定や早送りなどといったシステム操作も可能に。
AIR PSVita AIR PSVita

初空の章

原作が展開されたばかりの当時、雑誌「かのうぉ」に連載された外伝小説がビジュアルノベル化して収録。
神奈と裏葉の出会いが描かれる物語。

樋上いたる氏による描き下ろしビジュアルも収録されているとのこと。

PSVitaに対応

現在は生産停止となってしまってますが、PSVitaTVでも遊ぶことが可能。
それなりの解像度、960×544でプレイすることができます。
AIR PSVita AIR PSVita AIR PSVita

情報元リンクへ移動する


またかよ!と思う方々もいるかもしれませんが、未プレイの方々やアニメ視聴のみの人も多数存在するのも事実。
定期的に移植発売することで、再度一目に触れるという点から考えると、なんか納得してしまいますね。

ただ、絵が古く感じてしまうのは否めません。
ビジュアル面総書き換えし、現代に合わせて入れ替えたらもう一回爆発的に売れそうな気がする。

一番上に戻る