【噂】PS4.5?高性能版、4K解像度ゲームに対応した本体が開発中?

公開日:

PS4.5

高性能版PS4が開発中との噂

 

過去に、高性能版PS4の可能性があると、SCE伊藤雅康氏が発言したことがありました。
そんな中、海外でも上位高性能PS4の存在が噂となっており、既に開発しているとの記載があるようです。

ただ、現状あくまでも噂の段階であることを承知しておいてください。

高性能版PS4について

まずは、過去のお話から。
伊藤雅康氏が語る、性能がアップしたPS4に関する発言。

以下、情報元より要約すると”必要なタイミングで性能強化は考えており、可能性はある“。
PS3では、構造上HDD部分でしか強化できなかったが、PS4は性能アップ互換が可能な模様。
例えば、”スタンダード版PS4と、高性能版PS4“と区分けることもアイディアの一つではないか?と可能性を上げていました。
PS4.5

情報元リンクへ移動する

高性能PS4が開発中?

こちらは海外情報。
要約すると、ハイエンド4Kゲーム対応と、PSVRに対する処理能力を向上させるための高性能PS4プロジェクトに取り組んでいるとのこと。
主にGPUを強化、解像度の描写について強化を行なうつもりのようです。

今一度記載しておきますが、あくまでも噂の段階です。

情報元リンクへ移動する

4Kについて

4K解像度は、4096~3840×2160くらいが水準でしょうか。
ここまで肥大化すれば、少しくらい誤差の範囲内ですが…。

4Kに対応すれば現在の最高解像度でゲームを遊ぶことができるようになりますが、本体買い替えだけでなく、一般ユーザーはモニターの買い替えも必須になってしまいますね…。

ちなみに、こちらはDOA5LRのPC版最高画質。
ジャギーは無論目立たなく、美しいグラフィックでゲームを楽しむことが可能に。
※クリックで拡大
PS4.5

ただ、ここまで解像度を高くしてしまうと、グラフィックの質の部分も気になってしまうのが難点です。


分かり易いところでいうと、3DSから3DSLLの進化でしょうか。

PS4の性能アップに伴った専用ゲーム登場となれば、ユーザーから反感を買いそうな気がしますね…。
高性能版PS4では、ハイエンドPCのように処理や画質が向上するといったユーザーが選択できる範囲ならアリかもしれません。



◆更新報告:


鉄拳7巨乳エリザ水着、過去作ニーナコス、元2Pリリコスなどが実装されていることが判明
よるのないくに2の水着コス高画質画像!…ってこの水着前からあったやつじゃん
よるのないくに2の発売日がやっと決定!お詫び水着コスチュームも公開
DQ11には名前にゴールドと付く「転生モンスター」なる個体がいるらしい。
DQ11の寄り道、メダル校長とメダル交換!クエストは個人的にいらない…。
鉄拳7ストーリー、豪鬼vs平八戦までのあらすじ!選べる難易度は4段階
よるのないくに2「アーナスは仲間になり、性格は変わってない」
シュタインズ・ゲート エリート、ゲーム「オカルティック・ナイン」発売日発表など多数
クラッシュバンディクーHD版「3つのプラチナトロフィー」が入手できる
MHXXニンテンドースイッチ版「セーブデータ3DS相互共有可能」「ネットを通じて機種関係なく通信可能」
DQ11縛りプレイをデフォ実装!ドラクエシリーズを懐かしむことができるスペシャルPVも
DQ11砂漠の町「サバディ」プレイ動画!PS4版と3DS版両方で同じ場所で比べられる
「オメガラビリンスZ」 乙女救出や、おっぱいの挟めるもの、パイタッチなど
クラッシュバンディクー3HDワープルームやロード時間も確認できるプレイ動画
クラッシュバンディクー3HDプレイ動画「きょじんさぎょういんでんせつ」など4ステージ

一番上に戻る