【ネタバレ】仮面ライダーディープスペクターの画像、武器「ディープスラッシャー」が判明!

公開日:

ディープスペクター

ディープスペクターに専用武器が存在することが判明

 

現在放送中の「仮面ライダーゴースト」。
ゴーストの強化フォーム登場を目前にして、今後の展開で登場が判明している「仮面ライダースペクター」の強化フォーム「ディープスペクター」。

この地点で未だに胡散臭さは否めないものの、ディープスペクターの外見と専用武器の「ディープスラッシャー」が判明しているようです。

外見&ディープスラッシャー

情報元画像では、パワーアップした仮面ライダースペクターの姿がやや不鮮明でありながら、認識できるレベルの画像が掲載されています。
そして、専用武器の「ディープスラッシャー」は別の意味でインパクトがあるデザインとなっています。

■情報元画像リンク – ディープスペクター&ディープスラッシャー

仮面ライダーディープスペクター

シルエットでは燃え上がっているように見えた、部分は角。
角は重なっていて一体化しているのか、別の部分から生成されているのかは確定できませんね。
ボディカラーは紫と白色。
どことなくカラーだけならば、チェイスを思い出すのは自分だけでしょうか?

ディープスラッシャー

必殺技名は「ギガオメガギリ」でしょうか。
パッと見、見比べてみてもサングラスラッシャーのただの色違い
いままでに発売されてきたゴーストアイコンは全て対応しているとの記載がありますが、当然といえば当然でしょうか。
外見的に。

ソードモードとブラスターモードの2段変形も同仕様。
一応、DXサングラスラッシャーの画像も貼り付けて起きますが、特に色以外の違いはないように感じますね。
サングラスラッシャー


武器はおいといて、ディープスペクターの外見はなかなかいい感じ。
メテオストームやビーストハイパーのように単体呼びかと思っていたのですが、仮面ライダーと付くようです。

一番上に戻る