「三国志大戦4」 約9年ぶりに新作稼動が決定!排出カードその場印刷で皆平等に!

公開日:

三国志大戦4

三国志大戦4 正式に発表

 

現在「三国志大戦3」が数々のバージョンアップが行なわれて稼働中の三国志大戦シリーズ。
2016年2月19日より行なわれている「ジャパン アミューズメント エキスポ 2016」にて、シリーズ最新作にあたる「三国志大戦4」が準備中であることが決定しました。

同時に公式サイトがオープンしています。

三国志大戦4

公式サイトにて2016年新たに始動との記載から、年内に稼動する感じでしょうか?
3武将のイラストデザインが公開となっており、左から以下の通りです。
三国志大戦4
◆関羽 イラスト:日田慶治
◆曹操 イラスト:まじ
◆孫策 イラスト:ほにゃらら

3の観点からのアピール項目が同時に掲載されています。
多彩なイラストレーターや声優起用は今作でも共通して実行されていくようですね。
三国志大戦4

カードを使い込むと成長するように

カードを使い込むことによって、成長していくシステムが搭載されることが決定したようです。
他、基本的なシステム部分に大きな変化はないようなので、従来通りの遊び方が楽しめる作品になると思われます。

公式サイトへ移動する

オンデマンド印刷に対応へ

今のところ不確定ですが、本作品は業界初の両面オンデマンド印刷に対応しているとのこと。
オンデマンド印刷とは、”必要な分だけ必要な時に印刷する方式“であり、筐体にカード印刷用のプリンターが装備されており、その場で印刷するという流れがになります。

つまり、全プレイヤーに平等にカード排出が行なわれることに。
前のプレイヤーがいいカードが出たからといって、次のプレイヤーが出ないとは限らなくなりますね。
三国志大戦をプレイしている方なら分かるかもしれませんが、前のプレイヤーが良いカード当たったから台変えた経験ありませんか?

ただ、誰もランダム印刷とは言ってませんけどね…。


このゲームがきっかけてゲーセンに通い出した方々も結構いるのではないでしょうか?
稼動当時はカード一枚をホビーショップで購入すると数千円~万が当たり前で結構ビックリした記憶があります。
たまにスリーブに入れないでプレイしている人がいたりしましたが、自分からしたら考えられませんね。

一番上に戻る