◆新着記事(20件表示)

【いにしえの巨龍骨集め】MHXX G級ブラックXシリーズは大剣最強装備候補!【抜刀術2種、納刀術、集中デフォ】
【セール】DOA5LR 井伊直虎使用権や衣装、フラワーコスチュームなどがお安く!
FF15DLC プロンプトが操作でできるストーリー動画、悲しい過去が明かされそうな感じ
ゲーム「このすば この欲深いゲームに審判を!」 誰のパンツなのか当てる裁判で遊べるらしい
MHXXで外見を裸装備にするために【防具合成】
「ガンガンピクシーズ」 ネプの私服姿がかわいい!他のキャラ衣装を着ることができる機能がデフォ実装!
DQ11 PS4版は「フリー移動」「オートカメラ」、3DS版は「3Dか2D」とぞれぞれ2との戦闘タイプあり!
閃乱カグラPBS せっかくなので濡れ透けノーブラ画像を集めたい【巨乳爆乳貧乳】
無双スターズ「マリーなりきり衣装」や閃乱カグラPBS「乳T」などが電撃プレイステーション特典に!
【最新作】「世界樹と不思議のダンジョン2」!新舞台オーベルフェ、新キャラ「ナディカ」登場!予約特典も
【麻痺片手剣】MHXX超にゃんにゃんぼうを作るために【肉球の優待券】
MHXX火山採取ツアーでできるだけ効率的にお守り掘りをしたい。【採取ポイント】
「FGO VRフューチャリングマシュキリエライト」ゲーム画面公開されるも、若干グラクオリティが心配【PSVR】
閃乱カグラPBS グレラン、ロケラン、スナイパーの弱体化アプデが確定【武器調整】
MHXX片手剣最強武器をまとめてみたい【属性別、二つ名含む】
MHXX G級桐花・真シリーズの出し方【双剣、連撃会心撃超会心装備】
DOAX3すじこが再配信!手軽に手に入る超セクシー水着【宝石紐水着】
DOAX3 ほのかの誕生日記念で限定わくわくレベル7倍ボーナスキャンペーン中!【レベル上げ】
鉄拳7ストーリー「アザゼルを倒したのはデビル仁」など6からの繋がりも見せるキャラプロフィール第1弾
閃乱カグラPBS、売上初週消化率は85%!やはりおっぱいは強かった!【品薄】
MHXX セーラームーンクエストが配信!ニャンター限定クエスト【灰水晶の原石の場所】
閃乱カグラPBS楽すぎるレベル上げ、放置が素晴らしすぎました!
「いちご100% EAST SIDE STORY」として復活連載!ToLOVEると入れ代わりで良い時期か
DQ11 仲間キャラ「マルティナ」「ロウ」判明!武闘家姐さんとふとっちょ白鬚爺さん
ブルーリフレクション「芳村梨佳」 髪留めが似合う普通であることを気にする少女
閃乱カグラPBSで白い液体と黄金水をかけられるぴよぴよが遂に配信開始される。
KOF14 DLCキャラクター「ヴァネッサ」参戦!巨乳三十路人妻キャラ
MHXX神おま入手目指して、効率よく風化したお守りを収集する手段を探したい
「MHXX」「閃乱カグラPBS」どちらも前作から大きく売上を落とすことに…。
「閃乱カグラ」次回作とみられる、7作品目を意味する映像が話題になる【ネタバレ注意】



アーケード「進撃の巨人 TEAM BATTLE」 コントローラーはスナップブレードを立体化して搭載!

公開日:

進撃の巨人 TEAM BATTLE

「進撃の巨人 TEAM BATTLE」 筐体周辺機器や、ゲーム画面が公開

 

2016年冬に稼動が決定した、アーケード版「進撃の巨人 TEAM BATTLE」。
本作品では、オンライン共闘なども取り入れた作品で、今回で多数の仕様が判明しました。
出展はカプコン

一応記載しておきますと、2016年2月18日コーエーテクモゲームスから発売となったコンシューマ向け「進撃の巨人」とは開発も展開方針も全く違う別物なので注意しておきましょう。

コントローラー

本作の注目どころ。
原作でも登場する立体機動装置は、作品の魅力の一つですが、このゲームでは両手で持つことができるトリガー式のコントローラーを使用します。
モチーフはスナップブレードの手元部分を立体化したもの。
進撃の巨人 TEAM BATTLE 進撃の巨人 TEAM BATTLE 進撃の巨人 TEAM BATTLE 進撃の巨人 TEAM BATTLE 進撃の巨人 TEAM BATTLE 進撃の巨人 TEAM BATTLE

2つのコントローラーには、トリガー2つとスティックが付いている。
◆トリガー:立体機動装置移動、攻撃
◆スティック:キャラ移動、カメラ移動
という具合に操作方法を分担している。

スクリーンショット

ゲーム画面が公開されるのは初。
グラフィック部分は普通かな?
マップが下にあるのが若干邪魔なような気がしますが、先日発売されたばかりの進撃の巨人新作にも見劣りしない出来。
進撃の巨人 TEAM BATTLE 進撃の巨人 TEAM BATTLE

ゲームは1チーム最大4人まで(最大8人)の協力プレイ他、一人で遊ぶことも可能。
今回は筐体の出展のみで、プレイは不可能のようなので、詳細はまだまだ不明となっています。


情報元リンクへ移動する


こちらはビジュアル面よりも、臨場感に注目していきたい作品なので、比べる部分が根本的に間違っていますがどうしても…ね。



◆更新報告:

一番上に戻る