◆新着記事(20件表示)

ニーアオートマタ まるで改造?攻撃も防御も回避も全部自動でやってくれる設定
ニーアオートマタ オンライン要素「義体」あり!DLC情報やよくありそうな質問など!
「無双スターズ」ラスト1キャラは「仁王」よりウィリアムが参戦!強キャラくせぇ
ノーワルの1/2特大フィギュアが登場!ネプテューヌやデート・ア・ライブなど
ララのメイドフィギュアのパンツが落ちそうでヤバイ!美柑、唯のバニーフィギュアなども!【ToLOVEる】
DOA5マリーの1/5フィギュアなど、魅力的な格ゲー女性キャラが多数立体化!
「ブルーリフレクション」瀕死状態がいろいろセクシーなんだけど?ボス戦、原種との戦いプレイ動画!
D3パブリッシャーから魅惑のおっぱいサイトが登場!触ると発表が先送りになっていくらしい
FF15 アプデートVer1.05配信開始!Pro版60fps出力対応、ニーア曲追加など
閃乱カグラPBS体験会に超上手いプレイヤー現る!くねくねフィニッシュまで完璧
ムテキガシャットは他ライダーも使用可能!仮面ライダークロノスは時を自在に操る敵ライダー!
リメイク版FF7 ガードスコーピオン戦やカバーアクションが確認できるスクショ公開!
【画像】DOAX3「すじこ」がセクシーすぎ!これは飽きた方々も久々に起動して入手すべき
KOF14 DLCで追加キャラクターが登場決定!クーラやアンヘルなどの新規コスチュームも!
「四女神オンライン」 今回の最強クラスキャラクター、今回もユニやロムが候補に!
「四女神オンライン」のスマホケース4種類が登場!今回はブラン、ベールVerもある
遊戯王新ルールに「リンク召喚」が登場!EXデッキモンスター複数展開にはエリア拡張がほぼ必須
「閃乱カグラ PBS」 濡れ透け水着だらけ!30忍を超える参戦キャラや、新フィニッシュ技など最新作の魅力が詰まったPV2弾!
「ガンガンピクシーズ」ノワールのお風呂場へも侵入可能!これは…!!
「四女神オンライン 6万本突破記念キャンペーン」 つなこ氏サイン入り複製色紙が貰えるかも?
リメイク「クラッシュバンディクートリロジー」 クラッシュ2含む、美麗な新ゲーム画面公開!
PS4「クラッシュバンディクー」リマスター 1~3まで遊べる最新作、発売日が6月30日に決定!
ブルーリフレクション メガネ娘「西田早苗」 控えめだけど日菜子を元気づけてくれる良き友達
閃乱カグラPBS サンプルボイス残り19名分公開!焔紅蓮隊や巫神楽など!
四女神オンラインの攻略本が発売決定!特典は衣装コード「みんなで猫スーツ」に!
閃乱カグラPBS 「濡れパワーアップ」や「購買部店番は自由に設定可能」!
【バグ】「四女神オンライン」オンカクつきや、倒したモンスターが消えないなどの不具合修正アップデートを予定!
MHXX 部位破壊した場所をマップに表示、操虫棍の猟虫の付け替えが可能など!
【ネタバレ要注意】MHXX、未公開の新登場&復活する計8体のモンスターが判明する。
DOAX3 追加水着第22弾「すじこ」が配信!胸やお尻、最後だけあってお色気100点!



PS4「鉄拳7」 PSVRは、観戦を楽しむ形で対応するのかも?

公開日:

鉄拳7 PSVR

鉄拳7 PSVRの対応について

 


アーケード版では新作「鉄拳7 FATED RETRIBUTION」が稼動を予定している、「鉄拳7」。
PS4版の発売も決定しており、家庭用版ではプレイステーションVRに対応することが決定しています。

現在はアーケード版が盛り上がっているため、家庭用版の続報は皆無ですが、週刊ファミ通様にて仕様確定ではないもののPSVRに触れられた文章が存在するようです。

PSVRの対応形式は?

◆小野氏:
格闘ゲームの大会って、みんな生で見ようと集まってくれるんだけど、会場にいても見ているのはスクリーンなんだよね。
しかも、席によっては見えづらい。
だったら、みんながVRHMDを被って、闘いの最前列で体育座りしながら見るのがいいかなと(笑)。

◆原田氏:
僕も観戦ならVRが使えると思っていて「鉄拳7」ではそういうのをやりたい。

◆小野氏:
目の前でキャラクターが闘っているのを見るほうがしっくりくるかなと。
自分でプレイするのは難しいよね。


◆原田氏:
自由視点で遊ぶならいいんだけど、格闘ゲームの主観視点は怖いだけだから。
プロボクサーやレスラーが目の前で暴れる疑似体験は、多くの人が喜ばない(笑)。

鉄拳7


ということで、気になっていたPSVRの対応形式は観戦が濃厚?
鉄拳2に搭載されていた主観視点のゲームモードや、PSVita版のDOA5でも似たようにFPSで格闘ゲームを楽しめるモードが存在します。
あれ、正直楽しくないんですよね。

格闘ゲームといえば、やはり2キャラが画面にいないと。
心身的に危なくないような位置からのリアル観戦が一番楽しそうですね。



◆更新報告:

一番上に戻る