◆新着記事(20件表示)

MHXXの公式ガイドブックがファミ通から発売!1296ページの大ボリューム!
閃乱カグラPBS ほのか、マリー、あやねが配信開始!ノーブラやキス、水着外れは不可能仕様
オメガラビリンスZ ドMなロリ美少女「瑠璃川うらら CV:小倉唯」参戦!嘗め回す「悶舌★覚醒」も実装へ
【定価超え】ブルーリフレクション「夏を彩る大ボリュームシーズンパス」なる9000円超えのDLC登場!
MHXX アップデートVer.1.1.0が配信開始!ダウンロードのやり方とか変更点とか
PS4「限界凸城キャッスルパンツァーズ」 ジャンルはパイ×シリRPG、正確には初のSRPG作品
【連射弓最強】MHXXでぜひ作っていきたい弓、スキュラヴァルアローや荒鉤爪弓など【G級】
ジャム1/7フィギュアが登場!チャイナ服姿をそのまま再現【ギルティギア】
【いにしえの巨龍骨集め】MHXX G級ブラックXシリーズは大剣最強装備候補!【抜刀術2種、納刀術、集中デフォ】
【セール】DOA5LR 井伊直虎使用権や衣装、フラワーコスチュームなどがお安く!
FF15DLC プロンプトが操作でできるストーリー動画、悲しい過去が明かされそうな感じ
ゲーム「このすば この欲深いゲームに審判を!」 誰のパンツなのか当てる裁判で遊べるらしい
MHXXで外見を裸装備にするために【防具合成】
「ガンガンピクシーズ」 ネプの私服姿がかわいい!他のキャラ衣装を着ることができる機能がデフォ実装!
DQ11 PS4版は「フリー移動」「オートカメラ」、3DS版は「3Dか2D」とぞれぞれ2との戦闘タイプあり!
閃乱カグラPBS せっかくなので濡れ透けノーブラ画像を集めたい【巨乳爆乳貧乳】
無双スターズ「マリーなりきり衣装」や閃乱カグラPBS「乳T」などが電撃プレイステーション特典に!
【最新作】「世界樹と不思議のダンジョン2」!新舞台オーベルフェ、新キャラ「ナディカ」登場!予約特典も
【麻痺片手剣】MHXX超にゃんにゃんぼうを作るために【肉球の優待券】
MHXX火山採取ツアーでできるだけ効率的にお守り掘りをしたい。【採取ポイント】
「FGO VRフューチャリングマシュキリエライト」ゲーム画面公開されるも、若干グラクオリティが心配【PSVR】
閃乱カグラPBS グレラン、ロケラン、スナイパーの弱体化アプデが確定【武器調整】
MHXX片手剣最強武器をまとめてみたい【属性別、二つ名含む】
MHXX G級桐花・真シリーズの出し方【双剣、連撃会心撃超会心装備】
DOAX3すじこが再配信!手軽に手に入る超セクシー水着【宝石紐水着】
DOAX3 ほのかの誕生日記念で限定わくわくレベル7倍ボーナスキャンペーン中!【レベル上げ】
鉄拳7ストーリー「アザゼルを倒したのはデビル仁」など6からの繋がりも見せるキャラプロフィール第1弾
閃乱カグラPBS、売上初週消化率は85%!やはりおっぱいは強かった!【品薄】
MHXX セーラームーンクエストが配信!ニャンター限定クエスト【灰水晶の原石の場所】
閃乱カグラPBS楽すぎるレベル上げ、放置が素晴らしすぎました!



DOA5LR 新キャラは「井伊直虎」? 戦国無双とのコラボレーションが決定!

公開日:

DOA5LR

DOA5LR 意味深な井伊直虎らしきスクリーンショットが公開

 

2015年12月26日に開催された「APM D-1 FIGHTING FESTIVAL」にて、現在発売中の「DEAD OR ALIVE5 Last Round」に関する今後の追加コンテンツに関する新情報が2つほど公開されています。

戦国無双より、井伊直虎参戦か?

会場では戦国無双シリーズとのコラボレーションが決定。
そこで公開となったのは「井伊直虎」と思われる胸元を映し出しもの。
早矢仕P曰く、”アーケード版にも早い時期に登場する“との記載あり。

顔部分を隠している点からもコラボレーションコスチュームではないように思え、情報元の電撃オンライン様でも”参戦か!?“との語尾が使用されています。
DOA5LR DOA5LR

参考動画、戦国無双4より。

配信時期は2016年3月
そして、現在未公開のDOA5LRの追加コンテンツとして告知されている新キャラクターの配信時期は2016年3月
その同時期には新キャラ分の追加衣装配信も決定しています。
DOA5LR


◆新規追加キャラクター使用権
・2016年3月配信
◆新規追加キャラクター デビューコスチューム
・2016年3月配信 / 5着

タツノコプロとのコラボレーション衣装

こちらは前々から告知されていた、タツノコプロダクション作品とのコラボレーション衣装。
そのデザインの一部が公開となりました。
DOA5LR DOA5LR
1枚目の後ろとか完全に顔隠れちゃってますが…。

配信時期は2016月1月中とのこと。

情報元リンクへ移動する


直虎が参戦しても違和感はありませんね。
戦国無双でも接近攻撃系統のモーションなので選ばれたと考えると、制作陣もあまり考え込まずに作れそうな気がする。



◆更新報告:

一番上に戻る