【MHX】モンスターハンタークロス ハンマーのモーション値・気絶値が判明!

公開日:

モンスターハンタークロス ハンマー モーション

モンスターハンタークロス ハンマーのモーション値

 

4つのスタイルから攻撃モーションが異なる「モンスターハンタークロス(MHX)」ですが、本作品の「ハンマー」に関するモーション値が判明しているようです。

判明分は体験版のものなので注意。
ハンマーの調査班によって気になるスタイルごとの攻撃力の差が調査されました。
必ずしも合っているとは限りませんが、貴重な情報源からぜひとも参考にさせて頂きましょう。

ハンマーについて

武器属性は打撃。
頭部に攻撃を行い続けると気絶を起こすことができるが、今作ではパーティ人数でモンスターの耐性が上昇するようなので注意。

基本戦術

タメながらモンスターを様子を伺い、頭部や弱点に向かってヒットアンドアウェイ戦法が基本。
ダウンや気絶した際はXボタンからの、通称縦3で弱点の大ダメージを与える。

狩技導入で「スピニングメテオ」等の高威力技を見に付けたが、実際そこまで縦3と大差ない模様。
場合によっては「絶対回避」を2つセットする等で、強引に攻めたほうがダメージ効率が上昇するかもしれません。

ギルドスタイル

基本的にいままでと変化はない感じ。
括弧内の数字はスタン値を表記しています。

◆振り上げ:20(15)
◆横振り:15(15)
◆縦振り1:42(15)
◆縦振り2:20(15)
◆縦振り3:90(50)
◆溜め1:25(15)
◆溜め2:40(40)
◆溜め3:15+76(5+27)
◆回転攻撃:20+10*n(1hit5)
◆回転攻撃1:60(40)
◆回転攻撃2:90(50)
◆回転攻撃自然停止:40(5)
◆ジャンプ攻撃:42(15)
◆ジャンプ溜め1:65(40)
◆ジャンプ溜め2:70(40)
◆ジャンプ溜め3:80(40)


メリット

全ての攻撃が過不足なく行なえる。
いままで使用していたハンターにとって一番しっくりくる点。

タメ3回転攻撃横殴りからの縦3が使用できるのはこのスタイルのみ。

デメリット

飛び出た特徴を保有していない。
MH4Gから狩技以外変化がないため、熟練したハンター以外だと素早いモンスターに対応できない場合も。

ストライカースタイル

速攻で溜めがMAXになってしまうスタイルで、減気効果が抜群。
若干溜め3が強化されている模様。

縦3のモーションが初代Verに変化しているが、モーション値はMH3と同様との結果に。
ただし、高い場所には届かなくなるので使いどころに注意。

ソロ専用スタイルorマルチプレイ時にタメ2を瞬時に出したい方向け。

◆縦振り3:60(20)
◆溜め3:19+86(5+27)

溜め短縮:集中」の対象になる。
発動させれば、気絶時にもスタンプを使用して縦3にもそこまで劣らない火力が叩き出せる。

メリット

タメ3の威力がホームラン級に上がっているため、ソロで重宝する。
そのため、疲労も起こし易い。
タメはじめからほぼラグなくアッパーが発動可能なので、攻撃が間に合う場合がある。

デメリット

アッパーが削除されているので、ここぞという時に狩技が使用できないと火力不足に陥る可能性も。
主力がタメ3とすれば、オンラインプレイには向かない。

エリアルスタイル

最大タメがアッパー攻撃に変化。
ギルドスタイルよりも1.5倍に強化されている。

◆溜め3:60

また、「溜め短縮:集中」発動で安定して空中タメ2まで発動することができるようになる。

空中Aボタン二連撃。
◆ジャンプ攻撃X:42(15)
◆ジャンプ連続叩きA:40+55(10+15)

メリット

無論、どこでも乗りからの気絶が狙える。
タメ3削除のため、ピンポイントで攻撃を狙い易くなった。
空中攻撃の二連撃の威力が高いため、空中攻撃でもダメージ効率が落ちにくい。

デメリット

タメ3そのものが削除されているので、回転等の属性を活用した攻撃方法には向かない(オオナズチに属性ダメージで頑張る等)。
味方を回転等で巻き込む可能性がなくなった分、被害を及ぼす時は味方を空中にカチ上げることになってしまう。

回避に慣れなければ、生存率の低下。
スタミナ管理がやや難しくなる。

ブシドースタイル

溜めスタイルがMHG以降と同様になったが、モーション値は若干上昇した程度。
ジャスト回避後タメでアッパーが即発動するため、ピンポイントで狙い易いかも。

◆溜め2:38(15)
◆強溜め1:50(45)
◆強溜め2:60(55)
◆強溜め3:20+90(10+27)
◆強溜め3スタンプ:20+80(10+27)
◆ジャンプ強溜め1:75(45)
◆ジャンプ強溜め2:80(45)
◆ジャンプ強溜め3:90(45)

メリット

なんといっても、回避成功率の向上から生存率が飛躍的に上昇すること。

デメリット

ジャスト回避後のタメ攻撃はそれなりに威力が高いのでソロで重宝する反面、オンラインではジャスト回避後に即攻撃しないと味方を引き飛ばす特性が強制的に発動してしまう(スタンプしかできない)。
タメ2アッパーが通常時に使用できないため、中距離からの攻撃方法がなくなってしまう。

狩技

ストライカースタイルでは、5%ゲージが上昇しやすくなる。

スピニングメテオIII

◆威力Lv1:20+20+125
◆威力Lv2:15+15+15+15+130
◆威力Lv3:10+10+10+10+10+165
◆ゲージ:1080

この数値が正しければ無理に装備する必要なし。
最終部分が最も威力が高いが、スタンプ同様に味方を吹き飛ばすのでダウン中などの味方が密集しているタイミングでは注意が必要。
振り回している時のスタン値もそれなりに高い。

正直縦3で十分か?
縦3の攻撃力合計は152。

大挑発

◆威力Lv1~3:45
◆ゲージ:670

LV3になると自分自身の防御力を60秒間の間20上昇させる。
なぜ攻撃力にしなかったし…。

タイフーントリガー

ボタンを押したタイミングで、追加入力が発生してホームランに移行する。
Lv2からはタイミングはよければ最大60、Lv3では80に威力が変化する。

◆威力Lv1:5*n+50
◆威力Lv2:5*n+60
◆威力Lv3:5*n+80
◆ゲージ:不明
・ゲージはスタンプ3回程度で溜まる

スピニングメテオ」に対して、こちらはスタン重視。
ただし発動地点からホームラン時ではハンターの位置がズレているので調整が必要。


なぜハンマーだけかって?
単純に一番気になっていたからです。

ちなみにパーティプレイの場合、ブシドースタイルは味方の攻撃でも発動します。
なので、開幕タメしたい場合は攻撃してもらうのも面白いかも?

■【MHX】モンスターハンタークロス 大剣のモーション値まとめ
■【MHX】モンスターハンタークロス 片手剣のモーション値まとめ
■MHX おおよその乗りダメージ判明!公式ガイドブック、従来通り詳細データは完備!A4大型本で発売!



◆更新報告:


PS4版「ジャック×ダクスター 旧世界の遺産」はHD版なのか?アーカイブ版なのか?ちょい予想
古手川唯、青バニー姿の1/4フィギュアが登場!尻強調ポーズか【To LOVEるダークネス】
「四女神オンライン版パープルハート様」1/7フィギュアの出来が良すぎ!背中やお尻がキュート!
フリープレイアンコールゲームが「キルゾーン」「グラビティデイズ」「チャイルド オブ ライト」に決定!
「アンチャーテッド 古代神の秘宝」日本語PV、クロエとナディーンの絆の進展に注目!
コンパイルハート、新作RPGゲームを準備中!発表雑誌が電撃PSじゃなくファミ通であるところが気になる
オメガラビリンスZではパイとチチも操作可能に!やりこみダンジョン、セクシーギャラリーモードなど!
アンチャーテッドは4以降も登場する?少なくともシリーズ完結ではないことは事実
中国全土スケールを実現した「真・三國無双8」 プレイ動画入りのPVが素晴らしい!
初プレイ動画「新次元ゲイム ネプテューヌVIIR」VRイベントや、高難易度戦闘バウンティークエスト2本が公開!
閃乱カグラPBS公式イラストブック、添い寝シーツに描かれる人気キャラが決定!やはりあの人が強い
「アンチャーテッド 古代神の秘宝」国内配信日が9/14に決定!特典はまさかのPS4版ジャック×ダクスター1!
「塔亰Clanpool」変身した姿デジスキンや、ターン制の戦闘システムも判明!
塔亰クランプール予約特典「メイドスキン」、限定版、店舗別特典の内容が公開!
ネプテューヌVIIRでは戦闘終了のタイミングで体力などが全回復する!操作方法も判明!

一番上に戻る