鉄拳7 スーパースローモーションがやっぱりすごい!まるで映画のような演出!

公開日:

鉄拳7 スーパースローモーション

鉄拳7 スーパースローモーションってやはり偉大だった模様

 

現在アーケード版が稼働中、及びPS4で発売が決定した「鉄拳7」。
本作から取り入れられている新システム「スーパースローモーション」ですが、大会の盛り上がりなど、稼動から1年が経とうとしている中今でも絶賛されているようです。

スーパースローモーションって?

スーパースローモーション」とは、お互いのプレイヤーが体力ギリギリの状態で、ほぼ同時に攻撃を行なった際に発動する演出のこと。
ただし、これはシステムが先読みをしているだけであって、必ずしもヒットするとは限らないということ。
いままでの試合形式には全く影響がなく、簡単に言えば試合終了間際がカッコ良くなるものだと思っておけばOKかと。

リプレイとは異なり、試合中に発生するものなので違いに注意。

こちらは過去に投稿された対戦試合のスローモーションを収集して編集したもの。
慣れてしまうとゆっくりKOにも感じてしまいますが、試合が終了する瞬間にヒートアップする着火原にもなります。


こちらは先日行なわれた大規模大会「MASTERCUP.8」の一シーンから。
大会実況者等、このような歓声など盛り上がりを見せることが実現しています。

ちなみに上記動画、ノビ氏が勝利する瞬間、スローモーション中には既にガッツポーズを取っていたそうです。
現地点では最高段位、最高峰のドラグノフ使いだからこそできたことかもしれませんね。


大会など、白熱した試合を考えると面白いシステムだったのですね。
なんといいますか、目に見えて盛り上がりが違うというんですかね?

一番上に戻る