【MHX】モンスターハンタークロス ニャンタークエスト公開!ガムート戦のプレイ動画も!

公開日:

MHX

モンスターハンタークロス ニャンタークエスト情報が公開

 

発売まであと1ヶ月ほど。
2015年11月28日に発売となる3DSモンスターハンターX(クロス/CROSS)」ですが、アイルーに関する情報がいくつか公開となっています。

本作ではオトモアイルーを操作することができる、「ニャンターモード」が搭載されていることが判明しています。
今回、関連する多数の情報が公開されていますが、中から気になった部分のみを掲載しておきます。

ニャンターモードって?

ニャンターモードとは、プレイヤーが雇用したアイルーを操作してクエストに出撃できるもの。
ハンターに比べて火力は劣るものの、スタミナ無限や採取ツール使い放題、未消費のサポートアイテムの充実が特徴といえます。

ニャンターの育成

基本的にオトモアイルーとニャンターは連動して育成されます。

育成は端材を消費する

恒例システム、アイルーの装備アイテムは端材系素材を消費して生産することができます。
その他、レベルによる育成も可能なので、この点はこれまでのシリーズと変化はないようです。

サポートできる行動を装備する

サポート行動の装備可能数は上限がありますが、これらはレベルアップすることによってスロット(記憶力)が増加していく。
また、能力によっては左側に鍵穴マークが表示されているものもあり、該当する大型モンスターについていくことで解禁されるようです。
MHX MHX

モンニャン隊

今回もモンニャン隊システムが実装されています。
メンバーと探索地域を選択して出撃。

今回は比較的時間がかからないシステムとなっており、上下画面が連動した大砲発射画面となっている。
力加減などを上手く調節して、上画面お探索範囲内にアイルーを発射できれば成功となるようです。
MHX

発射前

MHX MHX

発射後

MHX MHX

ニャンタークエスト

簡単に言えば、ニャンター限定クエスト。
その種類はハンター同様に簡単な討伐クエストから、特定アイテムの納品クエストまで幅広く用意されているようです。
MHX MHX MHX

その他、もっと詳しい情報等は公式サイトにて公開されていますので、ぜひとも目を通しておきましょう。

公式サイトへ移動する

ガムート戦プレイ動画

紹介の機会を逃してしまったプレイ動画。
ハンターとニャンターが同行してクエストに出撃するものなのですが、何気に初出しとなる看板モンスターの1体ガムートが登場するものとなっています。

ニャンターのツタの昇り速度がハンパないですね。


勝てないモンスターがが出てきたら、ニャンターで地中に潜って行動を観察するのも面白いかもしれませんね。

■クリックで予約・販売価格を表示する
MHX 【MHX】モンスターハンタークロス ニャンタークエスト公開!ガムート戦のプレイ動画も!MHX 【MHX】モンスターハンタークロス ニャンタークエスト公開!ガムート戦のプレイ動画も!
・[3DS]モンスターハンタークロス
・[3DS]モンスターハンタークロスアクセサリーキット



◆更新報告:


FF15エピソードプロンプトで使用できる武器やスキル紹介、序盤15分間に渡るプレイ動画が公開!
クラッシュHD版DLC「クラッシュ・バンディクー 〜失われた財宝〜」が判明!没ステージStormy Ascent採用か?
クソゲー=ゲームBGMが神すぎる!の法則は当てはまるのか?
三國無双シリーズの進化【~無双8まで】 グラフィックよりも雑魚敵表示数に注目か
両備巨乳フィギュアはおっぱいサイズの切り替えが可能に!【閃乱カグラ】
ブルーリフレクションの画集「公式ビジュアルコレクション」が登場!コスチュームスポーツ衣装セット付き
「クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!」パッケージデザインは日本向けに変更されている!
PS4版「ジャック×ダクスター 旧世界の遺産」はHD版なのか?アーカイブ版なのか?ちょい予想
古手川唯、青バニー姿の1/4フィギュアが登場!尻強調ポーズか【To LOVEるダークネス】
「四女神オンライン版パープルハート様」1/7フィギュアの出来が良すぎ!背中やお尻がキュート!
フリープレイアンコールゲームが「キルゾーン」「グラビティデイズ」「チャイルド オブ ライト」に決定!
「アンチャーテッド 古代神の秘宝」日本語PV、クロエとナディーンの絆の進展に注目!
コンパイルハート、新作RPGゲームを準備中!発表雑誌が電撃PSじゃなくファミ通であるところが気になる
オメガラビリンスZではパイとチチも操作可能に!やりこみダンジョン、セクシーギャラリーモードなど!
アンチャーテッドは4以降も登場する?少なくともシリーズ完結ではないことは事実

一番上に戻る