映画「仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス」 新フォーム「ゼロドライブ」、物語のあらすじが公開!

公開日:

仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス

仮面ライダー ゴースト&ドライブ、冬の映画に関連する情報が多数公開

 

2015年12月12日に全国にて公開を予定している映画「仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス」。
東映様の情報サイトが更新されて、ドライブの新フォームや映画のプロローグ部分が公開されています。

メインビジュアル

世紀の大天才vs仮面ライダー

こちらが公開されたビジュアル。
正面には仮面ライダーゴーストの通常フィームに並び、仮面ライダードライブの新フォーム「仮面ライダーゼロドライブ」が公開。
公式表記は上記の通りなので、別ライダーとして扱われるかは不明です。

そして何気に、ゴーストの2号ライダー「仮面ライダースペクター」が左側に映っていますね。
仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス

チケットビジュアルも公開。
仮面ライダーゴーストの4形態と、タケルが映し出されたものと。
仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス
いかにもチェイスが主人公にしか見えないドライブサイドのビジュアル。
仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス

一瞬、シネマ版のチェイスの何かかと思いましたよ…。

物語

以下、公式からの物語部分。

共通の敵・眼魔を追う中で出会った2人の仮面ライダーは、突如巻き起こった時空のゆがみにより、10年前の世界へ飛ばされてしまう。そこには進ノ介と知り合う前のベルトさん、眼魔に殺され今は亡きタケルの父の姿があった…。

一方、過去へ“異物”が迷い込んだ影響で、現代では仮面ライダードライブに撲滅されたロイミュードが復活を遂げていた。仮面ライダースペクター、仮面ライダーマッハ、そして大切なものを守って散った仮面ライダーチェイサーも現れ、必死に食い止めるが、ロイミュードの力はより強まっていた。2人が現代に戻らなければ、人類が危ない。しかしタケルは父の命を奪う魔の手が迫ることに気づき、過去に残り父を救う決意を固める。それが眼魔の手によって蘇った「世紀の大天才=レオナルド・ダ・ヴィンチ」が仕掛けた“罠”だとは知らず…。

最強の敵となった“偉人・英雄”が時を超え、世界を揺るがす大事件を起こす!

中部分あたりからサブライダーの名前が並んでいるので、過去に飛ばされてしまったのはドライブとゴーストのようですね。
当たり前か…。
ゴーストの劇場限定フォーム、間違いなく本文中にあるヤツですよね。

情報元リンクへ移動する


ドライブの新形態のゼロドライブ、プロトゼロと何か関係があるんでしょうかね。
でも頭部の形状はタイプスピードのようですが?

そういえば話は代わりますが、鎧武の小説版発売されるんですね。
買わなければ。

一番上に戻る