MGS5:TPP FOBは作っておきたい!でも資源・資材や兵士、GMPを奪われたくない!という方へ。

公開日:

MGS5:TPP FOB

MGS5:TPP FOB対策を考えてみた結果

 

メタルギアソリッド5 ファントムペイン」に実装されているオンライン上にプラットフォームを作成して更なる人員配置を可能にするFOB。
しかし、作成してしまうと他のプレイヤーから資源や兵士を奪われてしまう危険性が付きまとい、オフライン特化で楽しみたい方々には恐怖以外の何者でもありません。

奪われてもいちいち取り返しに行っていたらゲームをプレイしている時間が限られているユーザーにとっては苦痛。
ならオフラインでプレイすれば?と思われてしまうかもしれませんが、人員を確保しておける幅が広がるためFOBの増築は少なからずやっておきたいと思いますよね。

対策は簡単、それは?

※この方法は、今後アップデート等で今後使用できなくなる可能性があるので要注意

現状、FOBの被害を一切無効にしてしまう方法が一つだけ確認されています。
それは、セーブデータのバックアップを事前に取っておくこと。

え?そんなんで大丈夫なの?
基本的にゲームプレイ中はオフラインの状態で行い、オンライン機能をONにする直前にセーブデータのバックアップを取っておきます。
データをロードした時、もし「FOBの防衛に失敗しました(うろ覚えなので文面は間違っている可能性あり)」的なメッセージが表示されたらバックアップを適応するだけ。


再度ロードしたときにも「FOBの防衛に失敗しました」のメッセージは表示されますが、被害は全く受けていない状態になっています。
兵士や資源、GMPも減っていません。
ただし、防衛成功で取得した報酬や日別のアイテム報酬も受け取れなくなってしまうので、赤字になったらバックアップを適応するのが良いかと思います。

どうやら、1つのアカウントで1回しか被害の影響は受けないようですね。
PS4で確認したものなので、他機種でもできる保障はないので注意して下さい。


FOB増築するとキャンペーンのレベル上げに有利になるのでぜひとも行いたいところ。
相手プレイヤーに侵入はする気ないのに、防衛するなんでバカバカしい!
オフライン特化で楽しみたいんじゃ!という方はこの方法を行なっておくと良いかもしれません。

一番上に戻る