◆新着記事(20件表示)

「閃乱カグラPBSの看板娘」雪泉、日影、詠特別イラスト公開!ゲーム中にも等身大看板として登場!
【攻略】グラビティデイズ2、パワーアップ効果&必要ジェム数まとめ
無双スターズ エンディングの分岐システムが判明!環、刹那、志貴それぞれの物語が描かれる!
まるで映画!近年増える、プレイヤーに自由がないゲームは飽きた?
MHXXのレンキンスタイルなどをプレイ動画で紹介!青電主ライゼクス戦収録、二つ名BGMが原種と同じになってる。
DOAマリーやほのかのプレイ動画も収録!「無双スターズ」無双乱舞集的なPV第2弾公開!
「四女神オンライン」冒険者の拠点ウィシュエルにある施設が追加公開!セーブは大聖堂で行う模様!
無双スターズ 「レグリナ」「呂布」「井伊直虎」「織田のぶニャ」のゲーム画面公開!
DOAX3 追加水着第20弾「マンボウ」が配信!胸元がキュートなミニスカコスチューム!
ファイアーエンブレム無双など、ニンテンドースイッチ&3DS中心に新作が多数発表!
【GGXrdR2】前作持ちアップグレードは2000円!梅喧などのゲームスクショも公開!
日本一ソフトウェア、2つ目のカウントダウンサイトが終了!内容が予想外すぎるんだが…。
「四女神オンライン」 女神様のTシャツ、缶バッジ、ドッグタグなどのグッズが登場!【ネプテューヌ】
「閃乱カグラEV 桜エディション」ダウンロード版が2988円で購入可能セール中!2/15まで
MHXXの砦「ラオシャンロン」はクエ開始後待ち時間なし!大砲の弾も進化し、新ギミックあり!
閃乱カグラPBS初回特典衣装「お掃除メイドさん スプラッシュセット」のプレイ動画公開!
ブルーリフレクションの高画質戦闘プレイ動画公開!おしゃれなIFをチェック!
「ねぷねぷ☆コネクト カオスチャンプル」 オリキャラ郵便配達員「アメイル」&商人「マー」登場!
SG/ZHスクールガールゾンビハンターはお色気目当てで購入する価値はあるのか?
「ブルーリフレクション」のプレイ動画が公開!異世界探索や、アイテム回収、戦闘シーンを収録!
VRゲームは遂に匂いが出る時代!「VAQSO VR」がなんか凄い!小型でPSVRでも使用可能
外山D グラビティデイズ3など、シリーズの今後の予定はいまのところなし。
「四女神オンライン」の拠点で使える便利施設のスクショ公開!大聖堂では祈祷してバフ効果を得られる。
「追放選挙」 主人公が妹を追放された復讐を遂げる物語であることが判明!
「文庫版To LOVEる」5巻と6巻は天条院沙姫とルンが表紙!裏面はキョウコなど、過去表紙を彷彿させるキャラも!
「無双スターズ」 呂布や井伊直虎、レグリナ、織田のぶニャ4名のキャラが参戦決定!
「超スーパーヒーロー大戦」特報映像!あのヒーローの姿…って?電王やゾルダなど気になる姿も
DOA5LR「お嬢様の休日コスチューム」が配信!シーズンパス6特典にはマリー&ほのかコスが付属!
閃乱カグラPBSが初プレイアブル出展でプレイ動画間もなくか?水ゲージは真ん中に表示されるらしい
PSVRの次期再販売がバイオハザード7発売日に決定!ようやく大作VRゲーム登場!



PS「進撃の巨人」 4枚のスクリーンショットが公開!建物や巨人の部位破壊など、少しずつシステムが判明!

公開日:

進撃の巨人

PS機種の進撃の巨人 ゲーム画面が公開

 

無双シリーズで知られるオメガフォースが担当するPS4・PS3・PSVita進撃の巨人 -attack on titan-」。
本作のゲームスクリーンショットが公開され、僅かながらゲームが画面が公開となっています。

まだまだ全貌公開までは程遠いが、3Dグラフィックで制作された街並みなどが披露されました。

ゲーム画面

本作は、巨人討伐アクションとして制作されている。
こちらの主人公エレンが映る画面は、過去に公開されたプロモーションビデオの一部として収録されてました。進撃の巨人ゲーム中の移動は立体機動装置を使用して行うことで、無双シリーズ以上に自由な行動を可能とする。
進撃の巨人
ゲームの舞台となるトロスト区。
この街には原作でも使用された対巨人用の大砲や、戦闘には必須の武器や弾薬が保管されている倉庫も存在する。進撃の巨人
巨人に侵攻され、炎上する街並み。
攻撃されてしまえば、街の被害も拡大して建物が破壊されていく演出も存在するという。
破壊されると足場がなくなり、戦い辛い状況に陥ってしまう。進撃の巨人

情報によると”城壁の外での調査兵団のさらなる戦いが描かれる“と記載されているらしく、壁の外も期待できそうであるとのこと。

その他、巨人には部位破壊という概念が存在することも判明しました。
巨人の弱点であるうなじを切り落とすも良し、腕などを切断して徐々に弱らせていく戦法も可能になる。

情報元リンクへ移動する


過去に、”多(人間)vs一(巨人)“をテーマとしていることや、ゲーム中の立体機動装置のあり方についても判明しています。
■過去記事 – PS版「進撃の巨人」 立体機動装置の爽快感や、vs巨人との戦略を重視したゲームへ!


マップの広さによっては、歩き回りたいプレイヤーにとって大好物になりそう。



◆更新報告:

一番上に戻る