◆新着記事(20件表示)

「四女神オンライン」冒険者の拠点ウィシュエルにある施設が追加公開!セーブは大聖堂で行う模様!
無双スターズ 「レグリナ」「呂布」「井伊直虎」「織田のぶニャ」のゲーム画面公開!
DOAX3 追加水着第20弾「マンボウ」が配信!胸元がキュートなミニスカコスチューム!
ファイアーエンブレム無双など、ニンテンドースイッチ&3DS中心に新作が多数発表!
【GGXrdR2】前作持ちアップグレードは2000円!梅喧などのゲームスクショも公開!
日本一ソフトウェア、2つ目のカウントダウンサイトが終了!内容が予想外すぎるんだが…。
「四女神オンライン」 女神様のTシャツ、缶バッジ、ドッグタグなどのグッズが登場!【ネプテューヌ】
「閃乱カグラEV 桜エディション」ダウンロード版が2988円で購入可能セール中!2/15まで
MHXXの砦「ラオシャンロン」はクエ開始後待ち時間なし!大砲の弾も進化し、新ギミックあり!
閃乱カグラPBS初回特典衣装「お掃除メイドさん スプラッシュセット」のプレイ動画公開!
ブルーリフレクションの高画質戦闘プレイ動画公開!おしゃれなIFをチェック!
「ねぷねぷ☆コネクト カオスチャンプル」 オリキャラ郵便配達員「アメイル」&商人「マー」登場!
SG/ZHスクールガールゾンビハンターはお色気目当てで購入する価値はあるのか?
「ブルーリフレクション」のプレイ動画が公開!異世界探索や、アイテム回収、戦闘シーンを収録!
VRゲームは遂に匂いが出る時代!「VAQSO VR」がなんか凄い!小型でPSVRでも使用可能
外山D グラビティデイズ3など、シリーズの今後の予定はいまのところなし。
「四女神オンライン」の拠点で使える便利施設のスクショ公開!大聖堂では祈祷してバフ効果を得られる。
「追放選挙」 主人公が妹を追放された復讐を遂げる物語であることが判明!
「文庫版To LOVEる」5巻と6巻は天条院沙姫とルンが表紙!裏面はキョウコなど、過去表紙を彷彿させるキャラも!
「無双スターズ」 呂布や井伊直虎、レグリナ、織田のぶニャ4名のキャラが参戦決定!
「超スーパーヒーロー大戦」特報映像!あのヒーローの姿…って?電王やゾルダなど気になる姿も
DOA5LR「お嬢様の休日コスチューム」が配信!シーズンパス6特典にはマリー&ほのかコスが付属!
閃乱カグラPBSが初プレイアブル出展でプレイ動画間もなくか?水ゲージは真ん中に表示されるらしい
PSVRの次期再販売がバイオハザード7発売日に決定!ようやく大作VRゲーム登場!
よるのないくに2、遂に発売が”2017年中”に延期、実質未定となる、
日本人のゲーム評価は辛口?少しでもBAD点があると糞ゲー扱いするような風習が話題に
格闘ゲームKOFシリーズがMMORPG化!「THE KING OF FIGHTERS:WORLD」始動へ
「ブルーリフレクション」 エーテルを使った戦闘や、サブキャラ「蜷川麻央 CV:内山夕実」公開!
「ブルーリフレクション」 物語のあらすじが公開!日菜子の入学、リフレクターに変身するまで
【攻略】SG/ZHスクールガールゾンビハンター SSSランク獲得を目指して!3-B腐卵廊下はやはり鬼門。



PS版「進撃の巨人」 立体機動装置の爽快感や、vs巨人との戦略を重視したゲームへ!

公開日:

topbb-shingeki_no_kyojin0001

PS機種向け「進撃の巨人」 ゲームの概要が判明

 

国内で今冬に発売を予定しているPS4・PS3・PSVita進撃の巨人 -attack on titan-」に関する簡単なゲームシステムや、方針などがインタビューにてあかされている模様。

以下、ゲームに関する部分だけ記載。

概要

◆プロデューサーは鯉沼久史氏
・コーエーテクモゲームス社長
◆ストーリーは本作を見ていない人でも分かるようになっている
・まだ話すことができないが、原作冒頭からのスタートになると想定している
◆主人公がエレンになるかは不明
◆PS4版をベースとして開発している
・PS3とPSVitaでもしっかり遊べるものを用意する

 ――機種はPS4、PS3、PS Vitaというマルチタイトルになっていますが、ベースはPS4と考えてよろしいのでしょうか。

そうですね。今まではPS3を軸にして、PS4をブラッシュアップ版、PS Vitaは携帯機でPS3レベルのものが遊べる、といった形で行っていましたが、今回はPS4が基本となります。理想はPS4で遊んでいただきたいですが、PS3とPS Vitaでもちゃんと遊べるモノにしていきます。

ゲームシステム

◆判明している通り、無双アクションではない
◆本作は多vs一をテーマとしており、いわば逆無双
◆プレイヤーやNPCと助け合ってゲームプレイ部分を進めて行く
・討鬼伝のような他プレイヤーとの協力プレイするゲームではない
・狩りゲーのような感じにはならない


『討鬼伝』は4人でのマルチプレイが特徴でした。一方、『進撃の巨人』はNPCの仲間の犠牲と助けがあって進められる……と、これ以上はまだお答えできません(笑)。

立体機動装置について

気持ちよく立体機動を使って動けるか“をポイントにして制作しているという。
アニメでも起動装置を使ったスピーディーな戦闘は誰もが憧れるものですよね。

『進撃の巨人』をゲーム化するにあたって、そこは絶対に外せないポイントですよね。“いかに気持ちよく立体機動を使って動けるか”、そして“いかに気持ちよく巨人に対してワイヤーを使いながら戦えるか”、ここだけは妥協せずに作り込みをしています。

最後に、原作物語を見直すような単純なゲームにはならないという。
情報元の例では、3体の巨人が現れたら”敵の分断“や”仲間の犠牲“など、あらゆる手段を使って生き抜く歯ごえたえあるものに仕上げる予定だという。

はい。とはいえ、ユーザー層はゲーマーだけではなく、本当に原作が好きなだけのライト層も想定していますので難しいところです。基本の操作や巨人を倒す ことはだれでもできるけれど、素早く倒したり華麗に倒したりといったところでアクションの歯ごたえを出していく予定です。
巨人3体と同時に戦うとやられちゃうから、敵を分断させる、仲間に犠牲になってもらうなど、ゲームとしての攻略性もキチンと作り込んでいきたいと思います。

ここには複数の情報元からゲームシステム部分を抜き出しています。
詳細は以下リンクを参照して下さい。

情報元リンクへ移動する1
情報元リンクへ移動する2


オメガフォースの逆移植作品といえば、PS2版真・三國無双5 Empires」を思い出してしまいますが。
大丈夫だろうか…?



◆更新報告:

一番上に戻る