◆新着記事(20件表示)

DOA5LR×アクアプラスコラボ 「うたわれるもの」ハクオロさんやクオンなどのコスチューム画像
FF15「チャプター13:奪還」 誰もが思う苦悩、中村悠一氏の発言も話題になる。
「しあわせ荘の管理人さん。」 キャラモデリングを改良!開発「1本で遊べる設計にしているので安心して」!
「四女神オンライン」 全キャラ覚醒奥義集的な動画公開!自在なスキル設定や、ねっぷねぷにできる作戦指示など!
Fate/EXTELLA DLC第5弾「stay night衣装」では、青セイバー・無銘・ギルガメッシュが配信!
DOAX3 追加水着第17弾「ビスケット」配信開始!クリスマスにぴったりなトナカイ仕様に!
結城美柑のランジェリー姿のフィギュアが発売決定!クリーム色の下着が美しい!【To LOVEる ダークネス】
「閃乱カグラ PBS」 プレイ動画入りPVでマル秘フィニッシュや、カードコレクションなどの新要素が確認!
スタイリッシュにねぷねぷ「パープルハート様」の1/7フィギュアが発売!
「ガンガンピクシーズ」 予約特典や限定版内容、ゲームの流れなどの情報が公開
「スクールガールゾンビハンター」 脱いだ下着を囮にする異例のゲーム画面や、協力プレイなどが公開!
コエテクStoreセール開催決定!「DOAX3」や「真・三國無双 英傑伝」など!
MHXX 新二つ名「銀嶺ガムート」「天眼タマミツネ」「青電主ライゼクス」や、レンキンスタイルも確認できる映像公開
ニーアオートマタ体験版「DEMO 120161128」配信日が決定!
MHXX発売に向けて、3DSLLが持ちやすくなるハンティングギアグリップが登場!
FF15、日本国内売上は70万本届かないくらいと判明。
「ガンガンピクシーズ」 限定版ガンピク・エディションイラストや、女の子のプライベートショットなどが公開
「ラチェット&クランクTHE MOVIE」がPS Storeでも配信決定!限定版生産は2017年3月まで
FF15アップデートで ノクト以外のキャラも無料プレイアブル、強くてニューゲーム、無敵スーツなど実装予定
【悲報】「ねぷねぷ☆コネクト カオスチャンプル」、配信時期が2017年に延期へ。お詫び石などあり
仮面ライダーゲンムのスピンオフが決定!「レジェンドライダーステージ」など全3話スピンオフがyoutube等で配信、太鼓の達人などのコラボあり
仮面ライダーエグゼイドが早くもレベル99、マキシマムゲーマーに。ブレイブ&スナイプの最強フォームらしき姿も登場!
ソウルキャリバーシリーズ、新たな総合公式サイトがオープン!何か来るか?
MHXX レンキンスタイルは「マカ錬金タル」でレンキンアイテムを作成可能!新たな二つ名持ちモンスターも
「ガンガンピクシーズ」発売日が決定!乙女鎮圧戦や、乗馬マシンやM字開脚などの狙った演出あり
ソウルキャリバー20周年記念ムービーが公式から公開、新情報なしか…。
MHXX レンキンスタイルの情報間もなく解禁、SP狩技や、オトモトレンドに「ビースト」復活
FF15 AP(アビリティポイント)稼ぎについて。シフトブレイクキルは常に意識して戦闘したいところ
DQMJ3Pro PV第2弾公開!特典として、ナンバリングDQのコスプレをしたプチット族のダウンロードコードが付属!
「閃乱カグラ PBS」 更衣室や水着の透け具合、ウォーターガンなどずぶ濡れシステムが一挙公開!



【ネタバレ注意】仮面ライダークウガ 最終回の後ってどうなったの?映画は?まだ、変身できるの?

公開日:

仮面ライダークウガ

仮面ライダークウガ 最終回以降の物語について

 

※このページには重大なネタバレ要素を含んでいるので要注意

平成ライダー第1作目として放送された「仮面ライダークウガ」。
最終回付近では最強フォームであるアルティメットフォームがほとんど登場しない、最終回では変身すらしないという現在ではありえない物語構成をしています。

実は、約13年の時を経て正史の後日談が存在するんですよね。
それは「小説版 仮面ライダークウガ」。
2013年6月29日に発売されたもので、クウガ最終回から13年後の2013年が舞台。
全ての平成ライダー作品が発行されましたが「仮面ライダークウガ」は完全な後日談として語られています。
筆者はもちろん、荒川稔久さん


・小説版 仮面ライダークウガ
・小説版 仮面ライダークウガ 電子版


※もう一度、未読の方は戻る推奨

仮面ライダークウガ・プロトタイプ

劇中ではいろいろと思い、悩んでいた夏目実加が変身者。
闇の棺」から更に発見されたベルトを使用して変身する、いわばクウガの2号ライダー。
確認されたフォームは「グローイングフォーム」と「アルティメットフォーム」のみ。

単純な戦闘能力は五代雄介のクウガを上回るが、黒目のアルティメットフォームになりやすい欠点がある。

五代雄介はもう変身できないの?

最終決戦

ダグバとの最終決戦にて激闘した仮面ライダークウガ
その前にアメイジングマイティで挑んだときにベルトに大きなダメージを受けてしまい、クウガの弱点となっていた。
最終決戦の直前には、一条さんにいざという時にベルトを狙うようにお願いをしていました。

そして、対ダグバ戦。
能力を封じあい、接近戦しか使用できなくなり、殴り合いになっていた時。
お互いのベルトにヒビが入り、変身が解除されたまま戦い続けたという、まさに凄まじい戦闘シーンであった。
仮面ライダークウガ


最終話では五代雄介は既に海外に旅立っており、生存しているような描写があったが事実なのかは不明。
そのため、実際は生死不明。

そして13年後

13年経った2013年
生存していることが判明、そして上記になぜ「仮面ライダークウガ・プロトタイプ」を記載したのか。
暴走したからである。

暴走した仮面ライダークウガ・プロトタイプを阻止するべく、登場した五代雄介。
ほとんど戦闘シーンは描かれていないが、マイティフォームを始めとした4形態に現在も変身できることが確定。
仮面ライダークウガ

“クラスの怪人を基本形態のまま撃破できるくらいに強くなっているようだ。
ただ、過去にゴ・ジイノ・ダの件があるのでなんともいえないところですが…。
さらに、このランクは”強さ“ではなく、”ゲームの勝ち上がり“で上昇するものなので。
ゴ・ジイノ・ダ
※唯一、ゴ集団で通常マイティフォームに倒されたお方
伝説は、塗り替えるもの!!!

ライジング形態に変身するためには電気ショックが必須なため、浴びなければ変身不可と考えられる。
小説を読めば分かるのだが、この日本滅亡クラスの事件発生中にも関わらず、劇中で悩みに悩んで暴走覚悟で変身したアルティメットフォームへ変身しなかったところを見ると、クウガを分かっている荒川稔久さんだからこと感じましたね。

結局映画化ってされないの?

最後になぜ”映画“に関する話を絡めてくるのか。
主演のオダギリジョーさんの兼ね合いもありますが、現在映画を製作しようとするならば”可能性はゼロではない“かなと感じたところ。

13年後が舞台かつ、正史である

役者も渋くなっていたり、年齢を気にすることなくそのまま出演できるから。
いろいろな問題が絡んでは来ますが、まだクウガ仲間の交流が続いているとも聞くので。

一条薫役の葛山信吾さんは普通に出演してくれそう

最近こんな動画が公開されましたね。
映画に関するお言葉もいただけます。

もしかしたら、裏でひっそりとプロジェクトが進行していたりして?
と妄想してしまう。



◆更新報告:

一番上に戻る