モバイル用「星のドラゴンクエスト」 2015年より基本無料で配信!小さな球体の星が舞台っぽい?

公開日:

星のドラゴンクエスト

星のドラゴンクエスト 発表

 

大人気ドラゴンクエストシリーズの最新作として、スマートフォン向け「星のドラゴンクエスト」が2015年中に配信されることが決定しました。

対応機種はiOS/Android、ジャンルは従来通りRPG。
基本プレイ無料で、アイテム課金制を採用。
今回は独自の星型のマップが採用されていることも伝えられています。

星型のマップを探索

今回公開されたのは、ゲームロゴと2枚のスクリーンショット。
そして、簡単なゲームの概要のみとなります。

公式より公開された文面は”星型のマップを自由に拡大縮小したり、回したりしながら星を丸ごと探索できるRPG“とのこと。
その他、マップを拡大・縮小・回転させることができる。

若干分かりにくいが、こちらのスクリーンショットを見ると若干惑星の地平線?が丸みを帯びているので、小型の星が舞台であることが確認できます。
星のドラゴンクエストここが冒険の拠点になるのか不明ですが、「バトラシア城」やダンジョンと見られる複数の塔が配置。

こちらは戦闘画面とゲームロゴ。
少なくとも4人パーティで編成可能で、モンスター同士のバトルではなさそう。
キャラクターのカスタマイズや成長要素もあるようなので、基準はDQ10あたりになるのかもしれません。
星のドラゴンクエスト

公式サイトへ移動する


複数の星を探索できるシステムがあれば、遊べる要素は無限大なのですが。
そこまでシステムが練られているのかどうか…。

おそらく、球体のマップで構成されているのでしょう。
ラチェット&クランク2や、のちに発売されたマリオでも採用されていたものを想像していただければ間違いないかな?
小さい惑星小さい惑星

一番上に戻る