激レア!任天堂とソニーが共同開発していた「プレイステーション」が発見される。

公開日:

任天堂プレイステーション

ニンテンドーのPS1

 

現在までに進化し続けている「プレイステーション」。
そんなソニーの代表ともいけるゲーム機種「プレイステーション」は、当初ニンテンドーとソニーが共同開発していたという話を聞いた事がありませんか?

管理人も少し耳にしたことがある程度。
しかし今回、スーパーファミコンプレステが入り混じった現物が発見されたようです。

CD-ROMと搭載したスーパーファミコン

今回公開されたものは7枚の試作機の写真。
見た目はスーパーファミコンであるが、ボタンの配置はプレイステーション1と似たような配置になっていますね。
任天堂プレイステーション
カートリッジ読み込み部分他、CD-ROM読み込み部分も搭載。
コントローラーは2つまで。
左下にはSONYのロゴが見受けられます。
任天堂プレイステーション
背面。
任天堂プレイステーション
コントローラーはスーパーファミコンでありつつも、「SONY」や「PlayStation」の表記が。
これはどこかで見たことがあるような気がするのんですがね…。
どこだったけなー。
任天堂プレイステーション
コントローラー背面には「Nintendo」の表記が。
任天堂プレイステーション
カートリッジ。
気になるゲームの内容は不明とのこと。
任天堂プレイステーション 任天堂プレイステーション

情報元リンクへ移動する

プレステ開発の経緯

以下、Wikiに詳しく掲載されているのでどうぞ(適当)。

情報元リンクへ移動する


なんというレア物。
大きく分けてファミコンとプレステ2機種のゲームがプレイ可能と考えれば素晴しい機種かもしれません。

一番上に戻る